福岡で餃子といえば「旭軒」なかでも福岡市中央区春吉「旭軒 春吉店」が好き

そういうわけなんですよ、福岡で餃子といえば「旭軒」なんですよ。
まぁ「テムジン」とか「鉄なべ」のほうが知名度は高いのかなって思うけどもね、俺にとっては「旭軒」なんだな。
で、「旭軒」も店舗がいくつかあって、その全部に行ったわけでもないんだが、俺は春吉店が一番好きだなぁ。

まず、その佇まいがね。
春吉は、もう出店する隙間もないんじゃないかってほどに飲食店ができまくって、かつて(10数年前)“あの辺は暗いし治安悪いしラブホしかない”ってイメージだったのが一変しているわけだが。
それでも今なお暗い路地にひっそりと「旭軒 春吉店」はある。

旭軒 春吉店:外観

それだけでもう、俺には魅力的なんだな。
でまぁ、小振りで二人前サクっと食えちゃう餃子の味も良いんだが、古びた店構えで古びた女性……バーチャンとオバチャンが二人三脚でやってて、昔から古びた女性だったが今も変わらず古びているのが、なんか良い。
逆に、変わらないって老けてないってことか。

旭軒 春吉店:酒

店に入ると、まず焼餃子を注文して、次にビール。
キリンラガー瓶があって嬉しい。

そして餃子が焼けるまで、カウンター上に用意されている手羽先をつまむのが通例となっているようでございます。
ただ俺はあんまり手羽先って好きじゃないので(食うのがメンドくさいから)スルー。

狭い店内は、狭い厨房を囲むようにカウンター6席くらい?
オバチャンは餃子が良い具合に焼けるのを待つ間、テレビに釘付けである。
それはもう、これこそが“釘付け”というものだなぁと感心するほどに、テレビを食い入るように見てテレビに相づちをうったりしている。
それでも、餃子の焼け具合はしっかり監督しているので、これも感心。

旭軒 春吉店:料理

上の画像は焼餃子二人前。
なんなら三人前くらい軽く食えそうだよね。
一人前400円、キャベツが添えられるのが地味に嬉しい。

この店には餃子(焼 or 揚)と手羽先しかない。
なので、ゆっくり腰を落ち着けて酒を飲むのには向かない店だ。
なにより狭いし客は多いので長居はできない。
たまにフラっと立ち寄って餃子をサクっと食って店を出る、束の間を楽しむ店って感じだね。
注文がさばけるとバーチャンとオバチャンがテレビを見ながら餃子を仕込む様子を眺めるのも楽しいよ。

久しぶりに寄ったら表の置き看板に食べログのステッカーが貼ってあって、なんだか時流に乗ってるようで少し笑ったが、他は相変わらず昔から変わってないなぁって嬉しくなった。

↓「食べログ」での店舗情報

旭軒 春吉店餃子 / 渡辺通駅天神南駅薬院駅

関連記事

コメント

非公開コメント

最近書いた記事


カテゴリ


プロフィール

どうも、割った鍋です。
食べたり飲んだり、飲んだり。
九州在住、大阪常駐。

大衆酒場、立ち飲み屋、酒屋の角打ちが好きです。

重度の喫煙者であり、昼酒を好むという、社会的にちょっとアレなオッサン。

2014年9月24日開設


割った鍋へのメールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブログ内検索


リンク

各地の飲み屋情報を発信しているサイトをリンクさせてもらってます

<全国>
「立ち呑み@酒店」
全国の酒屋の角打ち、立ち飲み屋についての情報がエリア別に掲載されている
「激渋食堂メモ」
日本あちこちに今も残る、渋くて味わい深い大衆食堂を地域別に紹介しているサイト

<関東>
「居酒屋礼賛」
東京の情報には限らないのだが都内の味のある酒場の情報が豊富で魅惑的かつ地域別インデックス便利
「酔(すい)のどうでしょう?」
東京都内の居酒屋・大衆酒場・古典酒場・立ち飲み・センベロ酒場を飲み巡るブログ

<東海>
立飲み人生劇場
更新が停止していて残念だけど名古屋の魅力的な立ち飲み、角打ちできる酒屋の情報が

<関西>
「日本全国B級グルメぐるぐる紀行」
関西各地の味のある酒場を詳しく紹介してくれる指針になる情報量
「関西女のプチ日記」
他のどこにも載ってないような素敵なディープ飲み屋情報満載の関西酒場ガイダンス
「やまでらのぶらりグルメ&ぶらり日記」
行きたくなる飲み屋がたくさん紹介されてる関西飲み屋巡りの強い味方
「カンクロが行く」
大阪府のローカルなとこまで行く。日記のような数行のセンテンスに静逸なセンスを感じる
「関西安酒場」
更新が止まっているようで残念。バス路線沿いの酒屋などまで簡潔ながら貴重な情報

<九州>
「黒崎~小倉@北九州の居酒屋&BARを制覇せよ!」
ネット上に情報の少ない北九州の酒場を紹介してくれる有り難いサイト

このブログをリンクに追加する
リンクフリーでございます(^ヮ^)

【広告】Advertisement