安かろう良かろうという優良立ち飲み店「壱信」大阪市北区曽根崎

日本酒1杯と刺身2点盛りセットで500円って安いなぁ。
そういう情報をネットで拾っていて、そりゃ安いから行ってみねばと思っていた。
お初天神の傍に路地があって、そこにちんまり佇む「壱信」という立ち飲み屋(屋号は“いっしん”と読む)。

立呑み処 壱信

土曜の夜、なかなか盛況でなんとか隅っこに場所を立ち位置を確保した。
まずは飲みもののご注文をとのことで、日本酒を1杯。

アテの品書きに視線を走らせると、お通しが出ますよと店主から声がかかる。
ほどなく2点盛りが出された。

立呑み処 壱信

サーモンとタコ、どちらも厚みと存在感が嬉しい。
食べると鮮度と旨味に優れて、特にタコが良かった。
期待値以上にとても美味しかった、500円のセットの刺身はたいしたことはないだろうと頭にあったが、ぜんぜん予想は覆された。

ここで整理しておくと、最初の1杯に自動的に2点盛りがお通しとして付いて、ひっくるめて500円なのね。
これでサッと帰れば安く満足ってことになるが、刺身をじっくり楽しむには酒があと何杯か欲しくなる。

立呑み処 壱信

それに、美味しそうなものが他にもいっぱいある。
このとき同行者がお二人あって、めいめい思い思いに注文した。

立呑み処 壱信

よこわのお造り、これも良かったな。
店主によると経営母体が魚屋で、それで良いネタが手配できるのだと。

立呑み処 壱信

タコは、天ぷらでも秀逸だったな。
一見して色味と大きさからサツマイモの天ぷらかと思っちゃう、ぶつ切りのタコ。
揚げても柔らかく、油が旨味を増すね。

立呑み処 壱信立呑み処 壱信

何杯か日本酒を飲んだが、トマトチューハイも良かった。
なんだか不思議に美味しくて、甘みと柑橘系のような爽やかさを感じたので隠し味的にグレープフルーツジュースとか入れてますかと店主に訊いたら、単なるトマトチューハイです、と。
一人で店を切り盛りする店主は忙しそうでありながら、客をちゃんと見て細かい配慮があり、なおかつ控えめながら気さくな人柄。
話が前後するが、客が品書きを見ているときに“お通しが出ます”と一声かけてくれるのは嬉しい気配りだ。
初めて入る店では付き出し、お通しの出る出ないは判らないが、わかっていれば食の細い人は注文し過ぎずに済むし、お通しは何か訊けば注文しようと考えている品とカブることも避けられる。
だから、ほんの一声だが素敵な配慮だなと感じた。

安さに惹かれて立ち寄ったわけだが、それを恥ずかしく思うくらい佳い店だったなぁ。
また行きたいなぁ。

↓「食べログ」での店舗情報

いっしん立ち飲み居酒屋・バー / 東梅田駅北新地駅梅田駅(阪神)

関連記事

コメント

非公開コメント

最近書いた記事


カテゴリ


プロフィール

どうも、割った鍋です。
食べたり飲んだり、飲んだり。
九州在住、大阪常駐。

大衆酒場、立ち飲み屋、酒屋の角打ちが好きです。

重度の喫煙者であり、昼酒を好むという、社会的にちょっとアレなオッサン。

2014年9月24日開設


割った鍋へのメールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブログ内検索


リンク

各地の飲み屋情報を発信しているサイトをリンクさせてもらってます

<全国>
「立ち呑み@酒店」
全国の酒屋の角打ち、立ち飲み屋についての情報がエリア別に掲載されている
「激渋食堂メモ」
日本あちこちに今も残る、渋くて味わい深い大衆食堂を地域別に紹介しているサイト

<関東>
「居酒屋礼賛」
東京の情報には限らないのだが都内の味のある酒場の情報が豊富で魅惑的かつ地域別インデックス便利
「酔(すい)のどうでしょう?」
東京都内の居酒屋・大衆酒場・古典酒場・立ち飲み・センベロ酒場を飲み巡るブログ

<東海>
立飲み人生劇場
更新が停止していて残念だけど名古屋の魅力的な立ち飲み、角打ちできる酒屋の情報が

<関西>
「日本全国B級グルメぐるぐる紀行」
関西各地の味のある酒場を詳しく紹介してくれる指針になる情報量
「関西女のプチ日記」
他のどこにも載ってないような素敵なディープ飲み屋情報満載の関西酒場ガイダンス
「やまでらのぶらりグルメ&ぶらり日記」
行きたくなる飲み屋がたくさん紹介されてる関西飲み屋巡りの強い味方
「カンクロが行く」
大阪府のローカルなとこまで行く。日記のような数行のセンテンスに静逸なセンスを感じる
「関西安酒場」
更新が止まっているようで残念。バス路線沿いの酒屋などまで簡潔ながら貴重な情報

<九州>
「黒崎~小倉@北九州の居酒屋&BARを制覇せよ!」
ネット上に情報の少ない北九州の酒場を紹介してくれる有り難いサイト

このブログをリンクに追加する
リンクフリーでございます(^ヮ^)

【広告】Advertisement