どうして打ち合わせ場所にスタバを指定するんですか「スターバックス コーヒー 京都タワー サンド店」京都市下京区烏丸通七条下ル東塩小路町

新規単発案件の打ち合わせで、京都へ。
京都へ行くのはいいんだけど、打ち合わせも好きなんだけど。
場所がスタバだ。

スターバックス コーヒー 京都タワー サンド店

京都タワーがにょっきり生えてるビルの1階、「スターバックス コーヒー 京都タワー サンド店」。
サンド店って何だ、サンドウィッチに特化した店舗なのか、なんてトンチキなことを考えてしまったが「京都タワーサンド」っていう商業施設の店舗って意味なんだね。
いやでも、京都タワーサンドって何なのよ……京都タワーと地面に挟まれてるってことなのか。

スターバックス コーヒー 京都タワー サンド店

とりあえず、並ぶ。
とりあえず並ばなきゃいけないからスタバは嫌いだ。
並んでるとメニューを手渡してくれるのはいいね。

スターバックス コーヒー 京都タワー サンド店

しかしまぁ、客が多い。
こう客が多いと、並んだ末にようやく商品を手にしても席がないんじゃないか、と不安になる。

スターバックス コーヒー 京都タワー サンド店

コールドブリューコーヒーのトールを注文した。
なぜかと言うと、メニューに載ってる写真ではメイソンジャーみたいなものに入ってて、ちょっと“映える”かもしれないなと思ったからなんだ。
だが、実際はプラカップで提供された。
映えないじゃん。
だったら、わざわざ高い水出しコーヒーじゃなくて普通のアイスコーヒーにすりゃよかった。

それにしても、だ。
なんで打ち合わせ場所にスタバを指定するかなぁ。
今までに何度も経験あるんだよ、スタバでの打ち合わせ。
スタバである必然はまったくないと思うんだよ、どうせならタリーズがいいよ俺は、っつーかドトールとかベローチェでいいじゃんか。
すでに取引があって言いたいことも言えるクライアントなら、スタバやめましょうよって言えるんだけどね、新規だとそうもいかない。

並ぶとか混んでるとか席が空いてないかもとかネガティブなファクターしか見当たらないから、もしなんとなくカッコイイ気がするからって理由で打ち合わせ場所にスタバを選んでいるんなら、ぜひやめて欲しい。

この店に行ったのは2019年12月25日
↓「食べログ」での店舗情報

スターバックス・コーヒー 京都タワー サンド店カフェ / 京都駅七条駅五条駅(京都市営)

昼でも夜でもいつでも「丸一屋」大阪市浪速区難波中

この店に最初に立ち寄ったのは2019年2月2日の昼だったが、更新をサボってた時期だからブログには書いてないな。
難波中の24時間営業うどん立ち食い「丸一屋」。

丸一屋

立ち食いうどん、大阪では「松屋」みたいな激安の店があるから、この店はそんなに安くはないなと感じちゃうのは我ながら心がさもしいよなぁ。
激安ではないけど、まったく高くなんかはないよ。

丸一屋

天ぷらうどん300円。
いなりも付けたんだけど、3個という予想外の分量に想定外に腹いっぱいになったな。

丸一屋

そして最近、夕方の仕事の前に腹ごしらえで再訪。
昼でも夜でも開いてるって安心感あるね、なにしろ24時間営業。

丸一屋

月見うどん310円。
クソったれファッキン消費増税のせいで10円高くなってるよ、腐れ政権め。

速くて安くてうまい、そんな食事を24時間提供してくれる店があるって有り難いことだよね。

この店に直近で行ったのは2019年12月24日
↓「食べログ」での店舗情報

丸一屋立ち食いそば / 大阪難波駅なんば駅(大阪メトロ)難波駅(南海)

関連記事

肴とおかずで飲める店「和食の店 えびすや 本店」兵庫県尼崎市南塚口町

阪急の塚口駅の近所、『塚口さんさんタウン』内に、ちょっと渋い店があった。

和食の店 えびすや 本店和食の店 えびすや 本店

店先の路上起き看板が、良い味わい。
ちょっと割れたり、くすんだりしてて“肴とおかず“に“酒・ビール”ときて、大きく“めし”。
こういうの好物。
見上げると壁面の看板に「和食の店 えびすや 本店」とある。
いいね、ここでちょっと飲もうか、と思った。

