熊本で一番好きなラーメンは水前寺「味乃文化城」のラーメンだ

ラーメンにも流行り廃り、トレンドがあるよねぇ。

だが、そんなもの何処吹く風のラーメンが好きだ。

観光案内ムックとかグルメ誌とか、テレビなんかには登場しないし、自分のリアル周囲で“あのラーメン好き”と言う人間も見当たらないラーメン屋が水前寺にある。
それが「味乃文化城」だ。

味乃文化城:外観

どんな店なのか、2012年1月に『食べログ』に投稿した記事を再編引用する。

==以下、引用==
此処のラーメンが、この店が好きだ。
ラーメンが好きで、豚骨とか醤油とか塩とか、博多とか久留米とかいろいろ好きだが、熊本ラーメンでは此処が一番好きだ。

ラーメンも時々の流行があって、たとえば“横浜家系”とか“ダブルスープ”とか“二郎リスペクト”などが話題になったりするのだが、そういうのとは関係ない地平で、ウチはこういう味ですよってな感じのラーメンを出している店。
ものすごく濃厚コッテリでも、背脂がドッカリ、というものでもない。
昔から変わらず、のラーメン。
それは逆に言えば、ラーメンマニアにとっては時代に取り残されたものだと感じられるかもしれない。
スープは熱々でなかったりするし、麺も茹で過ぎじゃないかと思われるだろう。
だが、それが好きなんだ。
ラーメンなんてのは四の五の言って食うもんじゃない。

文化ラーメンというメニューは380円。
とても安い。
いまどきの800円だか900円だかするラーメンってナンなの、と思う価格。
熊本ラーメンはおおむね600円が平均価格かなと思っているが、ぶっちぎりで安い。
この安さは、素晴らしい。
安くて、美味しい。
これ以上の良いことはない。

外観、店内とも古びて、くたびれている。
オバーサンが一人でやっている。
仕事ぶりは、ノンビリだ。
キレイでオサレな店で若くキビキビしたスタッフが…というものを望む人には憤慨ものかもしれない。
だが、そんなもんどうでもいいわ。
たかがラーメン食うのにあれこれ望むな、と思う。

たかがラーメン。
自分は所詮、そう思う。
そう思うからこそ、華美で過剰な装飾やウンチクや話題性や宣伝戦略や勘違いした店主の思い込みなんかをブッ飛ばして、素朴に余計なことをせず実直にラーメンを食わせる店を愛おしく思う。
此処が、そういう店だ。

ところで、特製大盛ラーメンの画像をtwitterにアップしたら、関東や東海の知人に“うわぁ~w”とひかれた事がある。
確かに、ローストしたニンニクチップが豪快にバラ撒かれている画面は、強烈だよね。
で、実際に県外からの友人を連れてって文化ラーメンをすすめたら、すこぶる好評だった。
これが熊本ラーメンだと、県外の人に知ってもらうのに良いと思っている。
観光で熊本に来られる方にも、此処のラーメンをオススメしたい。

ちなみに、年が明けてから(2012年)店先の赤い暖簾が出てないのを何度か目撃していて、あら病気とかで休んでるのかしらんと心配になっていた。
先日、暖簾が出てないまま店に入ってみたら、普通に営業していた。
オバーサンに訊いてみると、暖簾を出してなくてもやっているとのこと、暖簾を出しそびれたまま閉店まで営業しちゃうこともある、と。
営業はだいたい12時から18時までだそうだ。
が、経験上、12時台の早めに行くと、まだ開店準備に追われていることもある。
いわゆるアイドルタイムに店を閉めないので、昼下がり、夕方の中途半端な時間帯にラーメン食えて助かる。
ついでに言うと中途半端な時間帯に行くと、常連客が店内のテレビをボンヤリとオバーサンと一緒に見てたり、競輪帰りのオッサンがビールや焼酎を飲んでたりで、初めて訪れる人はたじろぐかもしれない。
==引用ここまで==

