ブルーライン阪東橋駅界隈の酒屋を徘徊「田原屋酒店」で楽しく角打ち横浜市南区

2015年12月6日、朝は新橋にいて昼前には横浜にいた。
横浜市交通局ブルーライン(市営地下鉄ですな)の駅に「阪東橋」というのがあって、その界隈には角打ちできる酒屋が何軒かあるということで機会があれば行ってみたいと思っていたのだ。
機会は来た。

目的の酒屋が集まっているのは駅チカではなく、駅の東南歩いてちょっとな辺り。
その辺りに行く道すがら、商店街を通ってみた。

田原屋酒店

「横浜橋通商店街」っていうんだね。
ガヤガヤと楽しい、そう規模は大きくないのも濃縮されてる感じがする良い感じの商店街だねぇ。
庶民的で、またチャイニーズやコリアンな店もちらほら目立つ、コンテンツてんこ盛りって様相もあるね。

商店街を通り抜け、頭上に都市高速が走る広い道路を渡って、少し入り組んだ住宅地の中に目的の酒屋を見つけた。

田原屋酒店

「田原屋酒店」。
なんだか懐かしさを感じてしまう佇まいだ、と思いつつ同時に、この外観では角打ちできるのかどうか判んないなぁとも思った。
もっとも、ネットで事前に情報を拾ってはいるんだ、角打ちできるって。
とはいえネットには古くて更新されないままの情報というのも溢れていて、とくにタイムスタンプのないテキストには信頼性を疑っておくべきものも少なくない。
というようなことを、店の前まで来ておいて考え込んでも意味がないので、ずんずんと店先へ近づくのだ。

田原屋酒店

店先の台の上に、いきなり灰皿が置いてあって重度喫煙者の俺に嬉しい。
だが待て、外に灰皿が設置されてるってことは店内は禁煙ってことだろう、それはそれとして店内を覗き込んでみても角打ちカウンターのようなものは見当たらないんだが。

と、覗き込んで逡巡していても意味がないので、ずかずか店内へ入るのだ。
オッチャン店主がいて、ここで飲めるかと訊くと、あっちで、と。
そう言ったオッチャン店主が指差すほうを見ると、ああ角打ちコーナーがあるじゃん。
店に入って右手は小売りスペース、左手が角打ちコーナーってわけだ。
それらは仕切られているので、いったん外に出て、最初は気づかなかった角打ちコーナーへの入り口から入りなおす。

田原屋酒店

飲み屋のカウンターは、だいたい厨房とか店主の側が囲まれる形になっているよね。
でも、ここは逆で、客がカウンターに囲まれているような感じ。
まぁ、古い大衆酒場や立ち飲み屋ではたまにあるよね、逆コの字形のカウンターってやつね。
ここは囲まれてる空間が狭くて、なんだか飲んだくれが隔離されてると想像してみると面白い。

田原屋酒店

さて角打ちコーナーと小売りスペースは仕切られているので、客が自分で酒やアテを手に取ることはできない。
オッチャン店主にビールを注文した。

田原屋酒店

黒ラベルの350ml缶。
黒ラベルもいいよねぇ。

オッチャン店主は話し好きで、先客の地元オッチャン客も交えて、たまたまこの日に開催されてた福岡マラソンの話しなんかをしつつビールを飲んだ。
俺はスポーツ全般にぜんぜん興味がないんだけど、マラソンのコースになってる街のことなど話す。

田原屋酒店

古くから地元に根付いてる酒屋って感じで、それでいて一見の他所者である俺にも敷居が低かった。
こういう、町場の気取らない酒屋での角打ちってのは、やっぱいいもんだ。
こういう酒屋が横浜にもあるんあだなぁと知れて、横浜へ足を運んだことが報われて嬉しいって感じた。

↓「食べログ」での店舗情報

田原屋酒店その他 / 阪東橋駅伊勢佐木長者町駅黄金町駅

関連記事

コメント

非公開コメント

最近書いた記事


カテゴリ


プロフィール

どうも、割った鍋です。
食べたり飲んだり、飲んだり。
九州在住、大阪常駐。

大衆酒場、立ち飲み屋、酒屋の角打ちが好きです。

重度の喫煙者であり、昼酒を好むという、社会的にちょっとアレなオッサン。

2014年9月24日開設


割った鍋へのメールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブログ内検索


リンク

各地の飲み屋情報を発信しているサイトをリンクさせてもらってます

<全国>
「立ち呑み@酒店」
全国の酒屋の角打ち、立ち飲み屋についての情報がエリア別に掲載されている
「激渋食堂メモ」
日本あちこちに今も残る、渋くて味わい深い大衆食堂を地域別に紹介しているサイト

<関東>
「居酒屋礼賛」
東京の情報には限らないのだが都内の味のある酒場の情報が豊富で魅惑的かつ地域別インデックス便利
「酔(すい)のどうでしょう?」
東京都内の居酒屋・大衆酒場・古典酒場・立ち飲み・センベロ酒場を飲み巡るブログ

<東海>
立飲み人生劇場
更新が停止していて残念だけど名古屋の魅力的な立ち飲み、角打ちできる酒屋の情報が

<関西>
「日本全国B級グルメぐるぐる紀行」
関西各地の味のある酒場を詳しく紹介してくれる指針になる情報量
「関西女のプチ日記」
他のどこにも載ってないような素敵なディープ飲み屋情報満載の関西酒場ガイダンス
「やまでらのぶらりグルメ&ぶらり日記」
行きたくなる飲み屋がたくさん紹介されてる関西飲み屋巡りの強い味方
「カンクロが行く」
大阪府のローカルなとこまで行く。日記のような数行のセンテンスに静逸なセンスを感じる
「関西安酒場」
更新が止まっているようで残念。バス路線沿いの酒屋などまで簡潔ながら貴重な情報

<九州>
「黒崎~小倉@北九州の居酒屋&BARを制覇せよ!」
ネット上に情報の少ない北九州の酒場を紹介してくれる有り難いサイト

このブログをリンクに追加する
リンクフリーでございます(^ヮ^)

【広告】Advertisement