南福岡駅から歩いてすぐの角打ちできる酒屋「福岡屋酒屋」で朝からビール

博多駅から在来線で三つ目の南福岡駅へ、雑餉隈へやってまいりましたよ。
難読地名だよね、“ざっしょのくま”って読むんだよ。

博多区は南南東へ細長く伸びて隣の春日市に接しており、その辺りに雑餉隈はあって“ここも博多区なの?”ってほどに遠く感じるんだけど懐かしく庶民な感じの商店街があって住むにはいいのかもねって雰囲気の町ですよ。
で、懐かしく庶民な感じだから角打ちできる酒屋も残っているってことなのよ。

南福岡駅を出ると目の前にロータリーとちょっと広い通りがあるんだが、それをちょいと右に逸れて路地を行くと目的の酒屋が見つかった。

福岡屋酒屋:外観福岡屋酒屋:外観

「福岡屋酒屋」。
店先からちょいと中を覗くと“お酒コーナー”と札が下がっていて、角打ちできるんだと確認できて安心して店内へ。
しかし、そちら側は売り場であって角打ちコーナーとはカウンターで仕切ってあったので、いったん外に出て店舗むかって左の入り口から入り直しましたよ。

福岡屋酒屋:店内

俺が立ち寄ったのは10時台、まだ角打ちしてる客はいなかったがオバチャンが快く迎えてくれた。
角打ちスペースは椅子はなく立ち呑みで、そこそこ広く余裕で10数人は立てそうで、俺には残念なことに禁煙。
カウンターにドンと樽が据えてあって“おっ!”と思ったが、焼酎だったのでスルー。

福岡屋酒屋:店内

角打ちできる酒屋の角打ちでは冷蔵ショーケースから自分でビールとか取り出して飲むシステムがあるが、こちらは売り場と仕切られているから店の人に注文する。
キリンラガー缶をお願いした。

福岡屋酒屋:酒

250円、まぁ端数切り上げ角打ち価格ってところか。
カウンター上の焼酎樽の隣には陳列棚があって、そこにアテが並ぶようだ。
冷やっこ、アジフライなどの値札はあったが品物はまだ並んでいなかった。
夕方、仕事帰りに立ち寄る客が主だそうで、その時間帯にはアテも用意されているのだろう。
雑餉隈には他にも角打ちできる酒屋はあるか訊くと、昔は多かったが今は少なくて、西鉄雑餉隈駅のほうにはあると教えてくれた。

カウンターの端、入り口に近い辺りに古めかしい自動酒かん器が置いてある。
クラシックだが、現役だそうだ。

福岡屋酒屋:店内

駅から近くて、仕事帰りに寄るのにいいだろうね。
きっと夕方には常連で賑わうんだろう。

【広告】Advertisement
  

↓「食べログ」での店舗情報

福岡屋酒屋立ち飲み居酒屋・バー / 南福岡駅雑餉隈駅

関連記事

コメント

非公開コメント

最近書いた記事


カテゴリ


プロフィール

どうも、割った鍋です。
食べたり飲んだり、飲んだり。
九州在住、大阪常駐。

大衆酒場、立ち飲み屋、酒屋の角打ちが好きです。

重度の喫煙者であり、昼酒を好むという、社会的にちょっとアレなオッサン。

2014年9月24日開設


割った鍋へのメールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブログ内検索


リンク

各地の飲み屋情報を発信しているサイトをリンクさせてもらってます

<全国>
「立ち呑み@酒店」
全国の酒屋の角打ち、立ち飲み屋についての情報がエリア別に掲載されている
「激渋食堂メモ」
日本あちこちに今も残る、渋くて味わい深い大衆食堂を地域別に紹介しているサイト

<関東>
「居酒屋礼賛」
東京の情報には限らないのだが都内の味のある酒場の情報が豊富で魅惑的かつ地域別インデックス便利
「酔(すい)のどうでしょう?」
東京都内の居酒屋・大衆酒場・古典酒場・立ち飲み・センベロ酒場を飲み巡るブログ

<東海>
立飲み人生劇場
更新が停止していて残念だけど名古屋の魅力的な立ち飲み、角打ちできる酒屋の情報が

<関西>
「日本全国B級グルメぐるぐる紀行」
関西各地の味のある酒場を詳しく紹介してくれる指針になる情報量
「関西女のプチ日記」
他のどこにも載ってないような素敵なディープ飲み屋情報満載の関西酒場ガイダンス
「やまでらのぶらりグルメ&ぶらり日記」
行きたくなる飲み屋がたくさん紹介されてる関西飲み屋巡りの強い味方
「カンクロが行く」
大阪府のローカルなとこまで行く。日記のような数行のセンテンスに静逸なセンスを感じる
「関西安酒場」
更新が止まっているようで残念。バス路線沿いの酒屋などまで簡潔ながら貴重な情報

<九州>
「黒崎~小倉@北九州の居酒屋&BARを制覇せよ!」
ネット上に情報の少ない北九州の酒場を紹介してくれる有り難いサイト

このブログをリンクに追加する
リンクフリーでございます(^ヮ^)

【広告】Advertisement