ストリップ小屋の隣にあるハードコアに激安な立ち飲み「とき」北九州市小倉北区京町

<追記:2020年12月27日>
久しぶりに「とき」。
変わってないなぁ。

ときとき

変わってなくて嬉しい。
もっとも、隣のストリップ小屋は近いうちに閉業するとの噂もあるが。

とき

賑わっていて、良い。
ざわざわした庶民感が持ち味。

ときとき

ハイボールとチーズ。
変わらず喫煙可能で、とても嬉しい。

以前は、お店の人は高齢の女性だった気がするが、艶っぽい姐さんになってた。
そこは変わったが、それはそれで良い。

<初回投稿:2018年01月08日>
久しぶりに小倉を訪れて、まず確認したかったのが飲み屋街だ。
小倉駅南口を出てすぐの、かつて『大丸ビル名店街』の看板が掛かったビルがあり、そこを通り抜けてストリップ劇場や成人映画館のある辺り。
ビルが取り壊され周辺が再開発されたことは知っていて、いったいどう変わってしまったのか気になっていた。

思ったほどは、酷いことにはなっていなかった。
『大丸ビル名店街』の跡にオサレな商業ビルみたいなものが建って、飲み屋街へのアプローチは閉ざされたという隔離感はあるが、根こそぎ再開発されちまったという惨状ではなく、ホッとした。

ホッとしたので酒を飲もう。

とき

ストリップ劇場「A級小倉」の隣に、以前と変わらぬ様子の「とき」が健在で嬉しかった。
朱色に白抜きで“立呑み”と大書されたテントが薄汚れていて存在感がある。
ロケーションと外観から、ちょっと入るのに勇気が要ると感じる人も少なくないかもしれない。
でも、気軽に安く飲める店だよ。

とき

店先にアルコールメニューが金額を添えて掲示されてるから、その安さは判りやすい。
なかでもウイスキーがダブルで300円というのが俺には高い訴求力で、初めてのときはそれに惹かれて立ち寄った。

とき

この日は立ち寄ったのが10時過ぎで、さすがに午前中からウイスキーはやめとこうとビールを注文。
表に缶ビール300円と掲示されいてそれもインパクトあるが、瓶ビールもあるんだよ。
瓶でも400円だから、安いね。

ときとき

店は入ってすぐが立ち飲みカウンターで、ネタケースにはいくつか酒のアテが用意されている。
そのカウンターの向こうで、おばあはんが迎えてくれる。
奥にはテーブル席があり、このとき常連であろうオイサン、オバサンが集って飲んでいた。
時節柄、その様子は新年会かなとも思われたが、いやたぶん年がら年中いつも集ってると思う。

安さが、ぜんぜん変わってなくてすごいね。
末長く健在であって欲しいなぁ。

↓「食べログ」での店舗情報

立呑み とき立ち飲み居酒屋・バー / 小倉駅平和通駅旦過駅

関連記事

小倉の大衆酒場「武蔵」やっぱり良い飲み屋だな

<追記:2020年12月27日>
折尾、黒崎で飲んだら、やっぱ小倉でも飲むだろう。
久しぶりに「武蔵」。

武蔵武蔵

相変わらずの、良い店構え、面構え。
河川拡大状況下においては休業とかもしてたのだろうが、現状(2020年11月下旬)は通常営業の様子。

武蔵武蔵

屋号がはいった枡が良いね。
器が良いと安い酒でも美味しいよ。

武蔵武蔵

じんだ煮、ここに来たら、やっぱりね。
酒がすすむね、じんだ煮。

しかし残念ながら、禁煙になってた。
悲しい。

<初回投稿:2015年06月22日>
俺は酒飲みとして東京が羨ましくてしょうがないんだが、それは東京には趣のある大衆酒場がいっぱいあるからだ。

だが、九州にだってあるのさ。
久留米には「古賀久」と、まぁ「松竹」かな。
大牟田には「松本」
福岡には中洲に「酒一番」、博多筑紫口に「寿久」があり、小倉に「武蔵」があるわけよ。

武蔵:外観武蔵:外観

どうかな、この味のある外観。
小倉駅からのアクセスも良いから、県外から訪れるてみるにも便利。

一階はカウンター席、二階は座敷。
とはいえ、実は今回はじめて二階に案内されるまで、二階席もあると知らなかったんだけどね。

武蔵:店内武蔵:店内

二階は、こんな様子。
昭和って感じの座敷なんだよねぇ。

そして過去の画像なんだけど、一階のカウンター廻りはこんな感じ。

武蔵:店内

二階にも作業場があって、酒や料理を提供できる。

武蔵:店内

さあ、ビールだ。

武蔵:酒

キリンラガー瓶があって嬉しい。

武蔵:店内武蔵:料理

酒のアテも豊富に揃う。
この日は、さんざんハシゴ酒してから立ち寄っているので、軽くポテトサラダなど。
ポテトサラダって、大衆酒場や立ち飲み屋で、なぜか注文したくなるよね。

