久留米市宮ノ陣「鐘ヶ江酒店」で角打ちビール大瓶グビグビ

久留米の六ツ門辺りで角打ちできる酒屋を探していたんだけど、もう見つからないかもって感じでね。
ちょっとエリアを広げて情報を拾ってみたのです。
西鉄久留米駅から福岡方面へ、次の次の駅になる宮の陣へと行ってみた。

甘木方面への乗り換えもある駅だが、そう大きな駅じゃないんだね。
駅を出てみると住宅が多くて、まぁ静かなところのようですわ。
ネットで拾っていた情報を頼りに酒屋を探した。

鐘ヶ江酒店:外観

「鐘ヶ江酒店」。
白と赤のコントラストに月桂冠のロゴが映えてるね。

鐘ヶ江酒店:外観

お、軒先に“お酒コーナー”の札が。
こういう掲示があると、安心して店に入れるよね。

鐘ヶ江酒店:店内

店内はそこそこ広く、角打ちできる立派な木のカウンターが作り付けてある。
大きな冷蔵ケースがあり、そこからビール出して飲めるんだな。
ふむふむ……と思うが店の人は出てこない、何度か声をかけてみるのだが。
俺が立ち寄ったのは平日の16時台、ほかに客はない。
店内には住居スペースに直結しているらしき小上がりっていうか居間のようなスペースがあって、そこで小型犬がワンワン吠えているのだがワンワンは客が来たことのチャイムとして機能してないのか。
しばらくして、奥から女将さんが出てきてくれた。
瓶ビールを手にして角打ちしたい旨を伝えると、快く迎えてくれた。

鐘ヶ江酒店:酒

キリンラガー瓶があって嬉しい。
暑い日で、グビグビとビールがうまい。
大瓶350円、正しく角打ち価格。

女将さんと世間話などする。
あまり角打ちを利用する近所の人って、多くないらしい。
この辺りは住宅街で、店の近隣には立派な戸建ての家が立ち並んでいる。
きちんと近所や町内の付き合いもしてそうなエリアのようで、だからこそ夕方に酒屋の店先で酒を飲んでるのを見かけられたら世間体がちょっとアレだな……って環境なんだろうねぇ。
街中だと、そういうの気にせず済むんだろうけどね。

女将さんは気さくで、通りすがりの見知らぬオッサンである俺も警戒せず接してくれた。
わざわざ他所から角打ちしに来たってのには、やや呆れてたかもしれないが。

道端にある昔からの酒屋の角打ちって感じで、いい店だなと思ったよ。

「鐘ヶ江酒店」久留米市宮ノ陣5丁目7-8 西鉄宮の陣駅から徒歩3分ちょい

【広告】Advertisement
  

関連記事

コメント

非公開コメント

最近書いた記事


カテゴリ

プロフィール

どうも、割った鍋です。
食べたり飲んだり、飲んだり。
九州在住、大阪常駐。

大衆酒場、立ち飲み屋、酒屋の角打ちが好きです。

重度の喫煙者であり、昼酒を好むという、社会的にちょっとアレなオッサン。

2014年9月24日開設


割った鍋へのメールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブログ内検索