安い店ではないんだが庶民食堂飲みの気分は楽しめる「不二家食堂」福岡市中央区大手門

<追記:2018年08月08日>
飲める食堂は、単に食堂としても使える。

麺類がメニューにあるから夏は冷やし中華も出してるかもなぁと立ち寄ってみた。

不二家食堂

あったね冷やし中華。
千切った感じの海苔がバラっと、粉から練った色合いのカラシがベチョっと、なかなかワイルドなルックスだ。

甘くて酸っぱいというツユではなく、酸味は控えめで醤油っぽい塩っぱさを感じた。

<初回投稿:2018年05月08日>
昭和の昔からずっと、と思わせる風情。
庶民感と、酒が飲めそうな感じ。
そういったものが俺を惹きつけて、「不二家食堂」という店には何年も前から立ち寄りたいと思っていた。

不二家食堂不二家食堂

過去に、行ってみたら休みだったり開いてる時間帯じゃなかったりというスレ違いに、何度か見舞われていた。
が、この3月末に引っ越しをして行動権が変わって、気軽に立ち寄れるようになった。

平日の夕暮れ前にフラっと立ち寄った。
カウンターに囲まれた空間は奥のほうまで調理と配膳のスペースで、オバチャンズがテキパキと働いていた。
テーブル席もあり店内にはテレビもあり、昭和の食堂だなぁという嬉しさがある。
さらに嬉しいのが、作り置きの惣菜などが陳列されるショーケースがあったこと。
これ好きなのよ。

不二家食堂

壁には単品料理、丼、ゴハンものの品書きの札が下がり、黒板にはトンテキとかトンカツといったメニューが記してあった……のだが、一様にそんなに安くはないなぁと感じたのが素直なところだ。
トンテキが670円とあって、ひょっとしてこれは定食の価格なのかなと訊いてみたら、単品でその値段で、プラス数百円で定食にできるとのこと。
カツ丼が800円ちょっとするし、なるほど此処は安さが魅力という店じゃないんだなと把握した。

不二家食堂不二家食堂

ビールとトンテキ単品。
キリンラガー瓶があって嬉しい。
トンテキは、ちょっとポークチャップ的な味付けだなぁと感じた。
ポーク生姜焼きは500円台だったから、そっちを選べば良かったかな。
ショーケースにあったアサリとか煮物で日本酒ってのも良かったかもしれないね。

安ければ嬉しいのは勿論だが、そこまで安くなくても不満はない。
気取らない空気の店だし、当たり前のように喫煙可能だし、ご近所であろう人々が夕飯だか晩酌だか判らないような使い方(要は思い思いに自由な感じ)をしているのも良い。

また通りすがってみようと思った。

↓「食べログ」での店舗情報

不二家食堂定食・食堂 / 大濠公園駅唐人町駅

関連記事

コメント

非公開コメント

最近書いた記事


カテゴリ


プロフィール

どうも、割った鍋です。
食べたり飲んだり、飲んだり。
九州在住、大阪常駐。

大衆酒場、立ち飲み屋、酒屋の角打ちが好きです。

重度の喫煙者であり、昼酒を好むという、社会的にちょっとアレなオッサン。

2014年9月24日開設


割った鍋へのメールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブログ内検索


リンク

各地の飲み屋情報を発信しているサイトをリンクさせてもらってます

<全国>
「立ち呑み@酒店」
全国の酒屋の角打ち、立ち飲み屋についての情報がエリア別に掲載されている
「激渋食堂メモ」
日本あちこちに今も残る、渋くて味わい深い大衆食堂を地域別に紹介しているサイト

<関東>
「居酒屋礼賛」
東京の情報には限らないのだが都内の味のある酒場の情報が豊富で魅惑的かつ地域別インデックス便利
「酔(すい)のどうでしょう?」
東京都内の居酒屋・大衆酒場・古典酒場・立ち飲み・センベロ酒場を飲み巡るブログ

<東海>
立飲み人生劇場
更新が停止していて残念だけど名古屋の魅力的な立ち飲み、角打ちできる酒屋の情報が

<関西>
「日本全国B級グルメぐるぐる紀行」
関西各地の味のある酒場を詳しく紹介してくれる指針になる情報量
「関西女のプチ日記」
他のどこにも載ってないような素敵なディープ飲み屋情報満載の関西酒場ガイダンス
「やまでらのぶらりグルメ&ぶらり日記」
行きたくなる飲み屋がたくさん紹介されてる関西飲み屋巡りの強い味方
「カンクロが行く」
大阪府のローカルなとこまで行く。日記のような数行のセンテンスに静逸なセンスを感じる
「関西安酒場」
更新が止まっているようで残念。バス路線沿いの酒屋などまで簡潔ながら貴重な情報

<九州>
「黒崎~小倉@北九州の居酒屋&BARを制覇せよ!」
ネット上に情報の少ない北九州の酒場を紹介してくれる有り難いサイト

このブログをリンクに追加する
リンクフリーでございます(^ヮ^)

【広告】Advertisement