ツヤツヤした黄身のオレンジが映えるグッドルッキング親子丼なのですが「焼きもの家」福岡市中央区大名

勤務先の近所で昼メシを済ませようと徘徊して「焼きもの家」という店の前で足を止めた。

焼きもの家焼きもの家

足を止めたのは、赤く塗装された牛の尻オブジェに惹かれたからではない。
それはもう既に、何度も見かけている。
実際、この店の前は何度も通っているのだが(利用したことはないんだけどね)、昼にランチをやってるんだと初めて気づいて、それで足を止めたのだ。

焼きもの家焼きもの家

ランチメニューは4種類の丼で、どれも695円か。
なかでも一番人気は親子丼とのことだだが豚バラ丼がガッツリでうまそうではあるが、にんにく醤油ダレたっぷりと書いてあるので午後の勤務に差し障るかもしれないと考えて、素直にイチオシの親子丼にしておこう。

焼きもの家

なんかまぁ夜はオサレ気味の居酒屋なんだなという内装。
カウンター席に着いて注文。

焼きもの家

まず、吸い物っぽいものと漬物が供された。
吸い物っぽいものは鴨ダシスープとのこと、なかなかおいしい。

焼きもの家

しばし待って親子丼が出てきた。
糸島の卵を贅沢に3個も使いました、という京都親子丼という親子丼。
黄身がハツラツとしたオレンジで、これはいわゆるインスタ映えというやつではないかと感じた。

焼きもの家

いやほんと見事にオレンジで、ネギの緑とのコントラストもいいよな。

ただ、気になるのはコショーが振ってあることだ。
あんまり、親子丼にコショーって使わなくないかなぁ。

食べてみたら、ああ味が薄いからコショーなんだな、と思ってしまった。
卵が立派であり、卵は美味しいなぁと感じなくはなかったが、なんと言うか全体的に味が薄く感じた。
庶民蕎麦屋の丼なら、ダシとか割り下の味がするよねぇ、でもこれはそれを感じないねぇ、という味っていうね。
鶏や卵の、素材の味を大事にしましたっていうやつか。
でも、それは俺には物足りないんだ……俺が貧乏舌だからかもしれないが。
それに、素材の味を大事にってやつなら、なおさらコショーはどうなのかなとも思うしなぁ。

とはいえ、鶏肉はゴロゴロしてるし卵もふんだんに使ってあるしで、695円の親子丼としてこれは上等だよねと思ってみたりもしたが……会計したら750円でしたよ。
あーね、税抜き695円、税込み750円ね。
750円では満足できないな。

ところでキュウリの漬物は、ものすんごく塩っぱかった。

↓「食べログ」での店舗情報

焼きもの家居酒屋 / 赤坂駅天神駅西鉄福岡駅(天神)

関連記事

コメント

非公開コメント

最近書いた記事


カテゴリ


プロフィール

どうも、割った鍋です。
食べたり飲んだり、飲んだり。
九州在住、大阪常駐。

大衆酒場、立ち飲み屋、酒屋の角打ちが好きです。

重度の喫煙者であり、昼酒を好むという、社会的にちょっとアレなオッサン。

2014年9月24日開設


割った鍋へのメールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブログ内検索


リンク

各地の飲み屋情報を発信しているサイトをリンクさせてもらってます

<全国>
「立ち呑み@酒店」
全国の酒屋の角打ち、立ち飲み屋についての情報がエリア別に掲載されている
「激渋食堂メモ」
日本あちこちに今も残る、渋くて味わい深い大衆食堂を地域別に紹介しているサイト

<関東>
「居酒屋礼賛」
東京の情報には限らないのだが都内の味のある酒場の情報が豊富で魅惑的かつ地域別インデックス便利
「酔(すい)のどうでしょう?」
東京都内の居酒屋・大衆酒場・古典酒場・立ち飲み・センベロ酒場を飲み巡るブログ

<東海>
立飲み人生劇場
更新が停止していて残念だけど名古屋の魅力的な立ち飲み、角打ちできる酒屋の情報が

<関西>
「日本全国B級グルメぐるぐる紀行」
関西各地の味のある酒場を詳しく紹介してくれる指針になる情報量
「関西女のプチ日記」
他のどこにも載ってないような素敵なディープ飲み屋情報満載の関西酒場ガイダンス
「やまでらのぶらりグルメ&ぶらり日記」
行きたくなる飲み屋がたくさん紹介されてる関西飲み屋巡りの強い味方
「カンクロが行く」
大阪府のローカルなとこまで行く。日記のような数行のセンテンスに静逸なセンスを感じる
「関西安酒場」
更新が止まっているようで残念。バス路線沿いの酒屋などまで簡潔ながら貴重な情報

<九州>
「黒崎~小倉@北九州の居酒屋&BARを制覇せよ!」
ネット上に情報の少ない北九州の酒場を紹介してくれる有り難いサイト

このブログをリンクに追加する
リンクフリーでございます(^ヮ^)

【広告】Advertisement