新御徒町駅最寄り「兼古酒店」は地域の人の生活と繋がった酒屋と感じた

御徒町酒屋巡り、その2軒目。
新御徒町駅の至近ながら落ち着いた通りに、ひっそりと「兼古酒店」。

兼古酒店:外観

角打ちができるようだと事前に情報を拾っていたわけだが、それがなければ外観からは飲めるかどうか判らないな。
と思ったが、店先から中を窺うとカウンターが見えた。

兼古酒店:外観

事前情報がなくっても、カウンターが誂えてあれば飲めそうな判断基準になるので、そう躊躇せず入れるのよね。
常連さんらしき、というか近所の常連に違いないという何人かが先客として角打っていた。
安心して俺もカウンターの空いたスペースにお邪魔し、先客の会話を小耳に挟んでみる。
あら、赤霧島がどうの、という話題で、九州の乙類焼酎って本当に全国区で好まれてるのねって実感する。
ほんの10数年前は、関東の人間は甲類焼酎に胡瓜をいれて飲む人々だと認識してたんだけどね。
ま、どっちにしろ俺は焼酎には興味はないんだけどね。

兼古酒店:店内

上品で愛想の良い女将さんに、関東の日本酒は飲めますかと訊いてみた。
関東ではなく北陸、新潟県の「極上吉乃川」をお勧めしてるんですとのことで、ではそれを。

兼古酒店:酒兼古酒店:酒

一杯350円、美味しくいただきました。

先客の常連諸氏はサラリーマンという風ではなく、それは俺が立ち寄ったのが16時台で仕事帰りに一杯って時間帯じゃなかっただろうが、ご近所の人たちのようだった。
そして、角打ちをしに来たというのもあるだろうけど、酒の小売店として買いに来たついで、という感じ。
身近な個人商店を利用する、地域の繋がりみたいなものが垣間見えたな。
酒を買って、誰々さんに贈っといてという配送込みの注文とかしてたなぁ。
日常の中にある酒屋という感じで、良いなぁと感じた。
もっとも、家で飲む酒はディスカウントストアなどで買う俺には、良いなぁと感じる資格はないかもしれないんだが。

しばらくして店主が店に出て、ちょっとアウェイ感を感じてしまった。
女将さんや常連さんとは会話してたんだが、店主はちょっと会話できない余所よそしさを感じた……のだが、ただシャイなだけだったかもね。
ただ単に、怪しいオッサンだなスルーしとこ、と思われただけかもしれないけどね。

地域の生活に繋がってる酒屋って感じ、そういうのは、田舎よりむしろ都会で感じるものなんだなぁと思った。
田舎ほど、ショッピングモールでしか買い物しない風潮がある、ような気がする。
いや違うか、それは、中途半端な地方都市のケースかな。
都会と田舎じゃ、個人商店は生活の中にあるんだよね。

「兼古酒店」東京都台東区台東4-20-9

関連記事

コメント

非公開コメント

最近書いた記事


カテゴリ


プロフィール

どうも、割った鍋です。
食べたり飲んだり、飲んだり。
九州在住、大阪常駐。

大衆酒場、立ち飲み屋、酒屋の角打ちが好きです。

重度の喫煙者であり、昼酒を好むという、社会的にちょっとアレなオッサン。

2014年9月24日開設


割った鍋へのメールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブログ内検索


リンク

各地の飲み屋情報を発信しているサイトをリンクさせてもらってます

<全国>
「立ち呑み@酒店」
全国の酒屋の角打ち、立ち飲み屋についての情報がエリア別に掲載されている
「激渋食堂メモ」
日本あちこちに今も残る、渋くて味わい深い大衆食堂を地域別に紹介しているサイト

<関東>
「居酒屋礼賛」
東京の情報には限らないのだが都内の味のある酒場の情報が豊富で魅惑的かつ地域別インデックス便利
「酔(すい)のどうでしょう?」
東京都内の居酒屋・大衆酒場・古典酒場・立ち飲み・センベロ酒場を飲み巡るブログ

<東海>
立飲み人生劇場
更新が停止していて残念だけど名古屋の魅力的な立ち飲み、角打ちできる酒屋の情報が

<関西>
「日本全国B級グルメぐるぐる紀行」
関西各地の味のある酒場を詳しく紹介してくれる指針になる情報量
「関西女のプチ日記」
他のどこにも載ってないような素敵なディープ飲み屋情報満載の関西酒場ガイダンス
「やまでらのぶらりグルメ&ぶらり日記」
行きたくなる飲み屋がたくさん紹介されてる関西飲み屋巡りの強い味方
「カンクロが行く」
大阪府のローカルなとこまで行く。日記のような数行のセンテンスに静逸なセンスを感じる
「関西安酒場」
更新が止まっているようで残念。バス路線沿いの酒屋などまで簡潔ながら貴重な情報

<九州>
「黒崎~小倉@北九州の居酒屋&BARを制覇せよ!」
ネット上に情報の少ない北九州の酒場を紹介してくれる有り難いサイト

このブログをリンクに追加する
リンクフリーでございます(^ヮ^)

【広告】Advertisement