福岡市博多区住吉の住宅地の角にひっそり「遠近(おちこち)」でじんわりポン酒を

博多区の住吉、キャナルシティや住吉神社があるエリアじゃなく、住吉通りをまたいだ4丁目、5丁目。
その辺りは、ゲイバーが林立する狭い通りがあって深夜から明け方まで賑やかだが、ゲイバー密集地帯から少し外れると昔ながらの個人住宅やアパートや小さめのワンルームマンションが寄り集まってる住宅街のイメージがある。
夜は暗くて、静かなもんだ。

そんな暗い路地の角に、赤い提灯を下げた飲み屋がある。

遠近

「遠近」という店。
提灯には平仮名表記で“おちこち”とあるが、住所を確かめるためネットで情報を拾ってたら漢字表記が正式っぽい。

遠近

この店の場所は、今まで何度か業態変更や店主が変わったりして喫茶店だったりカフェだったりバルだったりしたのを見てきた。
そして現在の「遠近」は、以前に住吉の「マルショク」の向かいでバーをやっていたが店をたたんで別の業種で仕事をしていた店主が場所を移して飲食業を再開した店なのだという情報を得ていた。
その店主とは顔馴染みであるので、久しぶりに顔を見に立ち寄ったのだ。

心地よい小ささの店舗で、手作り感も感じる内装。
カウンター席に座り、久しぶりに顔を見る店主が元気でそうでなによりと喜びつつ、まずビールを注文。
さてアテはどうしようかとメニューを眺める。

遠近

メニューを撮った画像、暗くて見にくくて申し訳ないが、400円前後で気の利いたアテがあるのがわかってもらえるかなぁ。
ちょっと一手間を加えて、酒が進みそうな一品があるんだよね。

店先の提灯に屋号と一緒に“酒の場”って書いてあったんだけど、酒場ってほど酒も料理もたくさんあってワイワイ賑やかって店じゃないけど、じんわり酒を味わってもらえる場ですよ、みたいなスタンスを感じる。

遠近

ラー油クリームチーズ400円也を注文した。
ま、特に凝った品ではないんだが、ラー油とクリームチーズの組み合わせは酒をぐいぐい飲みたくなる相性の良さ。
手の込んだ料理ではなく手軽にアイデアで楽しむってところが、気安く酒を楽しめるって感じがあって好きだな。

ポン酒をいただく。

遠近

ラー油クリームチーズとポン酒ってのも、合いますなぁ。
良い気分で、じんわり酒を楽しんだ。

「遠近」福岡市博多区住吉4−12−1

関連記事

コメント

非公開コメント

最近書いた記事


カテゴリ


プロフィール

どうも、割った鍋です。
食べたり飲んだり、飲んだり。
九州在住、大阪常駐。

大衆酒場、立ち飲み屋、酒屋の角打ちが好きです。

重度の喫煙者であり、昼酒を好むという、社会的にちょっとアレなオッサン。

2014年9月24日開設


割った鍋へのメールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブログ内検索


リンク

各地の飲み屋情報を発信しているサイトをリンクさせてもらってます

<全国>
「立ち呑み@酒店」
全国の酒屋の角打ち、立ち飲み屋についての情報がエリア別に掲載されている
「激渋食堂メモ」
日本あちこちに今も残る、渋くて味わい深い大衆食堂を地域別に紹介しているサイト

<関東>
「居酒屋礼賛」
東京の情報には限らないのだが都内の味のある酒場の情報が豊富で魅惑的かつ地域別インデックス便利
「酔(すい)のどうでしょう?」
東京都内の居酒屋・大衆酒場・古典酒場・立ち飲み・センベロ酒場を飲み巡るブログ

<東海>
立飲み人生劇場
更新が停止していて残念だけど名古屋の魅力的な立ち飲み、角打ちできる酒屋の情報が

<関西>
「日本全国B級グルメぐるぐる紀行」
関西各地の味のある酒場を詳しく紹介してくれる指針になる情報量
「関西女のプチ日記」
他のどこにも載ってないような素敵なディープ飲み屋情報満載の関西酒場ガイダンス
「やまでらのぶらりグルメ&ぶらり日記」
行きたくなる飲み屋がたくさん紹介されてる関西飲み屋巡りの強い味方
「カンクロが行く」
大阪府のローカルなとこまで行く。日記のような数行のセンテンスに静逸なセンスを感じる
「関西安酒場」
更新が止まっているようで残念。バス路線沿いの酒屋などまで簡潔ながら貴重な情報

<九州>
「黒崎~小倉@北九州の居酒屋&BARを制覇せよ!」
ネット上に情報の少ない北九州の酒場を紹介してくれる有り難いサイト

このブログをリンクに追加する
リンクフリーでございます(^ヮ^)

【広告】Advertisement