紺屋町通りの人気スポットになるかもね「ちょろいぜとくちゃん」福岡市中央区大名

最初に言っとくと、この店に立ち寄ったのは2017年08月23日のことなので(ブログ更新のタイムラグが大きくてスマン)、もしかしたらもう業態が変わってたりするかもしれん。

紺屋町通りを通りすがったら、なんか立ち飲み屋っぽい店があるなと目に止まった。

ちょろいぜとくちゃん ちょろいぜとくちゃん

「ちょろいぜとくちゃん」って、変わった屋号だなぁ。
店先の案内を見ると、確かに立ち飲みができるようで、加えて屋号に“ちょろい”って付いてるのか説明するコピーもあった。
なんだか面白げなので立ち寄ってみた。

ちょろいぜとくちゃん ちょろいぜとくちゃん

外からも窺えるが、店に入ってすぐのところで弁当、おにぎり、惣菜などを売っている。
それがメインなんだろうというのは、ここの経営母体が「峠の玄氣屋」だとアナウンスされていることから想像できる。
それプラスのイートインということで、一種のアンテナショップ的な位置付けなのかもしれないね、今後の他業種展開のためのフィールドワーク的な。
ま、そういうことは、俺は酒が飲めればどうでもいいのだが。

ちょろいぜとくちゃん ちょろいぜとくちゃん

酒とアテが、いろいろ用意されている。
ビールは赤星を置いてて、ウイスキーにマルスを用意したところが面白いな。
酒好きの、妙なツボを突いてくるねぇ。

ちょろいぜとくちゃん ちょろいぜとくちゃん

まずは赤星と鶏皮ポン酢(メニュー表記は“ちょろ皮ポン酢”)を、それからマルスのハイボールをいただいた。
店内にはテーブル席もあったが、俺は壁を向いた立ち飲みカウンターで。
若い店長が、ウェルカムに迎えてくれて気持ちよく飲めた。
ただ禁煙なので俺には残念だったんだが、狭い店内は弁当などの物販スペースでもあるから禁煙なのは納得できる。
実際、俺が飲んでる間に弁当や惣菜を買い求める若いOLさんとか何組かの客があったし禁煙で然るべきだよなと思ったよ。

ちょろいぜとくちゃん 

カウンターでは冷たい茶をサーブするサービスもあって、一杯いただいたが美味しかったな。

さて、最初に買いたが2017年08月に立ち寄って、それから利用してないんだが今はどうなってるかな。
立ち飲み方向に振ってるか、買い物客で賑わっているか。
どちらに転んでも、人気店になってるだろうという気はするよ。


関連記事

コメント

非公開コメント

最近書いた記事


カテゴリ


プロフィール

どうも、割った鍋です。
食べたり飲んだり、飲んだり。
九州在住、大阪常駐。

大衆酒場、立ち飲み屋、酒屋の角打ちが好きです。

重度の喫煙者であり、昼酒を好むという、社会的にちょっとアレなオッサン。

2014年9月24日開設


割った鍋へのメールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブログ内検索


リンク

各地の飲み屋情報を発信しているサイトをリンクさせてもらってます

<全国>
「立ち呑み@酒店」
全国の酒屋の角打ち、立ち飲み屋についての情報がエリア別に掲載されている
「激渋食堂メモ」
日本あちこちに今も残る、渋くて味わい深い大衆食堂を地域別に紹介しているサイト

<関東>
「居酒屋礼賛」
東京の情報には限らないのだが都内の味のある酒場の情報が豊富で魅惑的かつ地域別インデックス便利
「酔(すい)のどうでしょう?」
東京都内の居酒屋・大衆酒場・古典酒場・立ち飲み・センベロ酒場を飲み巡るブログ

<東海>
立飲み人生劇場
更新が停止していて残念だけど名古屋の魅力的な立ち飲み、角打ちできる酒屋の情報が

<関西>
「日本全国B級グルメぐるぐる紀行」
関西各地の味のある酒場を詳しく紹介してくれる指針になる情報量
「関西女のプチ日記」
他のどこにも載ってないような素敵なディープ飲み屋情報満載の関西酒場ガイダンス
「やまでらのぶらりグルメ&ぶらり日記」
行きたくなる飲み屋がたくさん紹介されてる関西飲み屋巡りの強い味方
「カンクロが行く」
大阪府のローカルなとこまで行く。日記のような数行のセンテンスに静逸なセンスを感じる
「関西安酒場」
更新が止まっているようで残念。バス路線沿いの酒屋などまで簡潔ながら貴重な情報

<九州>
「黒崎~小倉@北九州の居酒屋&BARを制覇せよ!」
ネット上に情報の少ない北九州の酒場を紹介してくれる有り難いサイト

このブログをリンクに追加する
リンクフリーでございます(^ヮ^)

【広告】Advertisement