山荘通りの中華料理店で独特なテイストの冷やし中華「如家」福岡市中央区平尾

山荘通りを歩いていて、初夏になって見かけると嬉しいものを見た。

如家

“冷やし中華はじめました”的なノボリだ。
まぁ、冷麺って書いてあるけれども。

冷麺という表記は悩ましい。
冷やし中華を期待していると韓国冷麺が出てくる恐れがある。
俺が好きなのは冷やし中華なのだ。

如家

この店は中華料理屋さんのようだから、韓国冷麺が出てくることはあるまい。
看板を見ると、なんだかのたうった書体なので読みづらいが「如家」という屋号で、ルビが振ってあるので“よか”と読むんだなと判る。

如家如家

なかなか広くて、居酒屋として宴会に使えそうな造りという印象。
平日の昼間、ランチのピークは過ぎたようで店は空いていた。

店先のノボリに“冷麺”とあったのを気にして、冷やし中華くださいと告げて注文をした。
ここでもし店が提供するのが冷麺であれば、冷麺ですけどいいですかと確認してくれるだろうと思って。
そういうやりとりはなく、注文は受諾された。

如家

卓上の品書きを見て、あら刀削麺が売りの店みたいだねと気づいた。
刀削麺って食ったことないんだよなーとか思ったが、このときの俺はもう冷やし中華一択だった。

如家如家

ふむ、ザーサイの新芽とか、春巻きでビールってのもいいかもなぁ。
しかしビールの銘柄が残念なものだから、いっそ中国酒か。
いやそもそも、このときは打ち合わせに向かってる途中なので酒は飲めん。
なんてことを思ってるうちに、冷やし中華が来た。

如家

ほう、なんか独特の盛り付けね。
食べてみると、いわゆる日本の冷やし中華とは、ちょっと違ったテイスト。
スープは安っぽく酸味と甘みが前面に出たものではない、上品な、きちんとした中華料理って感じがある。
なんだか香草のようなアクセントもある。
麺は、だいぶ固めに茹でられて、これは冷やし中華の場合、俺の好みではない。

冷やし中華は650円だった。
そこまで好みのものじゃなかったが、ちゃんと料理された品が650なら安いなと思えた。
ついでに少し時間があったので食後のコーヒー100円で。
卓上には灰皿が用意されていて、コーヒーとタバコを楽しめて良かった。

夜は飲んで食ってって使い方ができそうで、楽しめる気がするね。

↓「食べログ」での店舗情報

如家餃子 / 西鉄平尾駅

関連記事

コメント

非公開コメント

最近書いた記事


カテゴリ


プロフィール

どうも、割った鍋です。
食べたり飲んだり、飲んだり。
九州在住、大阪常駐。

大衆酒場、立ち飲み屋、酒屋の角打ちが好きです。

重度の喫煙者であり、昼酒を好むという、社会的にちょっとアレなオッサン。

2014年9月24日開設


割った鍋へのメールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブログ内検索


リンク

各地の飲み屋情報を発信しているサイトをリンクさせてもらってます

<全国>
「立ち呑み@酒店」
全国の酒屋の角打ち、立ち飲み屋についての情報がエリア別に掲載されている
「激渋食堂メモ」
日本あちこちに今も残る、渋くて味わい深い大衆食堂を地域別に紹介しているサイト

<関東>
「居酒屋礼賛」
東京の情報には限らないのだが都内の味のある酒場の情報が豊富で魅惑的かつ地域別インデックス便利
「酔(すい)のどうでしょう?」
東京都内の居酒屋・大衆酒場・古典酒場・立ち飲み・センベロ酒場を飲み巡るブログ

<東海>
立飲み人生劇場
更新が停止していて残念だけど名古屋の魅力的な立ち飲み、角打ちできる酒屋の情報が

<関西>
「日本全国B級グルメぐるぐる紀行」
関西各地の味のある酒場を詳しく紹介してくれる指針になる情報量
「関西女のプチ日記」
他のどこにも載ってないような素敵なディープ飲み屋情報満載の関西酒場ガイダンス
「やまでらのぶらりグルメ&ぶらり日記」
行きたくなる飲み屋がたくさん紹介されてる関西飲み屋巡りの強い味方
「カンクロが行く」
大阪府のローカルなとこまで行く。日記のような数行のセンテンスに静逸なセンスを感じる
「関西安酒場」
更新が止まっているようで残念。バス路線沿いの酒屋などまで簡潔ながら貴重な情報

<九州>
「黒崎~小倉@北九州の居酒屋&BARを制覇せよ!」
ネット上に情報の少ない北九州の酒場を紹介してくれる有り難いサイト

このブログをリンクに追加する
リンクフリーでございます(^ヮ^)

【広告】Advertisement