どういうラーメン屋で、どういうラーメンを出し、どうして俺は好きなのか伝わっただろうか。
正直なところ味のみを純粋に評価して…ではなく、店の佇まい・オバーサン含めての、好きなラーメン屋ということになる。
でも、それが俺には大事なんだよね。
ただ単に味が良ければ好きになるってもんじゃない。
美味しいと感じるのと、その店を好きと思うかは、別のことなんだ。

もっとも最近に行ったのは2014年10月15日。
食べたのは文化ラーメン380円也。

味乃文化城:ラーメン

うん、変わってない。

味乃文化城:麺

麺のやわさも、変わってない。

『食べログ』に投稿した記事のなかで競輪帰りのオッサンが酒飲んで、と言及しているが、競輪はしないが俺も飲むことがある。
瓶ビールは一番搾り。

味乃文化城:ビール

ビールのアテに、餃子、なんてことのないスーパーで買ったような餃子。

味乃文化城:ビールと餃子

酒のアテはホワイトボードに、ホルモンとか冷奴とかも書いてあった気がする。

店内、カウンターはこんな感じ、雑然。

味乃文化城:店内

店というより、家? みたいな小上がりもある。

味乃文化城:小上がり

なんだかもう、様々なファクターが俺には魅力があって、このラーメン屋が好きなんだよ。

JR水前寺駅から近く、隣に駐車場の広いセブンイレブンができて、場所的には見つけ易いと思う。
住所的には熊本県熊本市中央区水前寺1-10-7、Google Mapで確認ください。
ふらりと、昼下がりにでも行ってみて欲しいなと思うラーメン屋です。
関連記事

コメント

非公開コメント

最近書いた記事


カテゴリ


プロフィール

どうも、割った鍋です。
食べたり飲んだり、飲んだり。
九州在住、大阪常駐。

大衆酒場、立ち飲み屋、酒屋の角打ちが好きです。

重度の喫煙者であり、昼酒を好むという、社会的にちょっとアレなオッサン。

2014年9月24日開設


割った鍋へのメールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブログ内検索


リンク

各地の飲み屋情報を発信しているサイトをリンクさせてもらってます

<全国>
「立ち呑み@酒店」
全国の酒屋の角打ち、立ち飲み屋についての情報がエリア別に掲載されている
「激渋食堂メモ」
日本あちこちに今も残る、渋くて味わい深い大衆食堂を地域別に紹介しているサイト

<関東>
「居酒屋礼賛」
東京の情報には限らないのだが都内の味のある酒場の情報が豊富で魅惑的かつ地域別インデックス便利
「酔(すい)のどうでしょう?」
東京都内の居酒屋・大衆酒場・古典酒場・立ち飲み・センベロ酒場を飲み巡るブログ

<東海>
立飲み人生劇場
更新が停止していて残念だけど名古屋の魅力的な立ち飲み、角打ちできる酒屋の情報が

<関西>
「日本全国B級グルメぐるぐる紀行」
関西各地の味のある酒場を詳しく紹介してくれる指針になる情報量
「関西女のプチ日記」
他のどこにも載ってないような素敵なディープ飲み屋情報満載の関西酒場ガイダンス
「やまでらのぶらりグルメ&ぶらり日記」
行きたくなる飲み屋がたくさん紹介されてる関西飲み屋巡りの強い味方
「カンクロが行く」
大阪府のローカルなとこまで行く。日記のような数行のセンテンスに静逸なセンスを感じる
「関西安酒場」
更新が止まっているようで残念。バス路線沿いの酒屋などまで簡潔ながら貴重な情報

<九州>
「黒崎~小倉@北九州の居酒屋&BARを制覇せよ!」
ネット上に情報の少ない北九州の酒場を紹介してくれる有り難いサイト

このブログをリンクに追加する
リンクフリーでございます(^ヮ^)

【広告】Advertisement