華麗なインテリアが気持ちをゴージャスにする純喫茶バー「King of KIngs」大阪市北区梅田

<追記:2019年04月16日>
この店に初めて行ったとき、バーカウンターがあるほうの入り口から入ってしまい困惑した。
素敵な内装の喫茶フロアを目当てに行ったから、間違って違う店に入ったかと思ってしまったわけだ。
そのあと、お目当ての空間を堪能してから、次はバーカウンターのほうにも行ってみたいと思った。

King of KIngsKing of KIngs

沢山のボトルが並ぶ様子は、絵になる。
無機質な美しさがあり、かつ覗き見える喫茶フロアのステンドグラスがアクセントになっている。

King of KIngsKing of KIngs

屋号として冠するウイスキー「King of Kings」は今はもうないから、オールド・パーを。
満足した。

<初回投稿:2018年02月07日>
大阪へ行くたびに飲み屋リストを作ってハシゴ酒を繰り広げるのだが、今回は飲み屋だけでなく2軒の喫茶店に是非とも行きたいと思っていた。
うち1軒は大阪駅前第1ビルの地下1階「マヅラ」で、もう1軒がこちら。

KIng of Kings

やはり大阪駅前第1ビルの地下1階にある「King of Kings」。
ビル内に掲示された案内マップを参照し、上の画像のドアへと辿り着いた。

なんだか違う……という気がした。
どういう店かネットで情報を拾って行ってみたいと思ったわけなんだが、その事前知識と違ってここは……バーじゃないかと思った。
立派なバーカウンターがあり、バックバーにはウイスキーの瓶が並んでいた。
戸惑う様子の俺に、きちんとした身なりと振る舞いの若いバーテンダーが、あちらのスペースへと案内してくれた。

KIng of Kings

これだ、この空間だ。
この、洗練されたレトロモダン。
ここに来たかったんだ。

KIng of KingsKIng of Kings

1970年代に俺はまだ子供だったが、その頃の洒落た大人たちが集ったであろうセンスの良い社交場。
ここで言う大人とは現実のそれではなく、テレビの洋画劇場で見たスパイアクション映画や、やはりテレビの海外ドラマに登場した大人たちということになる。
(まったく余談のくせに具体的に言っちゃうとジェームズ・コバーン主演の映画「電撃フリントGO!GO作戦」「電撃フリント アタック作戦」でありロジャー・ムーアとトニー・カーティス共演のテレビドラマ「ダンディ2 華麗な冒険」である)

そういう憧れ、その世界観の中に、いま自分がいるという感慨を覚えた。
モダンでゴージャスで、キッチュでキュートな空間。
良かった、この店に立ち寄ることができて良かった。

フロアに並べられた椅子のカタチの美しさ。
無彩色の椅子に2種類のビビッドな色のクッションを交互に配置する構成の美しさ。
幾何学的なパターンのようでいながら手作業の温もりも感じさせるステンドグラスの煌めき。
無機質なマテリアルながらフォルムの優雅さで優しく空間を引き締めるパーテーション。
俺はもう、うっとり。

KIng of Kings

優美なのは、空間だけではない。
席にも着かずアホみたいに写真を撮ってたいたら、レトロな落ち着きのあるキュートなデザインのワンピースを着こなすマダムが、そちらにはピアノもあるのよとアテンドしてくれた。
マダム……いやミストレスとお呼びするのがふさわしい素敵な女性が、こちらの空間を見守っている。

KIng of KingsKIng of Kings

コーヒーを飲んで落ち着こう。
メニューは昔のLPレコードのスリーブみたいな紙質で、これまた良い。
コーヒー500円、深みがあって酸味も感じる美味しいものだった。

KIng of Kings

ここではウイスキーも飲める。
創業当時はブレンデッドスコッチのキングオブキングスを専門に扱っていたんだなぁ。
それで屋号がね、と納得した。
残念ながら今は飲めないとのことだったが、ストーンジャグのボトルは飾ってあった。
現在はオールド・パーを提供している。

KIng of KingsKIng of Kings

昭和の頃はオッサンが憧れる舶来ウイスキーだったよね、いつか出世したら飲みたいって願うようなね、という印象しかなかったオールド・パーだが。
あれ、美味しいじゃないか、と嬉しい驚きがあった。
予想外に美味しかったので、遅れて合流した友人とロックで水割りでと杯を重ねた。

酒が入って改めて店内を見渡すと、意外とこのフロアには喧騒も似合うかもしれないと感じた。
たとえば、売れっ子の作家先生が女性をはべらかしてパイプをふかしながら“ガッハッハええがなええがな”とお大尽、というようなシーンも脳裏に浮かんだ。

KIng of Kings

帰りは、こちらの出入り口から。
ステンドグラス、外から見るとこうなのか、灯りを透過してない様子もクールでいいねぇ。

すっかり魅了されたなぁ。
こちらの「King of KIngs」、同じフロアにある「マヅラ」の姉妹店とのことで、場所も近い。
この2店があるだけで、大阪の梅田は喫茶店の聖地だなって思ってしまう。
次の機会、「マヅラ」でジョニ赤を飲んで「King of KIngs」でオールド・パーを飲むっていうハシゴをしてみたいもんだなと思った(それはもう喫茶店の使い方じゃないな)。

↓「食べログ」での店舗情報

King of Kingsバー / 北新地駅西梅田駅梅田駅(阪神)

関連記事

コメント

非公開コメント

最近書いた記事


カテゴリ


プロフィール

どうも、割った鍋です。
食べたり飲んだり、飲んだり。
九州在住、大阪常駐。

大衆酒場、立ち飲み屋、酒屋の角打ちが好きです。

重度の喫煙者であり、昼酒を好むという、社会的にちょっとアレなオッサン。

2014年9月24日開設


割った鍋へのメールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブログ内検索


リンク

各地の飲み屋情報を発信しているサイトをリンクさせてもらってます

<全国>
「立ち呑み@酒店」
全国の酒屋の角打ち、立ち飲み屋についての情報がエリア別に掲載されている
「激渋食堂メモ」
日本あちこちに今も残る、渋くて味わい深い大衆食堂を地域別に紹介しているサイト

<関東>
「居酒屋礼賛」
東京の情報には限らないのだが都内の味のある酒場の情報が豊富で魅惑的かつ地域別インデックス便利
「酔(すい)のどうでしょう?」
東京都内の居酒屋・大衆酒場・古典酒場・立ち飲み・センベロ酒場を飲み巡るブログ

<東海>
立飲み人生劇場
更新が停止していて残念だけど名古屋の魅力的な立ち飲み、角打ちできる酒屋の情報が

<関西>
「日本全国B級グルメぐるぐる紀行」
関西各地の味のある酒場を詳しく紹介してくれる指針になる情報量
「関西女のプチ日記」
他のどこにも載ってないような素敵なディープ飲み屋情報満載の関西酒場ガイダンス
「やまでらのぶらりグルメ&ぶらり日記」
行きたくなる飲み屋がたくさん紹介されてる関西飲み屋巡りの強い味方
「カンクロが行く」
大阪府のローカルなとこまで行く。日記のような数行のセンテンスに静逸なセンスを感じる
「関西安酒場」
更新が止まっているようで残念。バス路線沿いの酒屋などまで簡潔ながら貴重な情報

<九州>
「黒崎~小倉@北九州の居酒屋&BARを制覇せよ!」
ネット上に情報の少ない北九州の酒場を紹介してくれる有り難いサイト

このブログをリンクに追加する
リンクフリーでございます(^ヮ^)

【広告】Advertisement