小倉名物、ぬか炊きもあるよ、ここでは“じんだ煮”って呼ばれているが(じんだ=ぬか)。

武蔵:料理

一階が好きなんだけど、二階も寛げるなぁ。
良い店だよ、九州在住で大衆酒場が好きなら、ぜひ行くべきだと思うよ。
開店は16:30と、そう早くはない。
立ち飲み屋や角打ちで軽く飲んで、下地を作ってから行くといいね。

↓「食べログ」での店舗情報

酒房 武蔵居酒屋 / 平和通駅小倉駅旦過駅

関連記事

黒崎をウロウロしてみて良かったという喜び「エビス屋昼夜食堂」北九州市黒崎

<追記:2020年12月26日>
折尾に行ったついでに、黒崎で途中下車。

エビス屋昼夜食堂

久しぶりに「エビス屋昼夜食堂」、健在でなにより。
コロナ禍でどうにかなってやしないかと、ご無沙汰の店を訪れる際には不安がつきまとう昨今だよねぇ。

エビス屋昼夜食堂エビス屋昼夜食堂

ああ、営業時間が変わってる。
まぁ、このくらいの影響で済んでるなら、まだ良いほうか。

エビス屋昼夜食堂エビス屋昼夜食堂

相変わらず、飲める食堂で、素晴らしい。
相変わらず、安いし。

エビス屋昼夜食堂

ただ残念なことに、禁煙になってた。
でもまぁ、昼から飲める食堂としての価値は変わらない。

<初回投稿:2016年08月19日>
素晴らしい、素敵だ。
素直にそう思えちゃう店に、北九州市八幡西区黒崎で出会った。

黒崎の商店街で飲み屋を求めてウロウロしていて、あまり収穫がないから諦めて駅に戻ろうとしていてたまたま目にとまった店なので、まさに俺にとって“出会った”という感じだったな。

エビス屋昼夜食堂

まず、赤いテントに白く抜かれた屋号が目にとまった。
エビス屋、ってなんか目出度い屋号だし赤と白の配色も目出度いじゃない。
そんで、24時間営業って書いてあるのにも惹かれた。
上の画像のアングルで、店内はカウンターを囲むように丸椅子が並んでいる様子が見えた。
その様子から、個人営業の牛丼屋みたいな店かなと、24時間営業ということもあって思った。

エビス屋昼夜食堂

表にまわってみると、白地に青で大きく“ごはん”と。
それもインパクトあるが、赤いテントに「エビス屋昼夜食堂」と。
うん、なんて素敵な響きだろう“昼夜食堂”って。
昼も夜もやってます、昼でも夜でもメシ食えます、という気概のようなものを感じるし声に出して言いたい日本語ってなロマンさえも感じる。
昼夜問わず、そこには人々の息遣いと人生がある、みたいな感じだよ。

そんなわけで、飲み屋を求めていてメシ屋は求めていなかったのだが、屋号とか佇まいとかに惹かれちゃって立ち寄ってみることにした。

エビス屋昼夜食堂

あ、飲める店じゃん。
店内に入るなり壁のメニューをチェックすると、アルコールメニューが過不足なく揃ってる。
メシ屋であるが、飲める店だった。

そしてまた、料理のメニューがやたら充実している。
ゴハン類、麺類、オカズになる一品、酒のアテになる一品など、定食屋にあるものから居酒屋にあるメニューまで一通り揃っていてメニューを眺めてワクワクできる構成だ。

エビス屋昼夜食堂

レギュラーメニューの他に、その日のオススメも黒板に。
そしてまた、厨房をグルっとコの字に囲むカウンター席に居並ぶ客たちは、ほぼほぼ酒を飲んでいた。
これは、良い。
この時点でまだ何も飲んでも食べてもいないが、この店は当たりだ、大当たりだと確信しちゃったね。

