外から満席っぷりが窺える京橋の立ち飲み屋「岡室酒店直売所」

京橋から千林大宮まで行って、また京橋に戻った。
酒飲みに人気がある飲み屋を巡ってみようと「岡室酒店直売所」に立ち寄りたいと思ったが満員のようで、ちょっとタイミングをずらそうと思って千林大宮へ行ったのもあるが、どうやらどんなタイミングでもいつも満席って感じのようだな、この立ち飲み屋。

岡室酒店直売所:外観

ここが人気の店だとネットで情報を得る以前にも店の前を通りがかったことはあり、やはり満席だった記憶だ。
満席だから、ネットで知るまでもなく人気だってのはわかるわな。
「七津屋」と同様に09:00から営業のようで、きっと朝っぱらから満席に近いんだろうな。
いつの日か空いているチャンスに……なんてこと言ってたら死ぬまで店に入れない気もして、ガラガラとサッシ戸を開けてみた。
すると、スペースが確保できた。
こういう立ち飲み屋の客ってのは、さすが心得ているなと嬉しくなる。
こういうことは、酒飲み文化が未成熟な土地では起こらないことなのだ。

サッポロラガー中瓶、440円。

岡室酒店直売所:酒

赤星、いいよねぇ。

屋号からすれば酒屋がやってるようだが、角打ちができる酒屋って様子はなくて立ち飲み屋として特化した業態だね。
どこかに小売りやってる店舗もあるのかな。
アテが豊富に調理するものも沢山あって、安く飲み食いできる立ち飲み屋だね。

岡室酒店直売所:店内

壁に掲示されたメニューにはスタッフの似顔絵が添えてあり、あっ似てるなって大将が中心となって運営していた。
その大将、けっこう客とコミュニケーションする接客スタイルのようで、常連イジリの合間にテキパキと作業をして……いや逆か、仕事の合間に常連イジリか。
見知らぬ一見の俺にも話題を振ってくれたり、こちらは立ち飲み初めてみたいな人にも馴染みやすい酒場かもしれない……いや外から見える満席っぷりはビギナーには敷居が高いか。
そうだな、初心者でも飛び込んでしまえばこっちのもん、みたいな酒場かもしれないね。

いろいろ安いし、なんかアテを頼もうと思ったのだが、残念ながら満腹……。
千林大宮で食ったメシが、まるで消化しきれてない。
そういう意味でバッドコンディションだったのが反省点だなぁ、俺のバカ。

また京橋には行くだろうから、改めて立ち寄りたいと思った。

↓「食べログ」での店舗情報

岡室酒店直売所立ち飲み居酒屋・バー / 京橋駅大阪ビジネスパーク駅大阪城北詰駅

関連記事

コメント

非公開コメント

最近書いた記事


カテゴリ


プロフィール

どうも、割った鍋です。
食べたり飲んだり、飲んだり。
九州在住、大阪常駐。

大衆酒場、立ち飲み屋、酒屋の角打ちが好きです。

重度の喫煙者であり、昼酒を好むという、社会的にちょっとアレなオッサン。

2014年9月24日開設


割った鍋へのメールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブログ内検索


リンク

各地の飲み屋情報を発信しているサイトをリンクさせてもらってます

<全国>
「立ち呑み@酒店」
全国の酒屋の角打ち、立ち飲み屋についての情報がエリア別に掲載されている
「激渋食堂メモ」
日本あちこちに今も残る、渋くて味わい深い大衆食堂を地域別に紹介しているサイト

<関東>
「居酒屋礼賛」
東京の情報には限らないのだが都内の味のある酒場の情報が豊富で魅惑的かつ地域別インデックス便利
「酔(すい)のどうでしょう?」
東京都内の居酒屋・大衆酒場・古典酒場・立ち飲み・センベロ酒場を飲み巡るブログ

<東海>
立飲み人生劇場
更新が停止していて残念だけど名古屋の魅力的な立ち飲み、角打ちできる酒屋の情報が

<関西>
「日本全国B級グルメぐるぐる紀行」
関西各地の味のある酒場を詳しく紹介してくれる指針になる情報量
「関西女のプチ日記」
他のどこにも載ってないような素敵なディープ飲み屋情報満載の関西酒場ガイダンス
「やまでらのぶらりグルメ&ぶらり日記」
行きたくなる飲み屋がたくさん紹介されてる関西飲み屋巡りの強い味方
「カンクロが行く」
大阪府のローカルなとこまで行く。日記のような数行のセンテンスに静逸なセンスを感じる
「関西安酒場」
更新が止まっているようで残念。バス路線沿いの酒屋などまで簡潔ながら貴重な情報

<九州>
「黒崎~小倉@北九州の居酒屋&BARを制覇せよ!」
ネット上に情報の少ない北九州の酒場を紹介してくれる有り難いサイト

このブログをリンクに追加する
リンクフリーでございます(^ヮ^)

【広告】Advertisement