評判の正統派大衆酒場として名高い「正宗屋 千日前店」大阪市中央区千日前

大衆酒場好きなら、やはり「正宗屋」には行っておきたいものだ。
そんなわけで「正宗屋 千日前店」。

正宗屋 千日前店

こちらは住所的に千日前2丁目で、千日前通を超えて1丁目にも店舗があるが、近くにいたのでこちらに。
店の前に着いたのは10時過ぎで、まだ支度中の札が出ていた。
大衆酒場というのは朝早くから開けているものと思い込んでいたが、ここは11時からなんだなぁ。
じゃあちょっと、他に良さげな飲み屋がないか探索がてら辺りをうろうろしてみるか。

正宗屋 千日前店

そして店の前に戻ってきて、上の画像を撮ったのはタイムスタンプを確認すると11:01、店に入ると満席に近い。
なんてこった、開店ロケットダッシュでこんなにも客が押し寄せるのか。
そういえば、10時過ぎの時点で開店を待ってるっぽいオッサンがちらほらいたなぁ。

正宗屋 千日前店

オッサンに大人気、という様相。
独り飲みだけでなく、テーブル席もあってオッサングループもあったが連れとキャイキャイ飲むオッサンはおらず、おしなべて黙々とオッサンが飲んでいる。
ハードコアでハードボイルドな空気さえ感じなくもない。

では独りオッサンである俺も黙々と飲むとしよう。

正宗屋 千日前店

まだ午前中だしビールにしておこう。
キリンラガー瓶があって嬉しい。

正宗屋 千日前店

酒のアテだが、ここには“カステラ”という名物メニューがあるそうだ。
でもそれは俺の苦手な魚卵と蟹味噌を使ったものなのでパスする(俺は酒好きなのに酒好きが好む珍味っぽいものが全般的に苦手なのよ)。

正宗屋 千日前店

やまかけまぐろ470円也でビールを飲んだ。

人気があって評価も高い大衆酒場だと思うが、実は俺はあんまり馴染めなかった。
なんかこう、客はみんな“真面目に”酒を飲んでるという風に感じた。
忙しいから仕方ないが店員は狭い空間をオーダーを受けて厨房に伝え配膳するため声高に行き来して、我が儘かもしれないが俺には気ぜわしい。
もっと、ダラっと緩い飲み屋が好きだなぁ、それか侘しく静かに枯れた感じの。
それとさ、あんまり安くはないよね。

とはいえ、せっかく近くにもうひとつ店舗があるからと千日前1丁目の「正宗屋」にも行ってみた。
しかし外から覗くとほぼほぼ満席の気配で、しまったこちらも開店ダッシュで席が埋まったかと諦めた。
でも、いつかまた立ち寄りたいな1丁目の「正宗屋」。

↓「食べログ」での店舗情報

正宗屋 千日前店居酒屋 / 近鉄日本橋駅日本橋駅難波駅(南海)

関連記事

コメント

非公開コメント

最近書いた記事


カテゴリ


プロフィール

どうも、割った鍋です。
食べたり飲んだり、飲んだり。
九州在住、大阪常駐。

大衆酒場、立ち飲み屋、酒屋の角打ちが好きです。

重度の喫煙者であり、昼酒を好むという、社会的にちょっとアレなオッサン。

2014年9月24日開設


割った鍋へのメールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブログ内検索


リンク

各地の飲み屋情報を発信しているサイトをリンクさせてもらってます

<全国>
「立ち呑み@酒店」
全国の酒屋の角打ち、立ち飲み屋についての情報がエリア別に掲載されている
「激渋食堂メモ」
日本あちこちに今も残る、渋くて味わい深い大衆食堂を地域別に紹介しているサイト

<関東>
「居酒屋礼賛」
東京の情報には限らないのだが都内の味のある酒場の情報が豊富で魅惑的かつ地域別インデックス便利
「酔(すい)のどうでしょう?」
東京都内の居酒屋・大衆酒場・古典酒場・立ち飲み・センベロ酒場を飲み巡るブログ

<東海>
立飲み人生劇場
更新が停止していて残念だけど名古屋の魅力的な立ち飲み、角打ちできる酒屋の情報が

<関西>
「日本全国B級グルメぐるぐる紀行」
関西各地の味のある酒場を詳しく紹介してくれる指針になる情報量
「関西女のプチ日記」
他のどこにも載ってないような素敵なディープ飲み屋情報満載の関西酒場ガイダンス
「やまでらのぶらりグルメ&ぶらり日記」
行きたくなる飲み屋がたくさん紹介されてる関西飲み屋巡りの強い味方
「カンクロが行く」
大阪府のローカルなとこまで行く。日記のような数行のセンテンスに静逸なセンスを感じる
「関西安酒場」
更新が止まっているようで残念。バス路線沿いの酒屋などまで簡潔ながら貴重な情報

<九州>
「黒崎~小倉@北九州の居酒屋&BARを制覇せよ!」
ネット上に情報の少ない北九州の酒場を紹介してくれる有り難いサイト

このブログをリンクに追加する
リンクフリーでございます(^ヮ^)

【広告】Advertisement