庶民そば好きの俺が有名な老舗の蕎麦屋に行ってみた「かんだやぶそば」

俺は、そば好きだ。
日常的にコンスタントにしばしば食っている。
俺が如何に頻繁にそばを食っているかは、個人的twitterアカウントのつぶやきを参照いただければ、なるほどと理解いただけることと思う(そのアカウントをここで公開してないので説得力がまるでない)。

にしても、そば好きレベルは低い。
どういうことかというと、漢字で“蕎麦”と書き表すのは憚られるほどのレベルの“そば”ばかり食っているということだ。
外では立ち食いレベルの、またスーパーで安く売ってる乾麺を家で、といった安っぽいものばかり食っている。
そういうレベルの“そば”が好きなんだよね。

そんな俺だが、東京に飲み屋巡りに来て神田に居たから、ここはひとつ酔狂で、名のある老舗で“蕎麦”を食ってみようじゃないか、と思った。

かんだやぶそば:外観

「かんだやぶそば」。
江戸三大蕎麦、日本蕎麦の三大系統“更科”、“藪”、“砂場”のうちのひとつ“薮”系統の名店として有名なのよね。

かんだやぶそば:外観

有名な老舗なんてものに行くっていう経験値が乏しい俺なので、なんだか店構えに気後れする。
創業の1880年からの店舗は2013年に火事で焼け、建て替えられた現在の建物なのだが風格は感じる……というか、単純に高級そうな外観だから単純に気後れするとも言える。

かんだやぶそば:メニューかんだやぶそば:メニュー

とはいえ、実際そこまで高くはないんだよね、せいろうそば670円だもん。
地方都市のなんてこたぁない有名でもない店で、もりそば800円なんて価格設定のところもある。
しかし、そば前は、べらぼうに高いと感じるよ俺には。
せっかく有名な蕎麦屋に来てるんだから酒とそば前をと思っていたが、やきのり580円、かまぼこ670円とかって、ちょっと敷居が高過ぎて注文できねぇわ。
それになんだか、お上品そうな客層なもんで酒を注文するのが場違いなような気も、しないではなかった。

かんだやぶそば:料理

そんなこんなで、せいろう単品で注文。
で、こっから話は端折るけども(えっ、こっからの件を飲食系ブログで端折るのか!?)、まぁなんつーか、それほど俺にとって感動のあるものでも有り難いものでもなかった。

そりゃあ、まずかぁない。
でもね、俺はずっと庶民レベルの“そば”で構わないなと思った。
東京に来てるんだから、ということでいえば「富士そば」行っときゃいいんじゃね、っていうね。

と言って、金輪際もう老舗とか有名な蕎麦の店に行きたくないってわけではない。
実は、「神田まつや」行きたかったんだよ、このとき。
でも行列があって、「かんだやぶそば」に行った帰りにもやっぱり行列があって、パスしたのだった、のだ。
今度の機会には、並んでも「神田まつや」に行きたいと思う。

↓「食べログ」での店舗情報

かんだやぶそばそば(蕎麦) / 淡路町駅新御茶ノ水駅小川町駅

関連記事

コメント

非公開コメント

最近書いた記事


カテゴリ


プロフィール

どうも、割った鍋です。
食べたり飲んだり、飲んだり。
九州在住、大阪常駐。

大衆酒場、立ち飲み屋、酒屋の角打ちが好きです。

重度の喫煙者であり、昼酒を好むという、社会的にちょっとアレなオッサン。

2014年9月24日開設


割った鍋へのメールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブログ内検索


リンク

各地の飲み屋情報を発信しているサイトをリンクさせてもらってます

<全国>
「立ち呑み@酒店」
全国の酒屋の角打ち、立ち飲み屋についての情報がエリア別に掲載されている
「激渋食堂メモ」
日本あちこちに今も残る、渋くて味わい深い大衆食堂を地域別に紹介しているサイト

<関東>
「居酒屋礼賛」
東京の情報には限らないのだが都内の味のある酒場の情報が豊富で魅惑的かつ地域別インデックス便利
「酔(すい)のどうでしょう?」
東京都内の居酒屋・大衆酒場・古典酒場・立ち飲み・センベロ酒場を飲み巡るブログ

<東海>
立飲み人生劇場
更新が停止していて残念だけど名古屋の魅力的な立ち飲み、角打ちできる酒屋の情報が

<関西>
「日本全国B級グルメぐるぐる紀行」
関西各地の味のある酒場を詳しく紹介してくれる指針になる情報量
「関西女のプチ日記」
他のどこにも載ってないような素敵なディープ飲み屋情報満載の関西酒場ガイダンス
「やまでらのぶらりグルメ&ぶらり日記」
行きたくなる飲み屋がたくさん紹介されてる関西飲み屋巡りの強い味方
「カンクロが行く」
大阪府のローカルなとこまで行く。日記のような数行のセンテンスに静逸なセンスを感じる
「関西安酒場」
更新が止まっているようで残念。バス路線沿いの酒屋などまで簡潔ながら貴重な情報

<九州>
「黒崎~小倉@北九州の居酒屋&BARを制覇せよ!」
ネット上に情報の少ない北九州の酒場を紹介してくれる有り難いサイト

このブログをリンクに追加する
リンクフリーでございます(^ヮ^)

【広告】Advertisement