素っ気ないようでいて気をつかってくれる大牟田の酒屋の角打ち「井ノ口酒店」

<追記:2016年06月26日>
角打ちを辞めるという情報を寄せてくれた方がいたので、気になって行ってみた。

結論から先に書くと、角打ちの形態は辞める。
もっと居酒屋風にする、ということだった。

25日土曜に行ってみると、常連らしき先客が一人。
乾きものではなく、いくつかの小鉢をアテに飲んでいた。
なるほど既に、脱角打ちは進行しているようだ。

井ノ口酒店

とりあえず俺は、ギネスの缶をいただきました。
独り飲みがデフォルトの俺には珍しく、この日は同行者があった。
我々のために先客常連氏が折りたたみ椅子をすすめてくれて、女将が小鉢を出してくれた。

井ノ口酒店

同行のお嬢さん方は、ポン酒をたしなんで。

井ノ口酒店

この店にはテーブル席が2つあり、どちらも予約客のためのセッティングがなされていた。

井ノ口酒店

予約とは別に、3人連れの一見らしい客が飛び込んできたり。

ああ、客がなくて辞めちゃうんじゃないんだなぁ。
そう思えて、安堵したね。
店頭で小売をしてても売り上げは芳しくないから、いっそ角打ちを拡大しようという基本方針での、角打ち廃止ということなんだろう。
それで、立ち飲みやか居酒屋に改装しちゃうってことなんだな。

まぁ、酒屋の角打ちが好きな俺としては、角打ちじゃなくなるのは残念ではある。
しかし、酒屋さんが商売を廃業せずに業態を転換して続けていけるのは、それは幸いなことだ。

昼間に酒の配送は続けるだろうから酒屋であることは変わらないと思う。
酒屋の角打ちが酒屋経営の飲み屋になるんだね。
業態が変わっても地元の人が支持してくれるだろうと、この日の盛況の様子で思った。

角打ちを楽しんでおきたい方は、2016年06月末までに「井ノ口酒店」へ。
角打ちは17時から。

<追記:2016年06月12日>
弊ブログを読んでくださっている方が情報を寄せてくださいました。
この2016年6月末で、角打ちと店頭販売を辞められるそうです、とのこと。
それは残念です、と言うのは無責任な感想ではありますが、残念です。

<初回投稿:2015年06月15日>
大牟田で角打ち。
駅から近いからってこともあり大牟田では年金通りで飲むことが多かったが、やっぱ視野を広げないとな。

大牟田駅前の大きな道路沿いに、ひっそりと酒屋がある。
ゆめタウンへ右折する辺りかな、もうだいぶ大牟田駅より西鉄新栄駅のほうに近いな。

井ノ口酒店:外観

ちょっと注意していないと見落としそうな地味な外観。
古びたテントに屋号が記してあり「井口酒店」ではなく「井ノ口酒店」なんだなと判る。
入り口ドアに“角打ちは5時から”という張り紙あり。

俺が立ち寄ったのは17時ちょっと過ぎ、店に入って左手のカウンターには常連らしきオジイサンが一人、先客として酔っぱらっていた。
カウンター向こうの棚には焼酎、日本酒、ウイスキーが売り物として並んでいる。
右手は大きなガラス天板のテーブルがあり、ガラスの下には木箱にワインが陳列されている。
おお、大きなワインセラーもあるな。

ふーむワインに注力してるみたいね、と思いつつもビールを飲む。

井ノ口酒店:ビール

キリンラガー瓶があって嬉しい。
駄菓子も売ってるので、アテにベビースターのラーメンおつまみピーナツ入り。

井ノ口酒店:アテ

ベビースターを手に取ると開封のためハサミを貸してくれようとしたり、皿を出してくれたり、箱ティッシュをスッと差し出してくれたりと男性店主がいろいろ気をつかってくださる。
にこやかで話好き、というのでは全然ない感じの店主は、だけど優しい人のようだ。

井ノ口酒店:店内

仕切りの向こうの店舗奥は事務スペースのようで、PCのメール着信を知らせる音が何度か聞こえてきたので飲食店からの注文に対応しているのかなと思う。
そちらのスペースでは大女将だろうか、が寛いでいらっしゃった。

カウンター天板は10センチほど厚みがあって頑丈で、立ち飲みで肘をつき安心して体重を預けることができる。
折り畳み椅子が傍に用意されていて、先客のオジイサンは座って飲んでたが俺は立ってるほうが好きだ。
オジイサンは酔って椅子から転げてたので、立ってたほうがいいぜ。

ビールを飲み終え、冷蔵ショーケースを覗き、缶ハイボールを飲むことにした。

井ノ口酒店:ハイボール

缶のままでも良かったが、店主がグラスを出してくれた。
ちなみに都度払いでなく後でまとめての支払いでオーケィ、店主の手元に寝かして置いてあるホワイトボードにマーカーで客ごとの注文したアイテムを記入していくのが見えて、明朗会計ですな。

