本当にひっそりと営業している博多区下呉服町「宮本酒店」で角打ち

屋号と住所と、角打ちができるようだ、という断片情報だけを頼りに下呉服町の酒屋を訪ねた。

宮本酒店:外観

住所の場所へ行ってみたら、確かに酒屋があった「宮本酒店」。
しかしシャッターは閉ざされ、営業している様子ではなかった。

営業時間や店休日といった情報を拾えずに酒屋巡りをすると、行ってみたら開いてないってのはよくあることだ。
またさらに、もう廃業してらっしゃったということもある。
そうやってまた、空振り酒屋巡りしちゃったかなと思いつつ店先に近づいて観察すると……

宮本酒店:外観

おお、“5時開店”との張り紙が。
この張り紙さえ昔に貼られたまま放置され既に廃業しているという可能性もないではないが、一縷の希望と捉えるポジティブシンキング。
このとき16:34、他所の酒屋を巡ってみて17時過ぎに出直すこととした。

宮本酒店:外観

17:43に再訪。
おや……やはりシャッターは降りていて、営業している気配を感じない。
“5時開店”の張り紙があった、上の画像でいうと青い自販機の左の引き戸のドアは施錠されておらず、動いた。
ああ開いてる? と中に入ってみた。

宮本酒店:店内宮本酒店:店内

店内は狭い。
引き戸の幅そのままみたいな横幅と、少しの奥行き。
カップ酒と、魚肉ソーセージやスナック類が陳列されていた。
片側の壁に沿って、詰めれば5人は立てるかなというストレートのカウンターがひとつ。
オバアサンが店番をしていて、カップ酒をひとつ買って立って飲む。

宮本酒店:酒

壁にはいろんな風景写真が飾ってあって、古くて色褪せた航空写真を眺めると昔の福岡の光景だった。

宮本酒店:店内

これサンセルコだよなぁーなどと、写真の中の町並みを眺めて飲むのも楽しい。
オバアサンは、話しかければ応えてくれるが、とくに接客トークをするでもない。
外観でシャッターが降りてる部分は事務所か倉庫になっているのだろうか、壁の向こうになるのだが、そちらからオニーサンも顔を出した。

ひっそりと、営業してる店なんだなぁ。
この日は木曜だったが、週末は常連が集ったりするんだろうか、常連さえ訪れるのは稀なのかもしれないと想像してしまう雰囲気があった。
が、いつ客が来てもいいように開けなきゃと、オバアサンが頑張って開け続けてるのかもしれないなーと、なんだか勝手にドラマを想像してしまうような趣きがあった。

こういう酒屋が、消え往くようで無くならずに残る角打ち文化ってものを、地味に支えているような気がするなー、なんてことを思った。

「宮本酒店」下呉服町6-31 17:00〜たぶん19:00頃には閉まりそう

【広告】Advertisement


関連記事

コメント

非公開コメント

最近書いた記事


カテゴリ


プロフィール

どうも、割った鍋です。
食べたり飲んだり、飲んだり。
九州在住、大阪常駐。

大衆酒場、立ち飲み屋、酒屋の角打ちが好きです。

重度の喫煙者であり、昼酒を好むという、社会的にちょっとアレなオッサン。

2014年9月24日開設


割った鍋へのメールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブログ内検索


リンク

各地の飲み屋情報を発信しているサイトをリンクさせてもらってます

<全国>
「立ち呑み@酒店」
全国の酒屋の角打ち、立ち飲み屋についての情報がエリア別に掲載されている
「激渋食堂メモ」
日本あちこちに今も残る、渋くて味わい深い大衆食堂を地域別に紹介しているサイト

<関東>
「居酒屋礼賛」
東京の情報には限らないのだが都内の味のある酒場の情報が豊富で魅惑的かつ地域別インデックス便利
「酔(すい)のどうでしょう?」
東京都内の居酒屋・大衆酒場・古典酒場・立ち飲み・センベロ酒場を飲み巡るブログ

<東海>
立飲み人生劇場
更新が停止していて残念だけど名古屋の魅力的な立ち飲み、角打ちできる酒屋の情報が

<関西>
「日本全国B級グルメぐるぐる紀行」
関西各地の味のある酒場を詳しく紹介してくれる指針になる情報量
「関西女のプチ日記」
他のどこにも載ってないような素敵なディープ飲み屋情報満載の関西酒場ガイダンス
「やまでらのぶらりグルメ&ぶらり日記」
行きたくなる飲み屋がたくさん紹介されてる関西飲み屋巡りの強い味方
「カンクロが行く」
大阪府のローカルなとこまで行く。日記のような数行のセンテンスに静逸なセンスを感じる
「関西安酒場」
更新が止まっているようで残念。バス路線沿いの酒屋などまで簡潔ながら貴重な情報

<九州>
「黒崎~小倉@北九州の居酒屋&BARを制覇せよ!」
ネット上に情報の少ない北九州の酒場を紹介してくれる有り難いサイト

このブログをリンクに追加する
リンクフリーでございます(^ヮ^)

【広告】Advertisement