和食の店 えびすや 本店

そう思ったが、不安要素が目に飛び込んだ。
ガラス面に“まいどおおきに えびすや食堂”って書いてあるじゃないか。
ええ、ここって例の企業系チェーンの系列なの、だったらイヤだなぁって思った。
あの系列だったら、わざわざ立ち寄りたくないなぁって思ったが、こんなに渋い外観の店だし違うよなぁと思い、どうしよう入ってみないとわかんないかなぁと意を決して入ってみた。
あの系列とは違った、よかった。

和食の店 えびすや 本店

店に入ると食事か酒か訊かれて、酒くださいと答えると冷蔵ショーケースにおかずがありますと案内された。
うん、いろいろあるし、他に惣菜も並んでたな。

和食の店 えびすや 本店

コップ酒と、鯖の煮たの。
鯖はレンチンしてくれて。
酒はおかわりしたんだけど、目の前で紙パック酒を注いでくれた。
紙パック酒であることは、飲食店としては隠そうとしても不思議じゃないと思うんだけど、この店は一切隠す姿勢はなくて、そういう明けっぴろげなとこ好き。

和食の店 えびすや 本店

テレビなんぞ眺めつつ、寛いで飲めた。
すっごく庶民的な空気で、気分の良い店だったな。

この店に行ったのは2019年12月23日
↓「食べログ」での店舗情報

えびすや 本店定食・食堂 / 塚口駅(阪急)塚口駅(JR)

関連記事

塚口ほんわか酒場「正宗屋」兵庫県尼崎市南塚口町

尼崎、JR塚口駅最寄りで仕事を終え、さぁ飲もうと思っても行きたいような店はなかった。
歩いてもたいした距離じゃない阪急の塚口駅辺りまで移動。

正宗屋

今回、塚口は初めてだから良さげな店ってあるのかなと下調べしていて、「正宗屋」に行ってみようと思ってた。
店の前に着いたら、看板に灯りがはいってない。
開店時刻は17時のはず、もう過ぎているが……店内は明るいし客もいるっぽいが……常連しか入っちゃいけない時間帯だったりするかも……などと逡巡した。
意を決して敷居をまたぐと、笑顔の女将が迎えてくれた。
たんに、電気を点け忘れてただけとのこと。

正宗屋

まずビール、キリンラガー瓶があって嬉しい。
タバコも喫えるな、有り難い。

正宗屋

品書きを見ると、そうラインナップ豊富ではない。
価格帯も、そう安いとは感じない。
でも、ぜんぜん不満を感じるレベルではないよ。

正宗屋正宗屋

サーモンお造り。
それと、おでん、日本酒。
豆腐が好きなんだよね、おでんの豆腐。

店内のテレビで流れる番組など眺めつつ、隣りの客と少し会話したりもして、のんびり飲んだ。
女将の常連とのトークも、酒のアテになったな。
なんか、ほんわかした居酒屋だった。

正宗屋
この店に行ったのは2019年12月23日

俺は関西、近畿ネイティブじゃないから知らないが、「正宗屋」という屋号の店はあちこちにあるのかね。
やっぱ千日前の店を最初に思い浮かべるが、京橋にもあったなぁ。
それに尼崎も、ここだけじゃなく阪神尼崎のほうにもあるようだ(GoogleMaps調べ)。

千日前「正宗屋」は酒飲み玄人じゃなきゃ楽しめないみたいなハードコアさを感じたが、塚口は緩かった。
違いがあって面白いね。
いろんな「正宗屋」に行きたいね。

この店に行ったのは2019年12月23日
↓「食べログ」での店舗情報

正宗屋居酒屋 / 塚口駅(阪急)塚口駅(JR)

関連記事

県道沿いの喫茶店「珈琲店 かーてぃす・くりーく」兵庫県尼崎市御園

仕事で尼崎へ、JR塚口駅の最寄り。
この辺りは、新しく開発されましたという整然とした町並みで、昼メシ時に古くからの食堂みたいなのを探すのは困難だった。
だいぶ駅から離れて、県道沿いに赤レンガの喫茶店が見えた。