エビス屋昼夜食堂

この日は既にハシゴ5軒目となりビールとかは十分に飲んでいたので、ポン酒を。
枡にコップ酒、いいねこの風情。
注文したアテが出てくるのを待ちながら、ちびちび飲む。

エビス屋昼夜食堂

黒板に書かれた“今日のオススメ”から、イワシミリン漬けを選んだ。
ポン酒とミリン漬け、なんとも絵になる心躍る光景じゃないか。

エビス屋昼夜食堂

ふっくり焼かれたテラテラとしたイワシは、なんともじっくり旨かった。
これ280円なんだよ、すごくお値打ち。
こういうアテで、昼夜問わず飲めるわけか、昼間っから、なんなら朝っぱらから。
なんて素晴らしい店なんだ、ここは。

カウンター内には何人かのオバチャンが、仲良くチャキチャキと客や調理をさばいている。
その様子も楽しい。
客のオッチャン率の高さも心地よい。

こんな素敵な店が、街の主幹駅の近くにあるなんて、黒崎はすごく恵まれた街だなって思ったよ。
また、この「エビス屋昼夜食堂」に立ち寄るためだけにでも黒崎へ行く価値があるとも思うね。
素晴らしいよ「エビス屋昼夜食堂」。

↓「食べログ」での店舗情報

エビス屋昼夜食堂定食・食堂 / 黒崎駅前駅黒崎駅西黒崎駅

関連記事

【2020年末で店を畳むとのこと】昼間からご近所さんが酒を飲みに集う折尾の「宮原酒店」で角打ち北九州市八幡西区

<追記:2020年12月24日>
たまたまTwitterのTLで「宮原酒店」が2020年いっぱいで閉業すると知った。
今まで足繁く通っていたわけでもないのにおこがましいとは思ったが、店を開けているうちに行こうと思った。

宮原酒店

俺が訪れたのは2020年11月25日。
もはや、看板も下ろされていた。
わかりにくいかと思うが、もともと屋根まわりやテント辺りに看板があったんじゃなく、屋根より高く伸びた鉄柱に袖看板があったのね、それが無くなっていた。

宮原酒店宮原酒店

店内は普通に営業状態で、常連諸氏が飲んでいた。
量り売りの日本酒を一杯。

宮原酒店宮原酒店

酒のアテに、ミンチカツを。
カセットコンロの上のフライパンにクッキングペーパーを敷き、その上で温めてくれた。

宮原酒店宮原酒店

以前に立ち寄ったときと、同じ様子であったが、やはり常連氏の話題は店を畳むことに及ぶ。
それに便乗し、りゆうとか経緯とかを少し訊いてみた。
が、それを俺がここに書いても詮無いことで、だから書かない。

<初回投稿:2016年07月17日>
角打ちできる酒屋を訪ねようと、電車に乗って折尾へ。
博多駅からJR在来線で40分ちょい、片道940円の折尾は、俺は初めて訪れる。
ちなみに特急も利用できるが所要時間はたいして変わらないのに料金は2倍ほど、在来線一択だな。

折尾で角打ちできる酒屋については、2件あるという下調べをしていた。
まず向かったのは、折尾駅から歩いて5分ほどの「宮原酒店」。

宮原酒店

駅の東口を出て、筑豊本線の線路を越えて“この辺、民家しかなくねぇか?”って静かな辺りに佇んでいる。
やや視線を高くして探していれば看板が目にはいるだろうが、目線を下げていると酒屋だと判りにくいかもしれない。

宮原酒店

店先には自販機、郵便ポスト、そしてタバコを売る小窓があり、あまり酒屋っぽい様子ではないとも思える。
が、入り口は開け放たれていて立派な立ち飲みカウンターが見えるから、事前情報がなく通りすがりでも“ここは飲めるな”と確信できるだろう。

宮原酒店

上の画像は店内からのアングルだが、入ってすぐ左手に立ちカウンター、床はコンクリの土間ってのが良い。
俺が店に入ると、柔らかい物腰のオバチャンが優しく迎えてくれた。
入り口と同様、裏口も開け放たれていて、風が通って店内は涼しい。
駅からわずかな距離だが強い日差しのなか歩いてきた俺は、店内の涼しさに思わず“ふぅ……!”と声を漏らした。
それに反応したオバチャンと常連さんたちの笑い声。
裏口の近くにはテーブルが用意され、そこは近所のオッチャンたちが集う集会所のようだ。
オッチャンたちに暑いですねなんて挨拶しつつ、冷蔵ショーケースからビールを。

宮原酒店宮原酒店

黒ラベル、いいよねぇ。
扇風機の風があたる座れる席をオバチャンがすすめてくれたが、立ちカウンターへ。
カウンター上には灰皿が置かれていたからだ。
角打ちできる酒屋は、飲み屋じゃなくて酒の小売店であるから禁煙のところも珍しくないが、ここはタバコ喫えるからありがてぇな。

