【閉店】いつの間にか増えたよ妙に近い場所に増えたよ「ゆで太郎 赤坂門店」福岡市中央区

<追記:2018年05月26日>
撤収した模様。
ある日、店先にノボリや看板が出てない様子が目に止まって、あれ? やってないかも? と思った。
たまたまメンテナンスで閉めてるとか、そういうことかと気にしなかった。
後日、再確認。

ゆで太郎 赤坂門店

店内を覗いてみると券売機が撤去されていた。
閉店で間違いないな。
公式の店舗情報でも赤坂門店については削除されている。

やっぱ、あまりに近い場所に展開したのがちょっとアレだったのかな。

<初回投稿:2017年03月25日>
なんで、こんな近くに?
そう思ってしまう場所に「ゆで太郎」が増えてた。
福岡での2店舗目が、1店舗目のすごく近くにオープンしてた。

ゆで太郎 赤坂門店

赤坂のハローワークの近くに1店舗目である赤坂店があって、2店舗目となる赤坂門店は福岡市営地下鉄赤坂駅の近くにあって、それはとても近い。
2店間の距離はアバウト300メートル徒歩約4分(GoogleMpas調べ)である。
赤坂店は赤坂だが赤坂門店は住所的には大名になるんだけど、どちらも大正通りに面している。

なんでそんな近くに出店したん?

ゆで太郎 赤坂門店

まぁ出店地選びの意図はわからんけども、それはともかくこちらの店舗にはチョイ飲みメニューがある?
あれ? 赤坂店にもあったっけ?
まぁ、飲めるんなら、ちょっと入ってみようかって気になる。

ゆで太郎 赤坂門店

店舗は、赤坂店よりコンパクトだ。
なんか「吉野家」とか「すき家」っぽい気がする店内ってな印象。
券売機でアルコール券とつまみ券を買って、注文カウンターで詳細を述べるシステム。
アルコールは290円、生ビール/ハイボール/チューハイ(2種)/しょうちゅう(3種)という選択肢があるわけで、カウンターでビールの銘柄を訊くとサッポロ黒ラベルとのことなので、それを。
アテは200円、300円のメニューが各4種で計8種の選択肢となる。

ゆで太郎 赤坂門店

イエス、黒ラベル。
なかなかキレイに注がれてる、イエス。
アテは300円の、牛すじねぎポン酢にしてみたのだが、なんか想定したのと違ってツユの多いものだった。

ゆで太郎 赤坂門店

ちなみにハイボールのウイスキーはデュワーズなんだな、いいねえ。

アルコールもアテも税込価格だ。
明朗で良い。
あとになって思ったが、そばのトッピングメニューであるコロッケなんかをアテにしても飲むのもいいよなぁ。
しかし禁煙なんで、そう腰を落ち着けては飲めんが……サクっと飲むにはいいよね。

それにしても、なんでこう近くに店舗展開するのかね。
この赤坂近辺だけを限定的に絶対勢力圏にしようというブロックバスターなのか。
うどん県において、この近隣のみを限定的そば解放区にしようとしているのか。
単に店舗が近いとマネジメントが楽なのか。

ま、経営側にどんな思惑があろうが俺には関係ないが、ちょい飲みできる店が増えるのは俺には嬉しい。
ただ、赤坂店も繁盛してる気配はあんまり感じないんで、赤坂門もどうなのかしら……2つまとめて共倒れにならないかしらって危惧はあったりする。
いやしかし、2店になったことで相乗効果によりドカンといくのかもしれんよね。
ドカンといったら楽しいな。

↓「食べログ」での店舗情報

ゆで太郎 赤坂門店そば(蕎麦) / 赤坂)

関連記事

コメント

非公開コメント

最近書いた記事


カテゴリ


プロフィール

どうも、割った鍋です。
食べたり飲んだり、飲んだり。
九州在住、大阪常駐。

大衆酒場、立ち飲み屋、酒屋の角打ちが好きです。

重度の喫煙者であり、昼酒を好むという、社会的にちょっとアレなオッサン。

2014年9月24日開設


割った鍋へのメールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブログ内検索


リンク

各地の飲み屋情報を発信しているサイトをリンクさせてもらってます

<全国>
「立ち呑み@酒店」
全国の酒屋の角打ち、立ち飲み屋についての情報がエリア別に掲載されている
「激渋食堂メモ」
日本あちこちに今も残る、渋くて味わい深い大衆食堂を地域別に紹介しているサイト

<関東>
「居酒屋礼賛」
東京の情報には限らないのだが都内の味のある酒場の情報が豊富で魅惑的かつ地域別インデックス便利
「酔(すい)のどうでしょう?」
東京都内の居酒屋・大衆酒場・古典酒場・立ち飲み・センベロ酒場を飲み巡るブログ

<東海>
立飲み人生劇場
更新が停止していて残念だけど名古屋の魅力的な立ち飲み、角打ちできる酒屋の情報が

<関西>
「日本全国B級グルメぐるぐる紀行」
関西各地の味のある酒場を詳しく紹介してくれる指針になる情報量
「関西女のプチ日記」
他のどこにも載ってないような素敵なディープ飲み屋情報満載の関西酒場ガイダンス
「やまでらのぶらりグルメ&ぶらり日記」
行きたくなる飲み屋がたくさん紹介されてる関西飲み屋巡りの強い味方
「カンクロが行く」
大阪府のローカルなとこまで行く。日記のような数行のセンテンスに静逸なセンスを感じる
「関西安酒場」
更新が止まっているようで残念。バス路線沿いの酒屋などまで簡潔ながら貴重な情報

<九州>
「黒崎~小倉@北九州の居酒屋&BARを制覇せよ!」
ネット上に情報の少ない北九州の酒場を紹介してくれる有り難いサイト

このブログをリンクに追加する
リンクフリーでございます(^ヮ^)

【広告】Advertisement