“安いがいち番”ってポリシーが素敵だね神田須田町「あさひ」

神田に、“良心的な店”という冠の付いた妙な飲み屋があるようだと、興味本位で行ってみた。
住所的には神田須田町、駅だと淡路町のほうが近いかなって感じの「あさひ」という店。

なんかね、良心的とか、優しさ、まごころ、癒し……とか、そういうの嫌いなんだけどね、特に自らそういうフレーズを打ち出してくるっていうのは気持ち悪いと感じるんだけど。

あさひ:外観

実際に店の前まで行ってみると、俺の嫌いな気持ち悪さの予感は払拭された。
なんだ、怪しげな店じゃん。
こういう感じは、好き。
まぁ確かに入り口の目立つところに“良心的な店”ってアピールしてあるが、それより大きく“安いがいち番”って掲げてあるのが良いじゃない。

あさひ:メニュー

良心的なのは、値段ってことなのね。
うん、安いじゃん。
なんだか品名の表記が妙だが、とにかく音引きが嫌いなのかな、いや5文字までに収めたいのかな、いやどうなんだろうな法則性がよくわからないが、まぁいいや。

あさひ:酒

まずハイボール、150円という安さだが立派にジョッキで出てきた。
うむ、良心的だ。

あさひ:料理あさひ:料理

アテに、チズオムレツ300円也と、ソセジ揚200円也を注文。
トロトロのプレーンなオムレツは美味しかったが、費用対効果的にはソーセージ揚げのほうが嬉しいね。
天ぷらとフリッターの中間みたいな感じに揚げられた魚肉ソーセージは、チープだが楽しい一品。

ほぼ開店時刻ジャストに立ち寄ったので先客はなく、店内を見渡すとフィギュアや、妙なプラモデル群が。

あさひ:店内あさひ:店内

なんだこりゃ店主がプラモ好きなのかと思ったが、制作者の名前らしきものが添えられているので、どうやら常連客の自慢のプラモが陳列されているのか?
店主に訊いてみようと思ったが、すぐに後客が次々に訪れたので訊けず。

なんかまぁ。ゆるい店で良いんじゃないかな。
だいぶ夜の深い時間になると、プラモ好きが集うような店なんだろうか。
もし職場の近くにあるとしたら、仕事帰りに週1くらいで寄るかもしれないなぁって店でした。

ちなみに俺も高校や大学の頃はプラモが好きだったが、歳とったら集中力と持続力がなくなってプラモとか作れんわ。

↓「食べログ」での店舗情報

あさひ居酒屋 / 淡路町駅小川町駅神田駅

関連記事

コメント

非公開コメント

最近書いた記事


カテゴリ


プロフィール

どうも、割った鍋です。
食べたり飲んだり、飲んだり。
九州在住、大阪常駐。

大衆酒場、立ち飲み屋、酒屋の角打ちが好きです。

重度の喫煙者であり、昼酒を好むという、社会的にちょっとアレなオッサン。

2014年9月24日開設


割った鍋へのメールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブログ内検索


リンク

各地の飲み屋情報を発信しているサイトをリンクさせてもらってます

<全国>
「立ち呑み@酒店」
全国の酒屋の角打ち、立ち飲み屋についての情報がエリア別に掲載されている
「激渋食堂メモ」
日本あちこちに今も残る、渋くて味わい深い大衆食堂を地域別に紹介しているサイト

<関東>
「居酒屋礼賛」
東京の情報には限らないのだが都内の味のある酒場の情報が豊富で魅惑的かつ地域別インデックス便利
「酔(すい)のどうでしょう?」
東京都内の居酒屋・大衆酒場・古典酒場・立ち飲み・センベロ酒場を飲み巡るブログ

<東海>
立飲み人生劇場
更新が停止していて残念だけど名古屋の魅力的な立ち飲み、角打ちできる酒屋の情報が

<関西>
「日本全国B級グルメぐるぐる紀行」
関西各地の味のある酒場を詳しく紹介してくれる指針になる情報量
「関西女のプチ日記」
他のどこにも載ってないような素敵なディープ飲み屋情報満載の関西酒場ガイダンス
「やまでらのぶらりグルメ&ぶらり日記」
行きたくなる飲み屋がたくさん紹介されてる関西飲み屋巡りの強い味方
「カンクロが行く」
大阪府のローカルなとこまで行く。日記のような数行のセンテンスに静逸なセンスを感じる
「関西安酒場」
更新が止まっているようで残念。バス路線沿いの酒屋などまで簡潔ながら貴重な情報

<九州>
「黒崎~小倉@北九州の居酒屋&BARを制覇せよ!」
ネット上に情報の少ない北九州の酒場を紹介してくれる有り難いサイト

このブログをリンクに追加する
リンクフリーでございます(^ヮ^)

【広告】Advertisement