養巴コープの奥にある隠れ家的ロケーションのバー「PiNON BAR」で寛いだ福岡市大名

福岡市の中央区でいちばん賑やかで栄えているのは天神で、隣接する大名はどうにも若者の街って先入観があって、オッサンである俺には近寄りがたい部分はある。
とはいえ、けっこう古い町並みや狭い路地も残るエリアで、ウロウロ探し回ってみると穴場っぽい飲み屋もあったりするのだ。

養巴コープ、という古いアパートがある。
昔は居住オンリーだったが、リノベーションってやつで飲食店が何軒か入居していて、知る人ぞ知るというノリがあるように感じる。
いや、知る人ぞ知るってよりもっと普通に知られてるかもしれないね。
俺はタウン誌とかローカル情報番組に触れることがないので知らないが、福岡の若者のあいだで有名なのかもしれない。
でも、同じような性格のリノベーション企画もの物件なのかと思える博多区上川端の冷泉荘の事は知ってたが、こちらの大名の養巴コープのことは俺は知らなかった。
だから、通りすがりに“おや面白そう?”と思って、フラリと。

PiNON BAR

アパート入口に入居してる飲食店の案内がいくつかあって、その中の「PiNON BAR」の看板に惹かれた。
“このアパートの奥でBARやってます。”って書いてあって、ああ良いね、と。

PiNON BAR

話は横道に逸れるが、俺は今では大衆酒場や立ち飲み屋、角打ちできる酒屋が大好きなんだけども、若い頃はもっぱらバーが好きだった。
そして若気の至りってやつか、よく知られているバーよりも知る人ぞ知るって店で飲んでるマニアックな俺カッコイイなんてことに歓びを感じていたのよね。
その頃の感覚を、「PiNON BAR」の看板を見て思い出した。

で、さらに話は逸れるんだけど福岡市では今泉のインペックス通りから入り込んだところにあった? 「貴流」だったかな? とかって森の中の一軒家みたいなバーとか、黒門にあった? 古いアパート改装のイタリアンな感じのバー「樋口」とか(それらは今でもあるのかどうか知らない)、昔は所在情報とかを公開してなかった住吉のアパート改装バー「空蝉」など、そういう店に行くことが好きだったし、そういうとこ知ってる俺カコイイと思っちゃってたんだよねー。

そういうの好きだったな、という自分的ノスタルジーもあってか、「PiNON BAR」の看板と養巴コープ自体に惹かれたってわけなのよ。
だいぶ横道に逸れましたが、まぁそういうわけなんですよ。

PiNON BAR

さて、アパートの奥ですよとの案内に従い、共用部分の廊下を進む。

PiNON BAR

曲がる。

PiNON BAR

進む、と突き当りが目的地のバーだ。

PiNON BAR

駐輪スペースが見えたので、このまま進むとアパートの外に出ちゃうんじゃないかと思ったが、店があった。
店というか、エントランスは小さな個人住宅みたいな“お帰りなさい”感があるね。

辿り着いて、さっそくビールだ。

PiNON BAR

キリンやサッポロはなかったので、ギネス。
たまにはいいね、ギネス。

店は、なんだか手作り感のある、温かみがあって落ち着く雰囲気。

PiNON BARPiNON BAR

隠れ家バーって雰囲気だし、地方の小さな旅館のロビーみたいな空気もあるかな。
柔らかいオレンジの光に包まれてて、和む。

PiNON BAR

バックバーには、正直あんまり酒がない。
その一方で、メシはしっかりとしたものが食えるようだ。
なんつーの、ダイニングバーって感じなのかな、こういうの。

PiNON BAR

メシを食いたい気分ではなかったが、なにかつまもうとメニューを眺めた。
ふむ、炙りピスタチオ?
それはどういうものなのかマスターに訊くと、殻のままピスタチオを炙ったものです、と。
それは……炙りたてのピスタチオの殻は熱々で、殻を剥こうとすると指が火傷するのではと言うと、火傷しない程度に炙ります、と。
炙ってもらった。

PiNON BAR

カラカラと炙るというか煎られたのかな、いい感じに焦げ目のついたピスタチオは、火傷しない温度だった。
うん、香ばしくて良かったよ。

先客が一人あったんだけど先に帰って、一人になっちゃったんでマスターと会話など。
若くて穏やかな感じのマスターは、ここの前に赤坂のバーで働いていて、独立して今に至るとのこと。
大名や赤坂のオススメのバーを訊いたり、なぜか麺類の話をしたりして過ごす。
気負いを感じないナチュラルな接客で、心地よく過ごせたね。

PiNON BAR

ウイスキーは品揃えがそんなにはないから、あるものを飲んだ。
なんだったっけ、メーカーズマークだったかな。
幾つかの銘柄を挙げたら無くって、消去法で選んだのでちゃんと覚えてないや。

そんなこんなで、酒を飲みに行くってより気分を楽しみに行く店としては嫌いじゃないかな。
特定の銘柄の酒が飲みたい時には、品揃えの豊富なバーに行けばいい。
なんかちょっと、柄にもなくホッコリしたい気分のときがあったら、また立ち寄るかもしれないな。

このあと、同じ養巴コープ内にある別の店を紹介されて、そちらに流れてみた。

↓「食べログ」での店舗情報

PiNON Barダイニングバー / 赤坂駅西鉄福岡駅(天神)薬院大通駅

関連記事

コメント

非公開コメント

最近書いた記事


カテゴリ


プロフィール

どうも、割った鍋です。
食べたり飲んだり、飲んだり。
九州在住、大阪常駐。

大衆酒場、立ち飲み屋、酒屋の角打ちが好きです。

重度の喫煙者であり、昼酒を好むという、社会的にちょっとアレなオッサン。

2014年9月24日開設


割った鍋へのメールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブログ内検索


リンク

各地の飲み屋情報を発信しているサイトをリンクさせてもらってます

<全国>
「立ち呑み@酒店」
全国の酒屋の角打ち、立ち飲み屋についての情報がエリア別に掲載されている
「激渋食堂メモ」
日本あちこちに今も残る、渋くて味わい深い大衆食堂を地域別に紹介しているサイト

<関東>
「居酒屋礼賛」
東京の情報には限らないのだが都内の味のある酒場の情報が豊富で魅惑的かつ地域別インデックス便利
「酔(すい)のどうでしょう?」
東京都内の居酒屋・大衆酒場・古典酒場・立ち飲み・センベロ酒場を飲み巡るブログ

<東海>
立飲み人生劇場
更新が停止していて残念だけど名古屋の魅力的な立ち飲み、角打ちできる酒屋の情報が

<関西>
「日本全国B級グルメぐるぐる紀行」
関西各地の味のある酒場を詳しく紹介してくれる指針になる情報量
「関西女のプチ日記」
他のどこにも載ってないような素敵なディープ飲み屋情報満載の関西酒場ガイダンス
「やまでらのぶらりグルメ&ぶらり日記」
行きたくなる飲み屋がたくさん紹介されてる関西飲み屋巡りの強い味方
「カンクロが行く」
大阪府のローカルなとこまで行く。日記のような数行のセンテンスに静逸なセンスを感じる
「関西安酒場」
更新が止まっているようで残念。バス路線沿いの酒屋などまで簡潔ながら貴重な情報

<九州>
「黒崎~小倉@北九州の居酒屋&BARを制覇せよ!」
ネット上に情報の少ない北九州の酒場を紹介してくれる有り難いサイト

このブログをリンクに追加する
リンクフリーでございます(^ヮ^)

【広告】Advertisement