思いがけず予想外にパラダイスだった「おる商店」沖縄県那覇市松尾

牧志公設市場を訪れて、一通り見て廻って満足して去ろうとしたとき、1軒の店が目に止まった。

おる商店

外観に“昔ながらの”って味わいが深い、そこそこオオバコの大衆酒場の気配。
すごく惹かれて近づいてみると。

おる商店

おわかりいただけただろうか。
タバコ屋の意匠を残した店頭に招き猫……いやそこじゃなくて、ガラス戸の向こうに何かがいる。

おる商店

その辺りを店内から見た様子がこちら。
おわかりいただけただろうか。
猫がいる。

おる商店

店内に猫がいる店なのである。

おる商店おる商店

昔からの食堂を改装したのであろう店内は広く、コの字カウンターの島がふたつあって、その店内を3匹の猫が気ままに徘徊していた。
猫解放区なのだ。
それは猫カフェとかの様子とは違って、猫が勝手気ままに振舞っている猫フリーゾーンなのだった。

おる商店

猫に夢中になってばかりいないで酒を飲もう。
せっかく沖縄なのでと、泡盛のハイサワーをもらった。
実は泡盛はそんなに得意じゃないのだが、サワーにすれば大丈夫だ。

そして、サワーを飲んでいても、猫。

おる商店

カウンター上の一段高くなったところを通りすがっていく猫。
こちらに目線をくれるが、媚びる様子はなく本当に“通りすがる”という振る舞い。

おる商店

しばらくして今度は、カウンター上を酒を避けながら通り過ぎていった。

縦横無尽というか、泰然自若な猫。
まるでこれは客が座るカウンターの上でオネーチャンがお尻プリプリで踊り狂う「コヨーテ・アグリー」の様相だ。
いや、それとは違うな客への媚がないから、客を客とも思っていない傍若無人な振る舞いとも言えなくなない……が、猫なので、それがいい。

おる商店おる商店

猫以外にも、レコードプレイヤーと古いLPレコードとか。

おる商店

お通しが豆腐の味噌汁なのか、とか。
掘り下げたら面白い点があったのだが、ぜんぶ猫にもっていかれた。

おる商店

猫が“おる”から「おる商店」なのかと店主に訊いてみたが、ぜんぜん違います(笑)とのこと。
ちなみに、九州では“居る”ことを“おる”って言うんだよ。
店名の本当の由来は、また訪れる機会があったら確認してみよう。
また沖縄に行くことがあったら、猫たちに会いに立ち寄りたい。

↓「食べログ」での店舗情報

おる商店居酒屋 / 牧志駅美栄橋駅県庁前駅

関連記事

コメント

非公開コメント

カテゴリ


プロフィール

どうも、割った鍋です。
食べたり飲んだり、飲んだり。
九州在住、大阪常駐。

大衆酒場、立ち飲み屋、酒屋の角打ちが好きです。

重度の喫煙者であり、昼酒を好むという、社会的にちょっとアレなオッサン。

2014年9月24日開設


割った鍋へのメールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブログ内検索


リンク

各地の飲み屋情報を発信しているサイトをリンクさせてもらってます

<全国>
「立ち呑み@酒店」
全国の酒屋の角打ち、立ち飲み屋についての情報がエリア別に掲載されている
「激渋食堂メモ」
日本あちこちに今も残る、渋くて味わい深い大衆食堂を地域別に紹介しているサイト

<関東>
「居酒屋礼賛」
東京の情報には限らないのだが都内の味のある酒場の情報が豊富で魅惑的かつ地域別インデックス便利
「酔(すい)のどうでしょう?」
東京都内の居酒屋・大衆酒場・古典酒場・立ち飲み・センベロ酒場を飲み巡るブログ

<東海>
立飲み人生劇場
更新が停止していて残念だけど名古屋の魅力的な立ち飲み、角打ちできる酒屋の情報が

<関西>
「日本全国B級グルメぐるぐる紀行」
関西各地の味のある酒場を詳しく紹介してくれる指針になる情報量
「関西女のプチ日記」
他のどこにも載ってないような素敵なディープ飲み屋情報満載の関西酒場ガイダンス
「やまでらのぶらりグルメ&ぶらり日記」
行きたくなる飲み屋がたくさん紹介されてる関西飲み屋巡りの強い味方
「カンクロが行く」
大阪府のローカルなとこまで行く。日記のような数行のセンテンスに静逸なセンスを感じる
「関西安酒場」
更新が止まっているようで残念。バス路線沿いの酒屋などまで簡潔ながら貴重な情報

<九州>
「黒崎~小倉@北九州の居酒屋&BARを制覇せよ!」
ネット上に情報の少ない北九州の酒場を紹介してくれる有り難いサイト

このブログをリンクに追加する
リンクフリーでございます(^ヮ^)

【広告】Advertisement