とにかく内装および調度は素直にステキだと思うよ「ビオ ワルン」福岡市早良区高取

早良区百道浜の福岡市総合図書館映像ホール「シネラ」で映画を観て、さて酒でも飲むかと西新へ移動したのだが、昼から飲める店が西新では意外と見当たらない。
飲める店を求めて彷徨うには気温も日差しも厳し過ぎる日だったので、飲み屋が開く時間帯になるまで喫茶店で涼むことにした。

ビオ ワルンビオ ワルン

「ビオ ワルン」という店。
この場所って、あまり確かな記憶ではないが、以前は昭和っぽいレストランがあったような気がするなぁ。
現在の「ビオ ワルン」も、クラシカルな雰囲気を漂わす外観ではある。

ビオ ワルン

クラシカルとはいえ“古き好き昭和”ってな趣きではなく、なんだかヨーロピアンなテイストだなと店先に出された看板を見て感じた。
この看板のフローラルな装飾と、いい感じの錆び具合に惹かれた。

ビオ ワルンビオ ワルン

店内が、これまたクラシカルにヨーロピアンで、こういう空間って馴染みがない俺にはとっても非日常で、楽しい。
いやまぁ、俺みたいなオッサンが来ていい店じゃねぇなって所在のなさを感じつつも、こういう内装とか調度を眺めるのは気分が良い。

土曜の16時台、先客はわずかで、静かなフロア。
とてもゆったりと優雅にアイスコーヒーを飲んだ。

ビオ ワルン

アイスコーヒーは、俺がいつも利用する「ベローチェ」や「ドトール」とかに比べればお高いが、それは場所代だと思えばまるで気にならない。
コーヒーとタバコは切っても切れないものだが、店員さんにタバコを喫えるか訊くと禁煙ですと言われたのだが、まったく許容できる。
そういうコンセプトの店なんだと、内装や調度品に説得力があるからだ。
貧乏でヤニ臭いオッサン向けの店じゃない、というのが明確だ。
だから俺は、それに従うのに少しも不満がない。

ビオ ワルン

いやまぁ、実際のところ全然まったく俺向きの店じゃないので、また利用することはないとは思うが。
それでも、いつもの日常とは違うひとときを楽しめたので、この店が嫌いじゃない。

↓「食べログ」での店舗情報

ビオ ワルン洋食・欧風料理(その他) / 藤崎駅西新駅

関連記事

コメント

非公開コメント

最近書いた記事


カテゴリ


プロフィール

どうも、割った鍋です。
食べたり飲んだり、飲んだり。
九州在住、大阪常駐。

大衆酒場、立ち飲み屋、酒屋の角打ちが好きです。

重度の喫煙者であり、昼酒を好むという、社会的にちょっとアレなオッサン。

2014年9月24日開設


割った鍋へのメールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブログ内検索


リンク

各地の飲み屋情報を発信しているサイトをリンクさせてもらってます

<全国>
「立ち呑み@酒店」
全国の酒屋の角打ち、立ち飲み屋についての情報がエリア別に掲載されている
「激渋食堂メモ」
日本あちこちに今も残る、渋くて味わい深い大衆食堂を地域別に紹介しているサイト

<関東>
「居酒屋礼賛」
東京の情報には限らないのだが都内の味のある酒場の情報が豊富で魅惑的かつ地域別インデックス便利
「酔(すい)のどうでしょう?」
東京都内の居酒屋・大衆酒場・古典酒場・立ち飲み・センベロ酒場を飲み巡るブログ

<東海>
立飲み人生劇場
更新が停止していて残念だけど名古屋の魅力的な立ち飲み、角打ちできる酒屋の情報が

<関西>
「日本全国B級グルメぐるぐる紀行」
関西各地の味のある酒場を詳しく紹介してくれる指針になる情報量
「関西女のプチ日記」
他のどこにも載ってないような素敵なディープ飲み屋情報満載の関西酒場ガイダンス
「やまでらのぶらりグルメ&ぶらり日記」
行きたくなる飲み屋がたくさん紹介されてる関西飲み屋巡りの強い味方
「カンクロが行く」
大阪府のローカルなとこまで行く。日記のような数行のセンテンスに静逸なセンスを感じる
「関西安酒場」
更新が止まっているようで残念。バス路線沿いの酒屋などまで簡潔ながら貴重な情報

<九州>
「黒崎~小倉@北九州の居酒屋&BARを制覇せよ!」
ネット上に情報の少ない北九州の酒場を紹介してくれる有り難いサイト

このブログをリンクに追加する
リンクフリーでございます(^ヮ^)

【広告】Advertisement