宮原酒店

カウンター内の棚には酒が並んでいて小売しており、正しく昔ながらの酒屋の角打ち。
でありながら、酒のアテは乾き物だけじゃなくいろいろ用意されてるね。

常連のオッチャンたちは町の行く末について討論しており、まさしく近所の常連のたまり場。
地域でずっと愛されてる酒屋っていう風情があって、そういうの良いよなぁ。
俺が立ち寄ったのは平日の15時過ぎで、そういう時間帯にも常連が集まってるのは地域に根ざしてる感が深く、たとえ近所にコンビニとか出店しても安泰じゃないかなって安心感がある。

あ、常連バリヤーとかないからね。
通りすがりの怪しいオッサンである俺も、ウェルカムに迎えてくれたし。
角打ちビギナーにもおすすめできる酒屋です。

↓「食べログ」での店舗情報

宮原酒店立ち飲み居酒屋・バー / 折尾駅

関連記事

うどんにするのが妥当だった「博多ホームうどん」福岡市博多区博多駅中央街

新大阪駅のホームで立ち食いそばを食ってから、どこか別の駅のホームでも立ち食いそばを食いたいと思っていた。

博多ホームうどん

博多駅の在来線ホームに、ポツンと立ち食い店舗があった。
3・4番線、博多駅第2ホーム。

博多ホームうどん博多ホームうどん

看板に“うどん そば お弁当”、暖簾には“博多自慢かしわうどん”とあるが、そのどちらも屋号ではないよな。
実際に利用した時点では屋号はなんだろうと思っていたが、どうやら「博多ホームうどん」らしい。

博多ホームうどん

券売機での筆頭は“かしわうどん”で、とにかくそれが推しなんだな。
でもいま俺は、そばに執着しているんだ。

博多ホームうどん博多ホームうどん

かしわそば430円也。

結論を言えば、うどんにしておけばよかった。
甘辛い“かしわ”は、コシが弱くやわらかいうどんに合う気がする……というのもあるかもだが、どうもこの店の麺が好みではなかった、そばの。
なんだか食感が、ニチっ、と表現したい噛み応えで。

やっぱ、“かしわ”ときたら、うどんか。
そして、かしわうどんなら……と、「ぷらっとぴっと」が恋しくなった。

この店に行ったのは2020年11月25日
↓「食べログ」での店舗情

博多ホームうどんうどん / 博多駅祇園駅東比恵駅

関連記事

最近書いた記事


カテゴリ


プロフィール

どうも、割った鍋です。
食べたり飲んだり、飲んだり。
九州在住、大阪常駐。

大衆酒場、立ち飲み屋、酒屋の角打ちが好きです。

重度の喫煙者であり、昼酒を好むという、社会的にちょっとアレなオッサン。

2014年9月24日開設


割った鍋へのメールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブログ内検索


リンク

各地の飲み屋情報を発信しているサイトをリンクさせてもらってます

<全国>
「立ち呑み@酒店」
全国の酒屋の角打ち、立ち飲み屋についての情報がエリア別に掲載されている
「激渋食堂メモ」
日本あちこちに今も残る、渋くて味わい深い大衆食堂を地域別に紹介しているサイト

<関東>
「居酒屋礼賛」
東京の情報には限らないのだが都内の味のある酒場の情報が豊富で魅惑的かつ地域別インデックス便利
「酔(すい)のどうでしょう?」
東京都内の居酒屋・大衆酒場・古典酒場・立ち飲み・センベロ酒場を飲み巡るブログ

<東海>
立飲み人生劇場
更新が停止していて残念だけど名古屋の魅力的な立ち飲み、角打ちできる酒屋の情報が

<関西>
「日本全国B級グルメぐるぐる紀行」
関西各地の味のある酒場を詳しく紹介してくれる指針になる情報量
「関西女のプチ日記」
他のどこにも載ってないような素敵なディープ飲み屋情報満載の関西酒場ガイダンス
「やまでらのぶらりグルメ&ぶらり日記」
行きたくなる飲み屋がたくさん紹介されてる関西飲み屋巡りの強い味方
「カンクロが行く」
大阪府のローカルなとこまで行く。日記のような数行のセンテンスに静逸なセンスを感じる
「関西安酒場」
更新が止まっているようで残念。バス路線沿いの酒屋などまで簡潔ながら貴重な情報

<九州>
「黒崎~小倉@北九州の居酒屋&BARを制覇せよ!」
ネット上に情報の少ない北九州の酒場を紹介してくれる有り難いサイト

このブログをリンクに追加する
リンクフリーでございます(^ヮ^)

【広告】Advertisement