先客のオジイサンが、黒糖焼酎の四合瓶を1本買った。
量り売りに用意された酒を一杯ずつ注文するのでなく、売ってるアイテムを買って、その場で飲みきれなくてもキープしておいてくれるシステムのようだ。

そんなに話好きではない様子の店主は、訊けばいろいろ答えてくれる。
大牟田に他にも角打ちやってる酒屋はないか訊いたが、ないんじゃないかとのこと。

地元のジイチャンが集って和気あいあいタイプではない、やや素っ気ない感じもある角打ちだが、こういう雰囲気のところが一日の疲れをそっと癒せるって気もするね。

【広告】Advertisement


↓「食べログ」での店舗情報

井口酒店立ち飲み居酒屋・バー / 新栄町駅大牟田駅

関連記事

コメント

残念です...

イノクチさん、平成28年6月末で、角打ちと店頭販売を辞められるそうです。自分のブログで紹介したかったんですが…こちらのブログの方が伝わると思い、カキコしました。
宜しくお願いしますm(_ _)m

東京深呼吸さん、コメントありがとうございます。

なんてこった。
そう思うのも俺の勝手だが、残念に思うのも俺の勝手で。
だがしかし残念です。

大牟田、なかなか行く機会がないのですが、是非いちど伺ってみたいと思います。

先日、「マツコ&有吉の怒り新党」で、日本三大角打ちというのをやっていました。
もしかしたらご存知かもしれませんが。

北九州 高橋酒店
神奈川 新川屋酒店 
東京神田 藤田酒店

が紹介されていました。
紹介者は週刊ポストの人見和生という記者です。
ご参考までに。

verwebung さん、コメントありがとうございます。

大牟田、楽しいですよ。
たくさん楽しいところがあるわけでもないけど、存在するのは大牟田ならではの楽しさ。

日本三大角打ちと言われる酒屋、どこも行ったことないです。
まだまだ俺の知らない酒場はたくさんあるので、残りの人生は楽しみ盛りだくさんです。
番組、記事のご紹介ありがとうございます。

verwebung さん、追伸です。

知人が録画してたのを見せてもらいましたマツコの番組。
神奈川と東京のは角打ちっつーか立ち飲み屋かな、もはや、
という感じを受けました。
飲めるのが17時からってのも、少し残念。
朝から飲めて昔ながらの角打ちの風情がある折尾の酒屋が、
三つのなかでは一番好きですねぇ(^ヮ^)

折尾、そう遠くないんだから是非とも行ってみたいです!
非公開コメント

最近書いた記事


カテゴリ


プロフィール

どうも、割った鍋です。
食べたり飲んだり、飲んだり。
九州在住、大阪常駐。

大衆酒場、立ち飲み屋、酒屋の角打ちが好きです。

重度の喫煙者であり、昼酒を好むという、社会的にちょっとアレなオッサン。

2014年9月24日開設


割った鍋へのメールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブログ内検索


リンク

各地の飲み屋情報を発信しているサイトをリンクさせてもらってます

<全国>
「立ち呑み@酒店」
全国の酒屋の角打ち、立ち飲み屋についての情報がエリア別に掲載されている
「激渋食堂メモ」
日本あちこちに今も残る、渋くて味わい深い大衆食堂を地域別に紹介しているサイト

<関東>
「居酒屋礼賛」
東京の情報には限らないのだが都内の味のある酒場の情報が豊富で魅惑的かつ地域別インデックス便利
「酔(すい)のどうでしょう?」
東京都内の居酒屋・大衆酒場・古典酒場・立ち飲み・センベロ酒場を飲み巡るブログ

<東海>
立飲み人生劇場
更新が停止していて残念だけど名古屋の魅力的な立ち飲み、角打ちできる酒屋の情報が

<関西>
「日本全国B級グルメぐるぐる紀行」
関西各地の味のある酒場を詳しく紹介してくれる指針になる情報量
「関西女のプチ日記」
他のどこにも載ってないような素敵なディープ飲み屋情報満載の関西酒場ガイダンス
「やまでらのぶらりグルメ&ぶらり日記」
行きたくなる飲み屋がたくさん紹介されてる関西飲み屋巡りの強い味方
「カンクロが行く」
大阪府のローカルなとこまで行く。日記のような数行のセンテンスに静逸なセンスを感じる
「関西安酒場」
更新が止まっているようで残念。バス路線沿いの酒屋などまで簡潔ながら貴重な情報

<九州>
「黒崎~小倉@北九州の居酒屋&BARを制覇せよ!」
ネット上に情報の少ない北九州の酒場を紹介してくれる有り難いサイト

このブログをリンクに追加する
リンクフリーでございます(^ヮ^)

【広告】Advertisement