あのフランス人の人の屋台が新規オープン「レミさんち」福岡市中央区渡辺通

福岡市に住んでいるが、屋台というものをほとんど利用しない。
別に嫌ってはいないが、昼から飲むのが好きな俺としては夕方からしかあかない屋台は目当ての店とはなりにくい。
夕方になれば普通に居酒屋とかが開くので、屋台は優先的選択肢とはなりにくいのよね。

渡辺通りを北上してたら屋台に行列ができているのに気づいた。
人気の屋台って、今もあるんだなぁくらいに思った。
さらに北上しLOFTの辺りで友人と合流、ちょっと飲もうかという流れになって店を物色しようとすると、友人が一軒の屋台を指して声を上げた。

レミさんち

「レミさんち」。
ああ、レミさんって、塩原の「赤木酒店」の「角打ちBonVinvant」にいたフランス人の人か。
もう「赤木酒店」にいないのは知ってたが(いたのは10年くらい前だっけ?)、今は屋台の人になったってわけか。

ふーむ、面白いねと立ち寄ってみた。

レミさんち

へー、「赤木酒店」のあとはオーナーシェフとして料理屋さんやってたのね。
そんで屋台は2017年04月28日オープン、って立ち寄ったのはオープン2日目だったわけだ。

手作りらしい屋台は、いわゆる屋台っぽくない造り。
スタッフ3人ほどで回しているようだがオペレーションはおぼつかない。
そりゃねぇ、屋台ってものを初めてやってみてるわけだろうから慣れないわな。

レミさんちレミさんち

タパスがあったりブイヤベースがあったり。
だがこの日はブイヤベースラーメンってのは、できないとのことだった。
まぁ食べたいとは思わなかったが。

レミさんちレミさんち

とにかく飲もうと、ハートランド生500円也。
飲みながら、レミさんのストーリーなど読んでみる。

レミさんち

なかなかの自己プロデュース、経営者とはこうあるべきだろう。
ところでレミさんという親しげに思えるかもしれない書き方をしているが、ぜんぜん知り合いではない。
なので屋台オープンおめでとう、とか赤木酒店は懐かしいよ、とか話しかけたりしない。
なにより「赤木酒店」時代は“黒歴史”かもしれないなんて考えちゃって、気をつけて話題に出すまいなんて思ったが、たぶん別にそんなことはないのだろう。
それよりスタッフ全員がバタバタして余裕がないようで、なにか話しかけるような状況じゃなかったよね。

レミさんちレミさんち

ワインをデキャンタで……と思ったら用意がないそうでグラスで。
アヒージョの提供も時間がかかったな。
なかなか屋台ってのは、いろいろ準備とかオペーレーションの慣熟まで大変のようだ。

レミさんち

日曜月曜と悪天候は休みとのこと。
天候によって開くかどうかはFacebookで確認できるようだから空振りせずにすむね。

我々が立ち寄ったときは空席があってスルリと席につけたが、帰る頃には行列ができていた。
すぐに人気店になるんだろうなぁ。
屋台って、観光資源としての側面もあると俺は思っているが、この「レミさんち」の登場でバラエティが増して観光客にとっても福岡の屋台がもっと楽しくなると思う。
お隣にはジビエ料理を出す屋台ってのもあった。

たぶん10年ぶりくらいで屋台ってのを利用したと思うが、またちょっと屋台に注目してみようかな。

↓「食べログ」での店舗情報

レミさんちフレンチ / 天神南駅西鉄福岡駅(天神)渡辺通駅

関連記事

コメント

非公開コメント

最近書いた記事


カテゴリ


プロフィール

どうも、割った鍋です。
食べたり飲んだり、飲んだり。
九州在住、大阪常駐。

大衆酒場、立ち飲み屋、酒屋の角打ちが好きです。

重度の喫煙者であり、昼酒を好むという、社会的にちょっとアレなオッサン。

2014年9月24日開設


割った鍋へのメールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブログ内検索


リンク

各地の飲み屋情報を発信しているサイトをリンクさせてもらってます

<全国>
「立ち呑み@酒店」
全国の酒屋の角打ち、立ち飲み屋についての情報がエリア別に掲載されている
「激渋食堂メモ」
日本あちこちに今も残る、渋くて味わい深い大衆食堂を地域別に紹介しているサイト

<関東>
「居酒屋礼賛」
東京の情報には限らないのだが都内の味のある酒場の情報が豊富で魅惑的かつ地域別インデックス便利
「酔(すい)のどうでしょう?」
東京都内の居酒屋・大衆酒場・古典酒場・立ち飲み・センベロ酒場を飲み巡るブログ

<東海>
立飲み人生劇場
更新が停止していて残念だけど名古屋の魅力的な立ち飲み、角打ちできる酒屋の情報が

<関西>
「日本全国B級グルメぐるぐる紀行」
関西各地の味のある酒場を詳しく紹介してくれる指針になる情報量
「関西女のプチ日記」
他のどこにも載ってないような素敵なディープ飲み屋情報満載の関西酒場ガイダンス
「やまでらのぶらりグルメ&ぶらり日記」
行きたくなる飲み屋がたくさん紹介されてる関西飲み屋巡りの強い味方
「カンクロが行く」
大阪府のローカルなとこまで行く。日記のような数行のセンテンスに静逸なセンスを感じる
「関西安酒場」
更新が止まっているようで残念。バス路線沿いの酒屋などまで簡潔ながら貴重な情報

<九州>
「黒崎~小倉@北九州の居酒屋&BARを制覇せよ!」
ネット上に情報の少ない北九州の酒場を紹介してくれる有り難いサイト

このブログをリンクに追加する
リンクフリーでございます(^ヮ^)

【広告】Advertisement