昔からやってそうな風情と地域への馴染みっぷり久留米市本町「新屋商店」の角打ち

久留米の本町にある、角打ちをやってる酒屋「新屋商店」。
大衆酒場「古賀久」から近く、西へ小さな川(池町川)を渡って子頭通りに出て、徒歩3分ってところ。

新屋商店:外観

地味な外観だが、店の前まで行くと角打ちをやっていて店内は盛況なんだなと判る。

新屋商店:外観

店頭のカップ焼酎自販機が渋いなぁ。
店は10時からだが、角打ちは16時から。

俺が立ち寄ったのは17時台で、すでに何人かの先客が立って飲んでいた。
後ろを通りますよと先客に声をかけ、狭いんでね、L字形カウンターの奥へと陣取った。
ビールを飲もうとして、冷蔵ケースは入り口近くにあったと気づき、また後ろを通りますよと声をかけつつ横歩きで入り口近くまで行ってビールを取り横歩きで奥まで。

新屋商店:ビール

赤星、いいよねぇ。
角打ちに赤星があると、わかってるねぇと嬉しくなる。

客は見事に地元の仕事帰り風のオッサンばかりで、正しく角打ちの客層だな。
地元密着感はあるが、見知らぬオッサンである俺にアウェイ感はない。

アテは店内で売ってる乾きものや、缶詰など。
いなばのカレー缶も揃っていたな。
隣の先客はツナ缶を、女将さんが皿に盛ってくれてコショーを出してくれていた。
俺はチーズかまぼこを。

新屋商店:料理

暖簾で仕切られた向こう側が酒飯部だろうか、配達が多いのかケースや箱詰めの酒が積まれている様子。

新屋商店:店内

各内側の店内にも棚にいろいろな酒が並ぶ。

新屋商店:店内

並んでいる酒を買って飲んでもいいのだろうが、ウイスキーなどは1本買って飲むのはキツい。
と思ったら、量り売り用にウイスキーが用意されていた。
フェイマス、ジョニ黒、オールドパー、グレンフィディックなど、けっこう豊富に用意されている。
やはりウイスキーが豊富だった「森川酒店」でも感じたが、久留米ってウイスキー立ち飲み需要があるのか?
俺はウイスキーが好きだから有り難いことだ、デュワーズを一杯もらった。

新屋商店:酒

冷えたグラスにワンショット注いでくれるので、ペットボトルの水を買ってチェイサーにしてストレートで飲む。
水は買わなくても出してくれるんだが、買ったほうが気兼ねなくガブガブ飲めるのでいいな。

配達から戻ったのか、大将が現れた。
話好きの大将で、酒屋は60年ほどやってるが角打ちは3年くらいだとか、生ビールを出しているのだが供給システムは大将の手造りであるとか、いろいろ話してくれた。
その手造り生ビール供給システムも見せてくれた。

新屋商店:店内

上の画像の扉の奥、炭酸ガスや冷却のシステムも見せてくれたが、なるほどと感心したね。

大将の話が面白いのでデュワーズをもう一杯。

新屋商店:酒

金色のメジャーカップできっちり計量し、そしてちょっと目分量で注ぎ足してくれる。

この頃には店内満席の様相、2人で来た女の子が常連らしいジーサンに構われていたり、店先に簡易立ちテーブルが出て若者グループが飲んでいたりと盛況。
とても角打ちを始めて数年とは思えない、地域への馴染みっぷり。

赤星、チーズかまぼこ、デュワーズ×2で会計1,020円、うん角打ち価格だ。

ちょっと繁華街から外れているが、賑やかだし角打ちの風情が楽しめる良い酒屋だね。
住所的には久留米市本町3-14、西鉄久留米駅からもJR久留米駅からも同じような距離だな。
角打ち好きには、ぜひおすすめしたい。

↓「食べログ」での店舗情報

新屋商店立ち飲み居酒屋・バー / 花畑駅久留米駅

関連記事

コメント

非公開コメント

最近書いた記事


カテゴリ


プロフィール

どうも、割った鍋です。
食べたり飲んだり、飲んだり。
九州在住、大阪常駐。

大衆酒場、立ち飲み屋、酒屋の角打ちが好きです。

重度の喫煙者であり、昼酒を好むという、社会的にちょっとアレなオッサン。

2014年9月24日開設


割った鍋へのメールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブログ内検索


リンク

各地の飲み屋情報を発信しているサイトをリンクさせてもらってます

<全国>
「立ち呑み@酒店」
全国の酒屋の角打ち、立ち飲み屋についての情報がエリア別に掲載されている
「激渋食堂メモ」
日本あちこちに今も残る、渋くて味わい深い大衆食堂を地域別に紹介しているサイト

<関東>
「居酒屋礼賛」
東京の情報には限らないのだが都内の味のある酒場の情報が豊富で魅惑的かつ地域別インデックス便利
「酔(すい)のどうでしょう?」
東京都内の居酒屋・大衆酒場・古典酒場・立ち飲み・センベロ酒場を飲み巡るブログ

<東海>
立飲み人生劇場
更新が停止していて残念だけど名古屋の魅力的な立ち飲み、角打ちできる酒屋の情報が

<関西>
「日本全国B級グルメぐるぐる紀行」
関西各地の味のある酒場を詳しく紹介してくれる指針になる情報量
「関西女のプチ日記」
他のどこにも載ってないような素敵なディープ飲み屋情報満載の関西酒場ガイダンス
「やまでらのぶらりグルメ&ぶらり日記」
行きたくなる飲み屋がたくさん紹介されてる関西飲み屋巡りの強い味方
「カンクロが行く」
大阪府のローカルなとこまで行く。日記のような数行のセンテンスに静逸なセンスを感じる
「関西安酒場」
更新が止まっているようで残念。バス路線沿いの酒屋などまで簡潔ながら貴重な情報

<九州>
「黒崎~小倉@北九州の居酒屋&BARを制覇せよ!」
ネット上に情報の少ない北九州の酒場を紹介してくれる有り難いサイト

このブログをリンクに追加する
リンクフリーでございます(^ヮ^)

【広告】Advertisement