まぁ屋号の通りなんだけどね「天ぷらうどん」福岡市中央区今川

昔からその外観が気になっていた。
屋号も気になっていた。

天ぷらうどん

「天ぷらうどん」。
まず看板が目を引くんだわな、黄色と黒と赤という視認性は高いが毒々しい配色。
で、天ぷらうどん、とだけ書いてあるのね。
屋号だよねぇ、天ぷらうどんというのが。

住所的には今川なんだけど唐人町駅そばなんで唐人町のうどん屋って感じがある。
地下鉄空港線が地中を走る明治通りという、福岡市のなかでも市街地中心部の大きな道路沿いにあるんだけど、店の佇まいとしては山の中の県道沿いにあるのがピッタリな雰囲気なんだよね。
そういった存在感と看板のインパクトも相まって、昔から気になってはいた。

でも、うどん屋でしょ。
俺あんまり、うどんって興味ないんだよね。
と、思っていたが。

ふと、飲めるんじゃないか、という気がしてきたんだ。
大きな道路沿いで、駅にも近くて、けっこう地代が高いんじゃないのかなぁ。
うどんだけで、やっていけるのかなぁ。
でも昔から、ずーっとやってるよなぁ。
もしかして、うどんプラスアルファの魅力があるのかもしれんなぁ。
じゃあ、飲める店なんじゃね?
というようなことを、思ってみたわけなんです。

そんなわけで店に入ってみた。

うどん屋でした。
ジャストオンリーうどん屋でした。

入ってすぐ食券マシーンがあるんだけど、アルコール類を販売するボタンは、一切なかった。

ビールくらいあるだろ、飲める店じゃなくてもビールくらい置いてあるだろ。
ビールと、アテはトッピングの天ぷら注文したら飲めるだろ。
そう思って店に入ったのだが、アルコール類は一切なかった。

うん、わかった、飲むのは諦めた。

天ぷらうどん

かけそば350円也。
あっ、しまった、わかめ乗ってる。
俺あんまり好きじゃないのよ、わかめ……と思ったんだけど美味しいわかめでしたよ、シャキっとして。
そばも、割とシャキっとしてたよ。
スープは、上品に薄めで、やさしい味だったよ。

天ぷらうどん天ぷらうどん

卓上にはキムチがあったよ。
そばには合わないよなぁ、うどんにはいいかもしれんけど。
ああ、でも、うどん屋なんだよなぁ、うん。

うどんが好きな人にはいいかもなぁ。

【広告】Advertisement


↓「食べログ」での店舗情報

天ぷらうどんうどん / 唐人町駅大濠公園駅西新駅

関連記事

コメント

非公開コメント

最近書いた記事


カテゴリ


プロフィール

どうも、割った鍋です。
食べたり飲んだり、飲んだり。
九州在住、大阪常駐。

大衆酒場、立ち飲み屋、酒屋の角打ちが好きです。

重度の喫煙者であり、昼酒を好むという、社会的にちょっとアレなオッサン。

2014年9月24日開設


割った鍋へのメールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブログ内検索


リンク

各地の飲み屋情報を発信しているサイトをリンクさせてもらってます

<全国>
「立ち呑み@酒店」
全国の酒屋の角打ち、立ち飲み屋についての情報がエリア別に掲載されている
「激渋食堂メモ」
日本あちこちに今も残る、渋くて味わい深い大衆食堂を地域別に紹介しているサイト

<関東>
「居酒屋礼賛」
東京の情報には限らないのだが都内の味のある酒場の情報が豊富で魅惑的かつ地域別インデックス便利
「酔(すい)のどうでしょう?」
東京都内の居酒屋・大衆酒場・古典酒場・立ち飲み・センベロ酒場を飲み巡るブログ

<東海>
立飲み人生劇場
更新が停止していて残念だけど名古屋の魅力的な立ち飲み、角打ちできる酒屋の情報が

<関西>
「日本全国B級グルメぐるぐる紀行」
関西各地の味のある酒場を詳しく紹介してくれる指針になる情報量
「関西女のプチ日記」
他のどこにも載ってないような素敵なディープ飲み屋情報満載の関西酒場ガイダンス
「やまでらのぶらりグルメ&ぶらり日記」
行きたくなる飲み屋がたくさん紹介されてる関西飲み屋巡りの強い味方
「カンクロが行く」
大阪府のローカルなとこまで行く。日記のような数行のセンテンスに静逸なセンスを感じる
「関西安酒場」
更新が止まっているようで残念。バス路線沿いの酒屋などまで簡潔ながら貴重な情報

<九州>
「黒崎~小倉@北九州の居酒屋&BARを制覇せよ!」
ネット上に情報の少ない北九州の酒場を紹介してくれる有り難いサイト

このブログをリンクに追加する
リンクフリーでございます(^ヮ^)

【広告】Advertisement