腰を落ち着けて料理を楽しみながら昼酒をするのに良い土日祝15時から福岡市警固「満月堂」

郵便受けに開店を知らせるフライヤーが入っていて機会を得たら行こうと思っていた「満月堂」。
行こうと思ったのはフライヤー持参でワンドリンクサービス、というのに釣られて。
そういうのに飛びつくのよね。

それから、なかなかタイミングが合わずにいたんだけど、たまたま期せずして店の前を通りすがって、ああ此処かと所在を確認。
そして土日祝は15時に開店すると看板に告知してあるのに目が止まった。
おお、昼酒できるんなら、なおのこと行かねばなるまい。

満月堂

そんなこんなで改めて、日曜の昼下がりに立ち寄った。

満月堂

店先で昼飲みできることがアピールされていて、好感度大。
ではさっそく店内へ、と思ったが迂闊にもワンドリンクサービスのフライヤーを持参するのを忘れてた。
ま、それでもいいやと思ったが、店先のブリキのバケツにフライヤーが盛ってあるのに気づいた。
そこから一枚いただいて店内へ。

満月堂

本格的な厨房を囲むウッディなカウンター席に着き、いま店先でフライヤーを頂戴したのだがワンドリンクサービスは適用されるか訊くと、いいですよと快諾してくれた。
ありがたく、まず生ビールを一杯。

満月堂

さてアテはどうしようかと品書きを眺める。
品書きは何枚かに分かれていて、筍がアピールされているのにも惹かれたが、おでん推しの店のようなので、やっぱおでんかな。

満月堂

ちょっと一仕事、というネタが気になって水菜の豚肉巻きというのを注文してみた。
それから、ちくわぶ。
九州では珍しいなと思って。
ちくわぶをきっかけに、店主は東京の人ですかと訊くお客さんは東京の人ですかと訊かれるも、どちらも九州人でした。

満月堂

こちらが水菜の豚肉巻き。
とろろ昆布が添えられ、スープがすごく美味しい。
とろろ昆布とスープだけで酒が飲めると感じるほど。

満月堂

ちくわぶにも、とろろ昆布とスープたっぷり。
おでんを注文する毎に、とろろ昆布とスープが増えていき、それで延々と酒が飲めそうな勢い。

おでんは大鍋でグツグツ煮られていてそこから、というものではなかった。
ある程度の下ごしらえがされたものを、注文毎に仕上げて出すというスタイル。
だから大衆酒場の大鍋おでんのようにスピーディに提供されないし、気楽ではない。
だがその分、美味しい。
立派な一品料理としてのおでん、という系統ね。

ところで、お通しも出ている。
野菜だ。

満月堂満月堂

清廉な野菜で、黒人参や茗荷やと、種類も豊富で量も多い。
これを味噌で(普通の味噌じゃなく……なんだったか忘れたが一仕事加えられたもの)で食う。
茗荷がねぇ、ああこれから季節は初夏へと向かうねぇと過ぎる季節を惜しみつつも来る季節に想いを馳せさせたね。

もう生ビールはサッサと飲み干していたので、ポン酒をいただいた。
で、気分良く飲んでたら、やっぱ筍が食いたくなって、焼いてもらうよう注文。

満月堂

待つことしばらくで、美味しそうな筍が。
良い色合いだなぁ。
硬い皮は食えないので、柔らかいとこだけ味噌か塩でいただく。

満月堂

筍うまいな。
なかなか贅沢な気分になったよ。

この店は、フラっと立ち寄って安く昼酒をって店ではないな、そういうのが俺は好きだけど。
気持ちに余裕があるとき、ちょっと良い時間を味わいたいなって場面で使いたい店だね。
こういう店を知っていると豊かになるなぁ、という店です。

↓「食べログ」での店舗情報

満月堂 警固店居酒屋 / 赤坂駅薬院大通駅桜坂駅

関連記事

コメント

非公開コメント

最近書いた記事


カテゴリ


プロフィール

どうも、割った鍋です。
食べたり飲んだり、飲んだり。
九州在住、大阪常駐。

大衆酒場、立ち飲み屋、酒屋の角打ちが好きです。

重度の喫煙者であり、昼酒を好むという、社会的にちょっとアレなオッサン。

2014年9月24日開設


割った鍋へのメールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブログ内検索


リンク

各地の飲み屋情報を発信しているサイトをリンクさせてもらってます

<全国>
「立ち呑み@酒店」
全国の酒屋の角打ち、立ち飲み屋についての情報がエリア別に掲載されている
「激渋食堂メモ」
日本あちこちに今も残る、渋くて味わい深い大衆食堂を地域別に紹介しているサイト

<関東>
「居酒屋礼賛」
東京の情報には限らないのだが都内の味のある酒場の情報が豊富で魅惑的かつ地域別インデックス便利
「酔(すい)のどうでしょう?」
東京都内の居酒屋・大衆酒場・古典酒場・立ち飲み・センベロ酒場を飲み巡るブログ

<東海>
立飲み人生劇場
更新が停止していて残念だけど名古屋の魅力的な立ち飲み、角打ちできる酒屋の情報が

<関西>
「日本全国B級グルメぐるぐる紀行」
関西各地の味のある酒場を詳しく紹介してくれる指針になる情報量
「関西女のプチ日記」
他のどこにも載ってないような素敵なディープ飲み屋情報満載の関西酒場ガイダンス
「やまでらのぶらりグルメ&ぶらり日記」
行きたくなる飲み屋がたくさん紹介されてる関西飲み屋巡りの強い味方
「カンクロが行く」
大阪府のローカルなとこまで行く。日記のような数行のセンテンスに静逸なセンスを感じる
「関西安酒場」
更新が止まっているようで残念。バス路線沿いの酒屋などまで簡潔ながら貴重な情報

<九州>
「黒崎~小倉@北九州の居酒屋&BARを制覇せよ!」
ネット上に情報の少ない北九州の酒場を紹介してくれる有り難いサイト

このブログをリンクに追加する
リンクフリーでございます(^ヮ^)

【広告】Advertisement