アクセス便利で気軽に昼酒ぴおシティ地下「すずらん」横浜市中区桜木町

2015年12月07日の午後、横浜飲み屋巡り2日目。
野毛で昼酒をと思っても、期待したほど昼間っから飲める店に出会えない14時台。

地上で飲み屋が見つからないなら、野毛からすぐそこ桜木町駅、ぴおシティの地下に行こう。
横浜市営地下鉄桜木町駅とつながっていてJR桜木町駅と隣接する複合施設ぴおシティには、地下飲食店街がある。
そこに昼から飲める店があるという情報を事前に得ていた。
地下1階と2階とあって、酒飲みが目指すべきは地下2階のほうだね。

ぴおシティって開業してからだいぶ長いのかな、地下の通路はくたびれた感じだし全体的に明るさがない。
そういう雰囲気のほうが気兼ねなく酒を飲めるっていう気もする。

すずらん

暖簾と店先に簡易テーブルが出ていて、これは確かに営業中だろうという店が見えた。
「すずらん」という店。

店の前の通路に沿って横に長い店舗で、カウンター席も横に長い。
レジのあるカウンターの端のほうに常連らしき客があって、スタッフと談笑しているようだった。
そちらとは反対側の端の席に着く。

すずらん

目の前にメニューを記したホワイトボードがあって、へぇ生ホッピーというのがあるのか、と。
九州在住の俺は、ホッピーって普段は飲まない。
それは関東のものだろうという意識があるから、関東飲み歩きをするときにだけ飲むって感じ。
そんで生ホッピーというものは飲んだことがないので、この機会に飲んでみようと思った。

スタッフのお兄さんに生ホッピーを注文すると、先に食券を買うように言われた。
その言い方が、なんだか妙に腹立たしい。
大学生のアルバイトって感じの、客商売をやってるという意識が足りてない対応と感じた。

すずらん

店の外に出てみると、ああ食券マシーンがあるな。
俺がアプローチしてきた方向からは、マシーンが確とは視界に入ってなかったんだよ。
しかしこの食券マシーン、飲食券というものしかなく枚数を指定するだけという大雑把さが、なんだか可笑しいね。
飲みもの食いものなんでも300円均一ということで、判りやすいな。

すずらん

食券を買って改めて注文し、ようやく生ホッピーが目の前に。
飲んでみたら、なんだか特に思うところのないものだった。

後客で3人くらいのグループがあって、テーブル席に。
スタッフのお兄さんは注文を受けて代金を受け取って、店の外に出て食券を買っていた。
おまえなぁ、俺んときと対応が違うじゃねぇかと思ったが、後客は俺よりだいぶ歳がいってたように見えたから親切心で代わりに食券を購入してあげたのだろうと考えることにした。
たぶん、根は悪い奴じゃないんだろう。

すずらん

カウンターに競馬の投票券らしいものが用意されていた。
ぴおシティ上階には場外馬券売り場があるんだね。
じゃあここは競馬好きが集う飲み屋でもあるのかな、この日は暇そうだったからレースやってなかったのか。

俺としては魅力を感じない飲み屋だったが、まぁ300円均一で気軽に利用できる店なんじゃないかな。

【広告】Advertisement


↓「食べログ」での店舗情報

すずらん居酒屋 / 桜木町駅馬車道駅日ノ出町駅

関連記事

コメント

非公開コメント

最近書いた記事


カテゴリ


プロフィール

どうも、割った鍋です。
食べたり飲んだり、飲んだり。
九州在住、大阪常駐。

大衆酒場、立ち飲み屋、酒屋の角打ちが好きです。

重度の喫煙者であり、昼酒を好むという、社会的にちょっとアレなオッサン。

2014年9月24日開設


割った鍋へのメールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブログ内検索


リンク

各地の飲み屋情報を発信しているサイトをリンクさせてもらってます

<全国>
「立ち呑み@酒店」
全国の酒屋の角打ち、立ち飲み屋についての情報がエリア別に掲載されている
「激渋食堂メモ」
日本あちこちに今も残る、渋くて味わい深い大衆食堂を地域別に紹介しているサイト

<関東>
「居酒屋礼賛」
東京の情報には限らないのだが都内の味のある酒場の情報が豊富で魅惑的かつ地域別インデックス便利
「酔(すい)のどうでしょう?」
東京都内の居酒屋・大衆酒場・古典酒場・立ち飲み・センベロ酒場を飲み巡るブログ

<東海>
立飲み人生劇場
更新が停止していて残念だけど名古屋の魅力的な立ち飲み、角打ちできる酒屋の情報が

<関西>
「日本全国B級グルメぐるぐる紀行」
関西各地の味のある酒場を詳しく紹介してくれる指針になる情報量
「関西女のプチ日記」
他のどこにも載ってないような素敵なディープ飲み屋情報満載の関西酒場ガイダンス
「やまでらのぶらりグルメ&ぶらり日記」
行きたくなる飲み屋がたくさん紹介されてる関西飲み屋巡りの強い味方
「カンクロが行く」
大阪府のローカルなとこまで行く。日記のような数行のセンテンスに静逸なセンスを感じる
「関西安酒場」
更新が止まっているようで残念。バス路線沿いの酒屋などまで簡潔ながら貴重な情報

<九州>
「黒崎~小倉@北九州の居酒屋&BARを制覇せよ!」
ネット上に情報の少ない北九州の酒場を紹介してくれる有り難いサイト

このブログをリンクに追加する
リンクフリーでございます(^ヮ^)

【広告】Advertisement