開いてて良かった的な居酒屋だね筑紫口グリーンホテル2号館1F「甚六」博多区博多駅中央街

年末って個人経営の飲み屋って閉まってるもんだねぇ、というのを実感した2017年12月30日。
友人と忘年会的に飲もうとして、目当ての店が閉まっていて博多駅前4丁目辺りをを彷徨ってしまったよ。
企業が入るビルが多いエリアって、近隣の会社が仕事納めになっちゃうと飲食店も閉めちゃうんだね、そりゃそうだろうねって気もするけどさ。

もっと駅に近い、かつホテルに入ってる居酒屋は開いてるに違いないという提案が友人からあり、博多駅筑紫口側へ移動してみた。
いや、駅ナカの飲食店は確実に営業してるに違いないとは思ったが、なんかちょっと「DEITOS」とか食傷気味って感じがあって。

甚六

博多グリーンホテルの「甚六」って居酒屋は開いてるだろうという目論見があり、見事に営業していた。

甚六甚六

そんなに期待値は高くなかったが、メニューを眺めるといろんなものが手頃な値段で揃う店だね。
ビールを飲みたかったが瓶も生もスーパードライしかなかったので、ひとまずレモンサワーで喉を潤した。

フロアを切り回すオバサマが博多っぽいメニュー、もつ鍋とか明太子とかオススメしてくれたので、観光客と思われたのだろう。
まぁ地元の客はホテルの居酒屋は利用しないだろうと思うよね。

甚六甚六

寒ブリと出汁巻を注文した。
明太子入り卵焼きじゃなくて? と訊かれたが、出汁巻をハーフサイズで。
ハーフで注文できるのって嬉しい、俺は飲むときそんなに食わないから。

甚六

刺身と出汁巻があると、これはもうポン酒がどんどんいける。
九州の地酒をそこそこ揃えていて、繁桝や喜多屋など次々と飲み、しまいに熱燗を二号で注文するようになって銘柄はもう何だか判らなくなった。
判んなくてもいいや、楽しく飲んだし。

甚六

なかなか盛況で忙しそうだったが、フロアを仕切るオバサマをサポートして推定東南アジア系男子スタッフが笑顔でキビキビ働いていた。
ホテル併設の店なので、トイレはホテルの施設を借りることになる。
どうやら朝もランチタイムも営業しているようで、そこもホテルに入ってる店らしいね。

なかなか良い飲み屋だなと思った。
県外から福岡へ来た知人を、とりあえず駅至近で迎え撃つとかって場面で使えそうだな。

↓「食べログ」での店舗情報

甚六居酒屋 / 博多駅祇園駅東比恵駅

関連記事

コメント

非公開コメント

最近書いた記事


カテゴリ

プロフィール

どうも、割った鍋です。
食べたり飲んだり、飲んだり。
九州在住、大阪常駐。

大衆酒場、立ち飲み屋、酒屋の角打ちが好きです。

重度の喫煙者であり、昼酒を好むという、社会的にちょっとアレなオッサン。

2014年9月24日開設


割った鍋へのメールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブログ内検索