地元青年団の集まりかよって飲み会に紛れ込んだ感じ「加賀屋 山本留三郎商店」

大曽根駅を起点としての酒屋巡り、4軒目に「加賀屋 山本留三郎商店」。
しかし大曽根駅からけっこう離れたな、徒歩で25分という距離だ(GoogleMap調べ)。
ま、ハシゴして飲みながらの移動だから、実際のところ移動距離はそんなに気にならないんだけどね。

最寄り駅は名鉄瀬戸線の尼ケ坂駅ということになる、大杉3丁目の小さな公園の脇にあって“昔ながらの!”という威厳さえ感じる外観の酒屋だ。

加賀屋 山本留三郎商店:外観

この酒屋は、どうやら角打ちできるようだという情報をネットで拾ってはいたが、明確に角打ちできますという複数の情報があったというわけではなく、まぁ飲めるかもしれないし飲めないかもしれないって気分で立ち寄った。

加賀屋 山本留三郎商店:外観

実際に店の前まで辿り着いたら、いやいや飲めるだろうって思ったね。
この佇まいは、飲めるだろう。
そう確信して店内へと足を踏み入れました。

そしたら、なんだか予想と違って。
店頭での小売りより飲食店とかへの配達がメインかなっていう倉庫っぽい雑然と薄暗い店内で。
で、そこそこ広い空間のちょっと奥に、応接室みたいにテーブルと椅子が置かれていて。
そこで、何人かの男達が集っており、どうやら酒を飲んでいるようだった。

あれ?
角打ち……じゃなくて関係者の皆さんによる内輪の酒宴?
つーか、雰囲気的にこれって地元の青年団の飲み会みたいな?
っていう。

あらららら……場違いなところに紛れ込んじゃったかなって少し狼狽しつつも、いやでもせっかく結構な距離を歩いてここまで来たし(さっきは移動距離はそんなに気にならないとか書いたくせに)、“飲めますか?”と訊いた。
あっさり、どうぞどうぞと迎えられた。

そんなわけで、見知らぬ男達が囲む飲み会の席に加わったのです。
そんで缶ビールなどすすめられたんだけど、これは場のムードに流されて金を払わずに飲んでしまうパターンになっちゃうかもと、それは申し訳ないので何か酒を注文しようと思った。
外の看板には酒造メーカーの渋い看板があったから、地の酒もあるかもしれんと名古屋の酒が飲みたいと所望した。

が、白岳しろ、白波などをすすめられました。
いやいやいや俺、九州から来てるし、わざわざ名古屋で地元の焼酎飲みたくないわwwと辞退した。
というかだいたい、俺は焼酎が苦手で飲まないのよね。

で、店の外の自販機でカップ酒を買ったよwww

加賀屋 山本留三郎商店:酒

カップ酒を片手に、名古屋の飲み屋を巡るために来たこと、酒屋で立ち飲みすることを九州じゃ角打ちって言うんだよ、みたいなことを話しながら地元の皆さんと交流しました。

うん、なんか角打ちしに行ったはずが、地元の人の飲み会に混じりに行ったみたいになったんだ。
それはそれで面白かったけどな(爆笑)。

なんだろうね、この酒屋は角打ちできる店だとカテゴライズして良いのかねw
俺が立ち寄ったのが土曜の昼下がりだったから、たまたま常連がタイミング良く集まっちゃって飲み会みたいな状態になってたのかね。

加賀屋 山本留三郎商店:店内加賀屋 山本留三郎商店:店内

いやー、でも店内も渋くてね、見たことないポスターや看板があって、すごく歴史を感じたし味わい深かったよ。

ちなみに店主と思われる男性は、まだ30代かもって若さで、この古い店舗を武器にして若者にアピールする角打ち営業を推進すると流行るんじゃないかなーって感じだったなぁ。
そうしないのが、良さかもしれないけどね。

面白い店だったなぁ。

「加賀屋 山本留三郎商店」名古屋市北区大杉3-3-17

【広告】Advertisement


関連記事

コメント

非公開コメント

最近書いた記事


カテゴリ


プロフィール

どうも、割った鍋です。
食べたり飲んだり、飲んだり。
九州在住、大阪常駐。

大衆酒場、立ち飲み屋、酒屋の角打ちが好きです。

重度の喫煙者であり、昼酒を好むという、社会的にちょっとアレなオッサン。

2014年9月24日開設


割った鍋へのメールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブログ内検索


リンク

各地の飲み屋情報を発信しているサイトをリンクさせてもらってます

<全国>
「立ち呑み@酒店」
全国の酒屋の角打ち、立ち飲み屋についての情報がエリア別に掲載されている
「激渋食堂メモ」
日本あちこちに今も残る、渋くて味わい深い大衆食堂を地域別に紹介しているサイト

<関東>
「居酒屋礼賛」
東京の情報には限らないのだが都内の味のある酒場の情報が豊富で魅惑的かつ地域別インデックス便利
「酔(すい)のどうでしょう?」
東京都内の居酒屋・大衆酒場・古典酒場・立ち飲み・センベロ酒場を飲み巡るブログ

<東海>
立飲み人生劇場
更新が停止していて残念だけど名古屋の魅力的な立ち飲み、角打ちできる酒屋の情報が

<関西>
「日本全国B級グルメぐるぐる紀行」
関西各地の味のある酒場を詳しく紹介してくれる指針になる情報量
「関西女のプチ日記」
他のどこにも載ってないような素敵なディープ飲み屋情報満載の関西酒場ガイダンス
「やまでらのぶらりグルメ&ぶらり日記」
行きたくなる飲み屋がたくさん紹介されてる関西飲み屋巡りの強い味方
「カンクロが行く」
大阪府のローカルなとこまで行く。日記のような数行のセンテンスに静逸なセンスを感じる
「関西安酒場」
更新が止まっているようで残念。バス路線沿いの酒屋などまで簡潔ながら貴重な情報

<九州>
「黒崎~小倉@北九州の居酒屋&BARを制覇せよ!」
ネット上に情報の少ない北九州の酒場を紹介してくれる有り難いサイト

このブログをリンクに追加する
リンクフリーでございます(^ヮ^)

【広告】Advertisement