池袋駅そば路地裏のビルの谷間にある酒場「ふくろ」は殺風景な外観だが憩える

駅から徒歩すぐなのに、どこか寂しいビルの谷間に「ふくろ」。

ふくろ:外観

店自体もビルになってんのね、なんだか殺風景でうらぶれた外観だな。
品書きの掲示がなきゃ飲み屋だとは思わないかも。

ふくろ:外観ふくろ:外観


しかし店内は、外観の印象とは違って昭和っぽい和める酒場です。
平日の11時台、そこそこ席が埋まってるね。
空いた席に陣取り、まずは何を飲もうか。
東京飲み屋巡り5日目最終日、もう東京を離れるから最後にホッピー飲んどくか。

ふくろ:ホッピー

店員の女の子にホッピーを注文すると、セットで登場。
ほほぅ、ジョッキに氷、ホッピーと焼酎が別々に、さらに氷にトングにマドラーにと。
こうやってワンセットで目の前に揃うと、なんだか楽しいね。

ふくろ:ホッピー

自分の好きな加減で飲めて良いねぇ。
焼酎(正一合)250円、ホッピー220円、トータル470円か。
贅沢に氷がセットになってるから、納得価格だわ。

ふくろ:お通し

お通しがでてきて、これが250円。
まぁ納得できる、ちゃんと酒のアテになるし。

店内は見事にオッサンばっかりで、みんな常連で互いに顔見知りのようだ。
オッサンたちは、いい距離感で仲良く、かつ過度に干渉せず酒を楽しんでいる。
見知らぬオッサンである俺も、アウェイ感なく自分の酒を楽しめる。

店の女の子は大陸系だろうか、素っ気ないようでいて愛想がないわけでもない。
カウンターの隅で寝ているオッサンを放置してあげながらも、たまに気遣っていたり。
女の子に話しかけてみると、ちゃんと応対してくれるし、いい距離感だ。

客も店も、なんだか距離感が絶妙に感じたよ。
なかなか居心地がよくて憩えるね。

ふくろ:店内

けっこうメニューの多い店で、ホッピーのアテに何を注文しようか迷うほど。
熟考した末にハムカツを注文した俺は芸がないなぁ。

ふくろ:料理

薄くて、コロモが雑についたハムカツだが、こういうのがうまいんだよな。
ハムカツってのは、安っぽいほどうまいよね。

氷もまだタップリあるし、ナカを追加。
うーむセットになってると、余計に飲んじゃう客単価アップの効果があるかも。

名店だよってな評価は目にしなかった、そこまで期待してなかった酒場だけど、俺にはダークホース的に良いね。
適度な距離感が心地良い店だなって感じたよ。
こういう酒場がビルの谷間にひっそりあって、池袋は酒飲みにとって素敵な街だな。

【広告】Advertisement


↓「食べログ」での店舗情報

酒場 ふくろ居酒屋 / 池袋駅東池袋駅都電雑司ケ谷駅

関連記事

コメント

非公開コメント

最近書いた記事


カテゴリ


プロフィール

どうも、割った鍋です。
食べたり飲んだり、飲んだり。
九州在住、大阪常駐。

大衆酒場、立ち飲み屋、酒屋の角打ちが好きです。

重度の喫煙者であり、昼酒を好むという、社会的にちょっとアレなオッサン。

2014年9月24日開設


割った鍋へのメールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブログ内検索


リンク

各地の飲み屋情報を発信しているサイトをリンクさせてもらってます

<全国>
「立ち呑み@酒店」
全国の酒屋の角打ち、立ち飲み屋についての情報がエリア別に掲載されている
「激渋食堂メモ」
日本あちこちに今も残る、渋くて味わい深い大衆食堂を地域別に紹介しているサイト

<関東>
「居酒屋礼賛」
東京の情報には限らないのだが都内の味のある酒場の情報が豊富で魅惑的かつ地域別インデックス便利
「酔(すい)のどうでしょう?」
東京都内の居酒屋・大衆酒場・古典酒場・立ち飲み・センベロ酒場を飲み巡るブログ

<東海>
立飲み人生劇場
更新が停止していて残念だけど名古屋の魅力的な立ち飲み、角打ちできる酒屋の情報が

<関西>
「日本全国B級グルメぐるぐる紀行」
関西各地の味のある酒場を詳しく紹介してくれる指針になる情報量
「関西女のプチ日記」
他のどこにも載ってないような素敵なディープ飲み屋情報満載の関西酒場ガイダンス
「やまでらのぶらりグルメ&ぶらり日記」
行きたくなる飲み屋がたくさん紹介されてる関西飲み屋巡りの強い味方
「カンクロが行く」
大阪府のローカルなとこまで行く。日記のような数行のセンテンスに静逸なセンスを感じる
「関西安酒場」
更新が止まっているようで残念。バス路線沿いの酒屋などまで簡潔ながら貴重な情報

<九州>
「黒崎~小倉@北九州の居酒屋&BARを制覇せよ!」
ネット上に情報の少ない北九州の酒場を紹介してくれる有り難いサイト

このブログをリンクに追加する
リンクフリーでございます(^ヮ^)

【広告】Advertisement