鶯谷が素敵だったから大森の「信濃路」にも行ってみた東京都大田区

2015年12月6日、俺は東京都大田区にいた。
大田区ってだいぶ久しぶり、かなり昔に蒲田で酒を飲んだなぁ。

で、今回はなぜに大田区へ来たかというと、鶯谷の「信濃路」って飲み屋がダラっとしてて素晴らしいなぁと思ったんだよ2015年の初夏に東京飲み歩きをしたときに。
その「信濃路」には大森店もあるんだと知って、それは行ってみねばなるまいと思ったわけで、大田区大森。

駅を出て、だいたいの見当をつけて歩き出した。
がっつりGoogleMapsを見ながら目的地を目指してもいいのだが、初めての町では、まずアバウトに歩き回りたい。

信濃路 大森店

ほう、なんか良さげな小路があるな。
駅前の通りから、ちょいと下っての飲食店街か、こういう光景に思わず出会うのが楽しい。

信濃路 大森店

残念ながら、この時間帯(朝の8時台だった)に開いてる店はないが、寂れてそうでいて可愛さも感じる小路だね。

ひとしきりウロウロして、目的地へ。
「信濃路」は駅前の通りにあった。

信濃路 大森店

正直、そこだと気づかず一度通り過ぎてしまった。
鶯谷の店舗外観を思い浮かべながら探していたせいか、大森店の店先があまりにメシ屋然としていると感じて、ここではないなと思ってしまったんだね。

信濃路 大森店信濃路 大森店

あー、朝早くからやってるメシ屋があるなー、くらいに思って通り過ぎちゃった。
いま改めて画像を見るとメシが安いなぁ、撮った時点ではぜんぜん腹は減ってなかったが。

さて店内へ。
厨房を囲むようにカウンター席があり、厨房スペースが広めで客のスペースは狭め。
空いてる時間帯だったので、だいぶ奥の方のテレビが見える席に着く。
鶯谷ではトマトチューハイ飲んだっけと思い出し、ここでも同じものを。

信濃路 大森店

なんだか朝に似つかわしいヘルシーな飲み物ような気がするが、そんなことはないね酒飲んでるんだもの。
鶯谷ではトマトジュース缶がそのまま出た記憶だが、ここではチューハイとして調合されたものが出てきた。

信濃路 大森店

アテにポテトサラダを。
薄味だったので塩を振って。

うーん、なんかいまひとつだったな。
鶯谷のほうが素晴らし過ぎて、それと同等のものを求めて期待が先行し過ぎたようだ。
朝からメシ食いながら飲める24時間営業の店として、ここも十分に素敵な店だと思うんだけど、プラスアルファを求めちゃったんだな。

このあと、存在だけは昔から知ってる「キネカ大森」って映画館を眺めてから、赤い電車に乗るために大森海岸駅を目指しました。
朝飲みは、まだ続く。

↓「食べログ」での店舗情報

信濃路 大森店定食・食堂 / 大森駅大森海岸駅

コメント

非公開コメント

最近書いた記事


カテゴリ


プロフィール

どうも、割った鍋です。
食べたり飲んだり、飲んだり。
九州在住、大阪常駐。

大衆酒場、立ち飲み屋、酒屋の角打ちが好きです。

重度の喫煙者であり、昼酒を好むという、社会的にちょっとアレなオッサン。

2014年9月24日開設


割った鍋へのメールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブログ内検索


リンク

各地の飲み屋情報を発信しているサイトをリンクさせてもらってます

<全国>
「立ち呑み@酒店」
全国の酒屋の角打ち、立ち飲み屋についての情報がエリア別に掲載されている
「激渋食堂メモ」
日本あちこちに今も残る、渋くて味わい深い大衆食堂を地域別に紹介しているサイト

<関東>
「居酒屋礼賛」
東京の情報には限らないのだが都内の味のある酒場の情報が豊富で魅惑的かつ地域別インデックス便利
「酔(すい)のどうでしょう?」
東京都内の居酒屋・大衆酒場・古典酒場・立ち飲み・センベロ酒場を飲み巡るブログ

<東海>
立飲み人生劇場
更新が停止していて残念だけど名古屋の魅力的な立ち飲み、角打ちできる酒屋の情報が

<関西>
「日本全国B級グルメぐるぐる紀行」
関西各地の味のある酒場を詳しく紹介してくれる指針になる情報量
「関西女のプチ日記」
他のどこにも載ってないような素敵なディープ飲み屋情報満載の関西酒場ガイダンス
「やまでらのぶらりグルメ&ぶらり日記」
行きたくなる飲み屋がたくさん紹介されてる関西飲み屋巡りの強い味方
「カンクロが行く」
大阪府のローカルなとこまで行く。日記のような数行のセンテンスに静逸なセンスを感じる
「関西安酒場」
更新が止まっているようで残念。バス路線沿いの酒屋などまで簡潔ながら貴重な情報

<九州>
「黒崎~小倉@北九州の居酒屋&BARを制覇せよ!」
ネット上に情報の少ない北九州の酒場を紹介してくれる有り難いサイト

このブログをリンクに追加する
リンクフリーでございます(^ヮ^)

【広告】Advertisement