珈琲店 かーてぃす・くりーくIMG_002610.jpg

良い感じに懐かしさのある外観の「珈琲店 かーてぃす・くりーく」。
どうやら1984年からやってる店らしく、その当時のアメリカ文化への憧れみたいなものが漂う。

珈琲店 かーてぃす・くりーく

店内も、なんだかアメリカンダイナーの気分。
ランチはあるかと訊くと、ないんですと申し訳なさそうに応えてくれた。

珈琲店 かーてぃす・くりーく珈琲店 かーてぃす・くりーく

モーニングにはミックスサンドがあるが11時までで、それ以降はトーストしか提供していないとのこと。
食事なら近くにラーメン店、うどん店がありますと教えてくださったが、いえいえトーストで十分です。
ちなみに珈琲店と名乗るだけあってコーヒーメニューが充実しているね。

珈琲店 かーてぃす・くりーく珈琲店 かーてぃす・くりーく

単品のコーヒーと、単品の卵のせトーストをお願いした。
コーヒーは、すっきりとして美味く、350円とはリーズナブル。
卵のせトーストは250円、トマトものってて、なかなか美味しかったし小腹も満ちた。

珈琲店 かーてぃす・くりーく

店の奥には楽器やアンプなんかが積んであって、店主はバンドやってた人(現役かも?)なんだろうなと思わせる。
知らなかったけど、カーティス・クリーク・バンドっていうバンドが、かつて存在してたんだね。
それが屋号の由来なんだろう、日本のフュージョンバンドだらしく、俺はフュージョンに興味ないからぜんぜんバンド名さえ聞いたことないが。

コーヒーが飲めてタバコが喫えて、小腹が満ちて満足した。

この店に行ったのは2019年12月23日
↓「食べログ」での店舗情報

カーティス・クリーク喫茶店 / 塚口駅(JR)

関連記事

最近書いた記事


カテゴリ


プロフィール

どうも、割った鍋です。
食べたり飲んだり、飲んだり。
九州在住、大阪常駐。

大衆酒場、立ち飲み屋、酒屋の角打ちが好きです。

重度の喫煙者であり、昼酒を好むという、社会的にちょっとアレなオッサン。

2014年9月24日開設


割った鍋へのメールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブログ内検索


リンク

各地の飲み屋情報を発信しているサイトをリンクさせてもらってます

<全国>
「立ち呑み@酒店」
全国の酒屋の角打ち、立ち飲み屋についての情報がエリア別に掲載されている
「激渋食堂メモ」
日本あちこちに今も残る、渋くて味わい深い大衆食堂を地域別に紹介しているサイト

<関東>
「居酒屋礼賛」
東京の情報には限らないのだが都内の味のある酒場の情報が豊富で魅惑的かつ地域別インデックス便利
「酔(すい)のどうでしょう?」
東京都内の居酒屋・大衆酒場・古典酒場・立ち飲み・センベロ酒場を飲み巡るブログ

<東海>
立飲み人生劇場
更新が停止していて残念だけど名古屋の魅力的な立ち飲み、角打ちできる酒屋の情報が

<関西>
「日本全国B級グルメぐるぐる紀行」
関西各地の味のある酒場を詳しく紹介してくれる指針になる情報量
「関西女のプチ日記」
他のどこにも載ってないような素敵なディープ飲み屋情報満載の関西酒場ガイダンス
「やまでらのぶらりグルメ&ぶらり日記」
行きたくなる飲み屋がたくさん紹介されてる関西飲み屋巡りの強い味方
「カンクロが行く」
大阪府のローカルなとこまで行く。日記のような数行のセンテンスに静逸なセンスを感じる
「関西安酒場」
更新が止まっているようで残念。バス路線沿いの酒屋などまで簡潔ながら貴重な情報

<九州>
「黒崎~小倉@北九州の居酒屋&BARを制覇せよ!」
ネット上に情報の少ない北九州の酒場を紹介してくれる有り難いサイト

このブログをリンクに追加する
リンクフリーでございます(^ヮ^)

【広告】Advertisement