これって横浜名物だよねというサンマーメンを初めて食べた「大沢屋」横浜市中区

2015年の12月06日、俺は横浜市にいた。
飲み屋巡りのため関東へ飛んで3日目、早朝の新橋からスタートして横浜まで流れて飲み歩いていた。

飲むことが目的の旅ではあるが、ちょっと横浜の名物料理など食っておきたい気持ちもあった。
せっかく横浜へ、ずいぶん久しぶりに来たし。
横浜といえば中華街という発想が普通かもしれないが、それはもう大昔に経験しているので今回はスルー。
未経験の横浜ローカルっぽい食べもの、サンマーメンというものを食ってみよう。
横浜でしか食えないっぽいよねサンマーメン。

横浜橋商店街界隈から黄金町駅近くのホテルにいったん戻る道すがら、サンマーメンが食えそうな店を探してみる。
「大沢屋」という、良さげな中華そば屋があった。

大沢屋

うん、サンマーメンあるようだ。
そして観光客向けな気配はぜんぜんなくて、これはリアルな地元の味が期待できる。

大沢屋

店内で品書きを見ると、ほぼ麺類一本といった潔いメニュー構成で期待が高まる。
サンマーメンは550円か、安いね。
観光価格ではなくて好感度高いね。

大沢屋

初めてのサンマーメン。
素朴、という第一印象。

サンマーメンというものがどういうものか確とは知らなかったが、少なくともサンマは乗ってないくらいの知識はあった。
ただネーミングの響きから“酸麻麺”という字面を連想し、酸っぱく痺れる辛さの麺かな、なんて想像はしていた。
違ったね。
醤油味のスープで炒めた野菜の餡かけで、なんか穏やかな味のホッとするものだったよ。
連日飲み歩いて疲弊しているであろう胃に、とても優しく感じたよ。

いいじゃん、サンマーメン。
そんなに個性のあるご当地グルメっていうものではなく、インパクトに乏しいと言えなくもないが、素朴で優しい味だからこそ実際に地元で愛されてるんだろうという風にも感じる。
満足して、ホテルで昼寝した。

【広告】Advertisement


↓「食べログ」での店舗情報

大沢屋ラーメン / 阪東橋駅黄金町駅日ノ出町駅

関連記事

コメント

非公開コメント

最近書いた記事


カテゴリ

プロフィール

どうも、割った鍋です。
食べたり飲んだり、飲んだり。
九州在住、大阪常駐。

大衆酒場、立ち飲み屋、酒屋の角打ちが好きです。

重度の喫煙者であり、昼酒を好むという、社会的にちょっとアレなオッサン。

2014年9月24日開設


割った鍋へのメールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブログ内検索