ラーメン290円という看板を見かけたなら素通りはできないわな「唐木屋」福岡市六本松

やっぱ福岡、ラーメン屋の層が厚いよなぁ。
たかがラーメンに800円みたいな価格設定をするファッキンな店もあれば、すごく安い値段で提供している店もある。

安さでは、店を閉められた野間の「勝龍軒」の100円は別格例外として、290円で提供している「はかたや」、同系列で280円の「膳」に勝るものはないと思っていた。
だが六本松に「はかたや」と同額の290円でラーメン出してる店があったんだねぇ。

唐木屋
「唐木屋」という店。
たまたま通りがかって看板が目に止まり、おお「はかたや」と同じ値段じゃん! と驚いた。

唐木屋

興味は、「はかたや」と同じくらいに俺が好きになるラーメンだろーか、という点である。
さっそく食ってみっかと店へ向かう。
そこで、加えてもう一点、気になるところがあった。

唐木屋

サイドメニューが、ツマミとして店先でアピールされている。
じゃあ飲めるっていうことか。
うむ、とにかく「はかたや」と同額のラーメンがどういうものか気になっているのだが、まずは飲めるなら飲もう。

店に入ると左手にカウンター席の向こうに厨房、右手には壁に面してカウンター席、店の奥に食券マシーン。
ビールの食券を買う際に、店員さんにビールの銘柄を確認すると黒ラベルとのこと。

唐木屋

黒ラベル、いいねぇ。

アテは何にしようか考えるが、まぁ落ち着いて確認すると特に酒のアテという感じではなく、まぁラーメン屋にはこういうサイドメニューあるよねってラインナップではあった。
もう一つ面白みに欠けるなと思いつつ、チャーシューネギ。

唐木屋

うん、でもチャーシューってビールに合うし、250円という価格設定は嬉しいよな。

俺が店に入ったときはノーゲストだったが、後から客がどんどん来てラーメンを食っていて、小ぢんまりした店なのでのんびり酒を飲んでいられる雰囲気じゃなくなる。
まぁ賑わってるのは店にとって良いことだわ。
では俺も飲酒を切り上げて290円のラーメンを食おう。

唐木屋

見た目、茶色いねって感じ。
ちょっと「元祖赤のれん 節ちゃんラーメン」を思い浮かべたが、そういう特徴のあるラーメンでもなかったな。
えー、好き嫌いでいえば、俺の好みじゃないや。
まぁスープがどうのこうの麺がどうのこうのは、290円のラーメンにそういうこと言うのも無粋なんで触れない。

店は大将と、推定東南アジア系男子アルバイトスタッフで切り盛りされていた。
注文が集中したら二人で黙々とこなし、オーダーがさばけたら二人で談笑していた。
そういうの、店の人間が私語をするのはけしからんなんて怒る人もいるのかもしらんが、俺は好きだな。
ま、話題がパチンコや風俗のことだったら不快だが、この先どうすんの日本で? みたいな話してたからね。
店主が従業員を大事にしてて、また雇われてる側も雇用主を信頼してる空気があった。
なんか、店主とスタッフが仲よさそうなのって、微笑ましいじゃん?

そんなこんなで、ラーメンは好みじゃなかったけど店自体はなんか好きかもしれん。

↓「食べログ」での店舗情報

唐木屋 六本松店ラーメン / 六本松駅桜坂駅別府駅

関連記事

コメント

非公開コメント

最近書いた記事


カテゴリ


プロフィール

どうも、割った鍋です。
食べたり飲んだり、飲んだり。
九州在住、大阪常駐。

大衆酒場、立ち飲み屋、酒屋の角打ちが好きです。

重度の喫煙者であり、昼酒を好むという、社会的にちょっとアレなオッサン。

2014年9月24日開設


割った鍋へのメールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブログ内検索


リンク

各地の飲み屋情報を発信しているサイトをリンクさせてもらってます

<全国>
「立ち呑み@酒店」
全国の酒屋の角打ち、立ち飲み屋についての情報がエリア別に掲載されている
「激渋食堂メモ」
日本あちこちに今も残る、渋くて味わい深い大衆食堂を地域別に紹介しているサイト

<関東>
「居酒屋礼賛」
東京の情報には限らないのだが都内の味のある酒場の情報が豊富で魅惑的かつ地域別インデックス便利
「酔(すい)のどうでしょう?」
東京都内の居酒屋・大衆酒場・古典酒場・立ち飲み・センベロ酒場を飲み巡るブログ

<東海>
立飲み人生劇場
更新が停止していて残念だけど名古屋の魅力的な立ち飲み、角打ちできる酒屋の情報が

<関西>
「日本全国B級グルメぐるぐる紀行」
関西各地の味のある酒場を詳しく紹介してくれる指針になる情報量
「関西女のプチ日記」
他のどこにも載ってないような素敵なディープ飲み屋情報満載の関西酒場ガイダンス
「やまでらのぶらりグルメ&ぶらり日記」
行きたくなる飲み屋がたくさん紹介されてる関西飲み屋巡りの強い味方
「カンクロが行く」
大阪府のローカルなとこまで行く。日記のような数行のセンテンスに静逸なセンスを感じる
「関西安酒場」
更新が止まっているようで残念。バス路線沿いの酒屋などまで簡潔ながら貴重な情報

<九州>
「黒崎~小倉@北九州の居酒屋&BARを制覇せよ!」
ネット上に情報の少ない北九州の酒場を紹介してくれる有り難いサイト

このブログをリンクに追加する
リンクフリーでございます(^ヮ^)

【広告】Advertisement