歴史と品格のあるオーセンティックバーなのかな「クライスラー」横浜市中区福富町

2015年の12月06日の夜、横浜でハシゴ酒をしていた。
野毛をウロウロしてから、大岡川を渡って福富町へ。

川を渡ったら、町の様子が変わった。
福富町は、西通とか東通に仲通にと細かく町名はわかれているようだが、ひっくるめての印象は、普通の飲食店と性風俗店が互いに何食わぬ顔で混在している町、というものだった。
ソープランドありファッションヘルスあり、ラブホあり。

そういう町(は俺は嫌いじゃないけど)で、猥雑な喧騒に似つかわしくないような看板が目にとまった。

クライスラー

昭和モダンの風情。
オーシャンバー総本店と記されており、それは歴史も格式もあるのだろうと想像させる。
福富町西通「クライスラー」というバー。

クライスラークライスラー

クライスラーといえばアメリカの自動車メーカーを思い浮かべるが、看板にはバグパイプを担いだスコットランドの正装をした男性が描かれている。
クライスラーの創業者はスコットランドの血筋なのかな、知らんけど。
船の舵輪を象った看板は、オーシャンウイスキーのトレードマークか港町横浜らしさなのか。
ま、ちょっとコンセプトが錯綜してる気がしないでもないが、なんだか惹きつけられる魅力を感じた。

クライスラー

店内は、なおいっそう味わい深かった。
明るめの照明で、煌びやかさも風格もレトロな風情も同時にあるといった内装。
バックバーは、重厚で圧巻だった。
創業は1950年とのこと、なるほど時の流れの重みがある。

店内を撮影していいか訊くと遠慮してとのことだったので、残念ながら画像はない。

クライスラー

店オリジナルのボトルであるらしい「多謝」というウイスキーをいただいた。
ショット税込1,300円、そこそこなお値段。

初老のオーナーバーテンダーと、キッチン担当の奥様とで切り盛りしているようだ。
フードメニューがいろいろあったと記憶している。

で、まぁ店としてはオーセンティックな感じだが。
客層は近所のオッサンって感じだった。
良い意味で猥雑な町にあるというロケーションのせいか、酒なんて酔えれば何でもいいよって様子のオッサン、そしてオバハン、それからオッサンと同伴かなってオネーチャン。

いやまぁ、俺なんかも上等な客ではぜんぜんないから他人様のことはとやかく言えんが、店構えに対して客層があまりにあんまりだと感じたな。
なんか残念。

【広告】Advertisement


↓「食べログ」での店舗情報

クライスラーバー / 日ノ出町駅桜木町駅関内駅

関連記事

コメント

非公開コメント

最近書いた記事


カテゴリ


プロフィール

どうも、割った鍋です。
食べたり飲んだり、飲んだり。
九州在住、大阪常駐。

大衆酒場、立ち飲み屋、酒屋の角打ちが好きです。

重度の喫煙者であり、昼酒を好むという、社会的にちょっとアレなオッサン。

2014年9月24日開設


割った鍋へのメールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブログ内検索


リンク

各地の飲み屋情報を発信しているサイトをリンクさせてもらってます

<全国>
「立ち呑み@酒店」
全国の酒屋の角打ち、立ち飲み屋についての情報がエリア別に掲載されている
「激渋食堂メモ」
日本あちこちに今も残る、渋くて味わい深い大衆食堂を地域別に紹介しているサイト

<関東>
「居酒屋礼賛」
東京の情報には限らないのだが都内の味のある酒場の情報が豊富で魅惑的かつ地域別インデックス便利
「酔(すい)のどうでしょう?」
東京都内の居酒屋・大衆酒場・古典酒場・立ち飲み・センベロ酒場を飲み巡るブログ

<東海>
立飲み人生劇場
更新が停止していて残念だけど名古屋の魅力的な立ち飲み、角打ちできる酒屋の情報が

<関西>
「日本全国B級グルメぐるぐる紀行」
関西各地の味のある酒場を詳しく紹介してくれる指針になる情報量
「関西女のプチ日記」
他のどこにも載ってないような素敵なディープ飲み屋情報満載の関西酒場ガイダンス
「やまでらのぶらりグルメ&ぶらり日記」
行きたくなる飲み屋がたくさん紹介されてる関西飲み屋巡りの強い味方
「カンクロが行く」
大阪府のローカルなとこまで行く。日記のような数行のセンテンスに静逸なセンスを感じる
「関西安酒場」
更新が止まっているようで残念。バス路線沿いの酒屋などまで簡潔ながら貴重な情報

<九州>
「黒崎~小倉@北九州の居酒屋&BARを制覇せよ!」
ネット上に情報の少ない北九州の酒場を紹介してくれる有り難いサイト

このブログをリンクに追加する
リンクフリーでございます(^ヮ^)

【広告】Advertisement