熊本市中央区クラブ通「ちょい酒」その名の通りポン酒をチョイスして飲める

とても久しぶりに熊本市の繁華街を歩いていたら、なんか新しい飲み屋ができてるなと。

ちょい酒:外観

ちょいしゅ? ちょいさけ?
ちょいす、と読む。

ちょい酒:外観

ポン酒が揃う店か。
焼酎ばっか飲むオッサンが多い熊本にあっては、珍しいコンセプトだな。
ちょっと立ち寄ってみようと思った。

店内は小ぢんまり、カウンターと、壁に向いたテーブルが少し。
スツールが用意されおり立ち飲みではないが、カウンターは立ったほうが良い按配の高さなので立つ。
ラフな格好の若めの男性店主が一人で運営しており、俺が立ち寄ったときは先客なし。

ちょい酒:店内

カウンターの向こうの冷蔵ショーケースにポン酒がぎっしり。
なかなか揃ってるなーって感じ。
獺祭が何種かあるのが目にとまったので、注文。

ちょい酒:酒ちょい酒:酒

獺祭は3種あって、磨き三割九分をもらった。
これは一杯500円で、他に300円、400円のものも。

ちょい酒:店内

最も安いラインは300円で、つまり一杯300円から好きなポン酒をチョイスして飲めるわけだね。
チャージ料などは、ない。

ちょい酒:メニュー

どの酒を飲めばいいか……と迷うようなら銘柄ごとにコメントを添えてあるメニューを見ると良い。
このメニューは、とても気が利いてるなと感心した。

俺は注文しなかったが、なにかアテも用意されてたと思う。

この店、17時から29時までやってるそうで。
なんでそんな明け方までやってんのと訊くと、この辺は夜の街だから、と。
飲食業の人間が、店を閉めてから寄るそうで、なるほどねと納得。
だが俺としては、こういう店は昼から開けて欲しいんだが、店主もそれは考えてはいるが昼間の人通りが少なくて無理っぽいと思っているそうだ。
そうだなぁ、熊本市民は飲酒文化において未成熟ってーかレベルが低くて昼酒も楽しめねぇ奴が多いもんな。
どうせ多人数で群れて、飲み食べ放題個室居酒屋みたいなとこでしか飲めねぇ幼稚な奴ばかりって感じだしな。
プアな熊本市民が成長して、この店が昼から開けるようになることを願うよ。

↓「食べログ」での店舗情報

ちょい酒バー / 熊本城・市役所前駅花畑町駅通町筋駅

関連記事

コメント

非公開コメント

最近書いた記事


カテゴリ


プロフィール

どうも、割った鍋です。
食べたり飲んだり、飲んだり。
九州在住、大阪常駐。

大衆酒場、立ち飲み屋、酒屋の角打ちが好きです。

重度の喫煙者であり、昼酒を好むという、社会的にちょっとアレなオッサン。

2014年9月24日開設


割った鍋へのメールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブログ内検索


リンク

各地の飲み屋情報を発信しているサイトをリンクさせてもらってます

<全国>
「立ち呑み@酒店」
全国の酒屋の角打ち、立ち飲み屋についての情報がエリア別に掲載されている
「激渋食堂メモ」
日本あちこちに今も残る、渋くて味わい深い大衆食堂を地域別に紹介しているサイト

<関東>
「居酒屋礼賛」
東京の情報には限らないのだが都内の味のある酒場の情報が豊富で魅惑的かつ地域別インデックス便利
「酔(すい)のどうでしょう?」
東京都内の居酒屋・大衆酒場・古典酒場・立ち飲み・センベロ酒場を飲み巡るブログ

<東海>
立飲み人生劇場
更新が停止していて残念だけど名古屋の魅力的な立ち飲み、角打ちできる酒屋の情報が

<関西>
「日本全国B級グルメぐるぐる紀行」
関西各地の味のある酒場を詳しく紹介してくれる指針になる情報量
「関西女のプチ日記」
他のどこにも載ってないような素敵なディープ飲み屋情報満載の関西酒場ガイダンス
「やまでらのぶらりグルメ&ぶらり日記」
行きたくなる飲み屋がたくさん紹介されてる関西飲み屋巡りの強い味方
「カンクロが行く」
大阪府のローカルなとこまで行く。日記のような数行のセンテンスに静逸なセンスを感じる
「関西安酒場」
更新が止まっているようで残念。バス路線沿いの酒屋などまで簡潔ながら貴重な情報

<九州>
「黒崎~小倉@北九州の居酒屋&BARを制覇せよ!」
ネット上に情報の少ない北九州の酒場を紹介してくれる有り難いサイト

このブログをリンクに追加する
リンクフリーでございます(^ヮ^)

【広告】Advertisement