時間調整に利用するにはもったいなかった「一富士」大阪市中央区難波

千日前線で上本町へ移動して友人と合流する手はずを整えたが、まだ移動するには早いタイミング。
なんば駅方向へ向かいつつも、ちょっとどこかに寄り道しようと思った。

一富士

「一富士」という飲み屋の、その外観に惹かれた。
なんかこう、なんてこたぁない町角の飲み屋って感じだな。

一富士

カウンター席に着きメニューを眺めると、いろいろ揃ってるが焼きと揚げがメインかしら?
いや刺身とかもあったが、先客のオーダーした品を横目に見て、焼きとか揚げとか、おでんかなと思われた。
ここに辿り着くまでに、たこ焼き、どて焼を食っていて、それは大阪っぽいものというセレクトではあったので、その流れで串カツっぽいものを注文しようと思った。

一富士一富士

肉カツ、それとポン酒。
揚げものにはビールといきたいが、すでに前の店でポン酒にシフトしていたので慣性で。

一富士

肉カツにソースをかけて。
なんだかいい感じになってきたが、そろそろ待ち合わせに向かう頃合いになってきた。
酒を飲み干し会計をお願いした。

ここは、昭和のとか昔ながらのとか、そういう枕詞のつかない飲み屋だなと感じて、それが良いと思った。
なんということのない日常使いの飲み屋だなと思うし、そういう感じで突出してないというのも貴重だなと。
なに気ない、というのが良い。

↓「食べログ」での店舗情報

一富士居酒屋 / 大阪難波駅なんば駅(大阪市営)難波駅(南海)

関連記事

コメント

非公開コメント

最近書いた記事


カテゴリ

プロフィール

どうも、割った鍋です。
食べたり飲んだり、飲んだり。
九州在住、大阪常駐。

大衆酒場、立ち飲み屋、酒屋の角打ちが好きです。

重度の喫煙者であり、昼酒を好むという、社会的にちょっとアレなオッサン。

2014年9月24日開設


割った鍋へのメールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブログ内検索