安く飲めるユニークなシステムが面白いな「N.Bar」福岡市中央区赤坂

大手門から赤坂方面へ歩いてたら、なにかたぶんホテルの1階にエビスのサイン。
ああ、ホテル併設のバーがあるんだな、と。

N.Bar

そこまではまぁ、バーがあるなとしか思わなかったが。
店先の看板に書いてあることに惹かれた。

N.Bar

ハッピーアワーってのはよくあるが、2杯目無料って珍しくないかい。
特定のドリンクが半額とか安くなるってのは珍しくないが、2杯目無料って。
どういうシステムだろうと気になって(それに安く飲めそうだし)、店に入ってみた。

N.BarN.Bar

なんかまぁ、ホテル自体もそんなに大きな建物じゃないし、バーもこじんまり。
なんとなく1980年代のカフェバーってな感じの内装ね。
バックバーには、あまりそんなに酒が揃ってない。

若い女性がカウンターに入っていて、先客が一人あってそちらも若い女性だった。
聞くともなく2人の会話を小耳にはさむと、どうやら二人ともホテルのスタッフのようだった。
これはたぶん、ホテルのスタッフが交代でバーの当番をしてるってことかな。

N.BarN.Bar

まずビール。
表の看板に記載してあったがチャージ200円、おつまみが付く。

女性2人の会話に割って入るのはキモいオッサンなので、しばらく店内の液晶ディスプレイで流れるミュージックビデオ(これもまた80年代っぽい)を眺めて飲んでいた。
飲みながら、2杯目は何にしようか考えていた。
ビールの次はウイスキーにするか……2杯目が無料になるなら、ここぞと高いウイスキーを注文するのはダサいので安めのものにしようかなどと、メニューを眺めて検討した。

N.Bar

バックバーを見れば判るが、迷うほどそうウイスキーの選択肢はない。
バランタインにしておこう、500円と安いし。
そう決めて、いよいよハッピーアワーで無料になる2杯目を、看板に書いてあったように本当にタダになるのか少しドキドキしながら注文した。
すると、ビールなら無料になります、と。
えっ? どゆこと? と狼狽えたね。

システムを説明してもらうと、同じものを飲む際に2杯目が無料になるんだと。
言い換えると、なんでも2杯ずつ飲めるってことになるな。
予想の斜め上なハッピーアワーだなと思った。

そんなわけで、またビールを飲んだ。
先客はお帰りになって客は俺だけになり、女性スタッフと会話しながら飲んだ。
通常はバー専任の男性スタッフがいるが、この日はその男性が休みの日なのでホテルスタッフの彼女がカウンターに立っているとのことだった。

さてビール2杯を飲んだが、ここで帰るとビール1杯分の会計となる。
なんか得してるなぁ2杯なのに1杯分しか払わないでいいのかぁ、という気分である。
よし、ウイスキーも飲もう。

N.Bar

メニューにはスピリッツは30mlだと明記してあったが、きっちりメジャーで計ることなくざっくり注いでくれた。
そうゆう大雑把さは嬉しい。
で、2杯目は無料になるというシステムは、最初だけ適用されるのではなくハッピーアワー18:00〜20:00の時間内であれば何度でも発動する。
だからウイスキーも、もう1杯飲んだ。

ビールを2杯、ウイスキーも2杯飲んで、チャージ込み税込みで会計は1,300円。
安い。
とても安く飲めたという満足感と嬉しさを得た。
ユニークなシステムで安く飲める店だと強く印象付けられた。
また立ち寄りたい気持ちがあるなぁ。

↓「食べログ」での店舗情報

N.Barバル・バール / 赤坂駅大濠公園駅天神駅

関連記事

コメント

非公開コメント

最近書いた記事


カテゴリ


プロフィール

どうも、割った鍋です。
食べたり飲んだり、飲んだり。
九州在住、大阪常駐。

大衆酒場、立ち飲み屋、酒屋の角打ちが好きです。

重度の喫煙者であり、昼酒を好むという、社会的にちょっとアレなオッサン。

2014年9月24日開設


割った鍋へのメールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブログ内検索


リンク

各地の飲み屋情報を発信しているサイトをリンクさせてもらってます

<全国>
「立ち呑み@酒店」
全国の酒屋の角打ち、立ち飲み屋についての情報がエリア別に掲載されている
「激渋食堂メモ」
日本あちこちに今も残る、渋くて味わい深い大衆食堂を地域別に紹介しているサイト

<関東>
「居酒屋礼賛」
東京の情報には限らないのだが都内の味のある酒場の情報が豊富で魅惑的かつ地域別インデックス便利
「酔(すい)のどうでしょう?」
東京都内の居酒屋・大衆酒場・古典酒場・立ち飲み・センベロ酒場を飲み巡るブログ

<東海>
立飲み人生劇場
更新が停止していて残念だけど名古屋の魅力的な立ち飲み、角打ちできる酒屋の情報が

<関西>
「日本全国B級グルメぐるぐる紀行」
関西各地の味のある酒場を詳しく紹介してくれる指針になる情報量
「関西女のプチ日記」
他のどこにも載ってないような素敵なディープ飲み屋情報満載の関西酒場ガイダンス
「やまでらのぶらりグルメ&ぶらり日記」
行きたくなる飲み屋がたくさん紹介されてる関西飲み屋巡りの強い味方
「カンクロが行く」
大阪府のローカルなとこまで行く。日記のような数行のセンテンスに静逸なセンスを感じる
「関西安酒場」
更新が止まっているようで残念。バス路線沿いの酒屋などまで簡潔ながら貴重な情報

<九州>
「黒崎~小倉@北九州の居酒屋&BARを制覇せよ!」
ネット上に情報の少ない北九州の酒場を紹介してくれる有り難いサイト

このブログをリンクに追加する
リンクフリーでございます(^ヮ^)

【広告】Advertisement