東京で立ち食い寿司に何軒か立ち寄ったなか此処のシャリが一番好きだったな「立鮨葵」有楽町

東京に飲み屋巡りに行って、九州では馴染みのない立ち食い寿司屋ってものに行ってみるのも楽しみにしていた。
で、何軒かに立ち寄ってみたが、有楽町のガード下「立鮨葵」、ここのシャリが一番好きだったなぁ。

立鮨葵;外観

それにしても有楽町なんて、お高い店しかないオフィス街でしょ? なんて思ってたんだが、実際はガード下に立ち並ぶ飲食店が楽しい街なんだなぁ。
そういうロケーションにある「立鮨葵」、平日の14時台で空いておりました。
カウンターに立ち、握りをお好みで食う。

飲み物は、アッサリとウーロンハイを注文。

立鮨葵:酒

缶だよ、サントリー缶烏龍チューハイが出てきたよ、このあっけらかんとした気取らなさ、好きだね。
寿司なんざぁ気取って頂くもんじゃあないんだよ、立ち食いでササっとつまんで小腹を満たすもんなんだよ、っていう感じだよなぁ……っていうのは、立ち食い寿司というものに憧れを抱いていた俺の贔屓目なのかもしれないね。
でもね、あけすけな、こういう身もふたもない感じっていうの、本当に好きなんだよ。

それでいてプラじゃない、ちゃんと生の葉蘭が敷かれるのは嬉しいね。

立鮨葵:寿司立鮨葵:寿司

こはだ、しめさば、あじ。
1アイテム2貫で出てくるのね。
なんか東京っぽいネタをと思いつつも、やっぱ好きなもん、さばとかあじばっか食ってるな俺。

こちらは、東京で食った立ち食い寿司のなかで、シャリの炊き加減、握り具合の固さが一番いいかも。
米自体、鮨飯の具合も一番美味しいかなって思ったな。
いろいろ好みはあろうけど、俺の好みはここだったって感じでね。

しかしまぁ、何軒か立ち寄ったとはいえ江戸前っぽいもんじゃなく好きなネタばっか食ってるんで、本当に東京の寿司を味わったのかと言われれば疑問が残らないでもない。
それでも立ち食い寿司っていう、九州では楽しめない形態を楽しんだの良しとする。
俺が楽しけりゃいいのよ、結局のところね。

こちらは商業施設とかビルの飲食フロアの中とかじゃなく、高架下にポツっとあるというロケーションも含めて立ち食い寿司らしさを楽しめたなぁ。
気安くて、良いなぁ。

↓「食べログ」での店舗情報

立鮨葵寿司 / 有楽町駅銀座一丁目駅日比谷駅

関連記事

コメント

非公開コメント

最近書いた記事


カテゴリ


プロフィール

どうも、割った鍋です。
食べたり飲んだり、飲んだり。
九州在住、大阪常駐。

大衆酒場、立ち飲み屋、酒屋の角打ちが好きです。

重度の喫煙者であり、昼酒を好むという、社会的にちょっとアレなオッサン。

2014年9月24日開設


割った鍋へのメールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブログ内検索


リンク

各地の飲み屋情報を発信しているサイトをリンクさせてもらってます

<全国>
「立ち呑み@酒店」
全国の酒屋の角打ち、立ち飲み屋についての情報がエリア別に掲載されている
「激渋食堂メモ」
日本あちこちに今も残る、渋くて味わい深い大衆食堂を地域別に紹介しているサイト

<関東>
「居酒屋礼賛」
東京の情報には限らないのだが都内の味のある酒場の情報が豊富で魅惑的かつ地域別インデックス便利
「酔(すい)のどうでしょう?」
東京都内の居酒屋・大衆酒場・古典酒場・立ち飲み・センベロ酒場を飲み巡るブログ

<東海>
立飲み人生劇場
更新が停止していて残念だけど名古屋の魅力的な立ち飲み、角打ちできる酒屋の情報が

<関西>
「日本全国B級グルメぐるぐる紀行」
関西各地の味のある酒場を詳しく紹介してくれる指針になる情報量
「関西女のプチ日記」
他のどこにも載ってないような素敵なディープ飲み屋情報満載の関西酒場ガイダンス
「やまでらのぶらりグルメ&ぶらり日記」
行きたくなる飲み屋がたくさん紹介されてる関西飲み屋巡りの強い味方
「カンクロが行く」
大阪府のローカルなとこまで行く。日記のような数行のセンテンスに静逸なセンスを感じる
「関西安酒場」
更新が止まっているようで残念。バス路線沿いの酒屋などまで簡潔ながら貴重な情報

<九州>
「黒崎~小倉@北九州の居酒屋&BARを制覇せよ!」
ネット上に情報の少ない北九州の酒場を紹介してくれる有り難いサイト

このブログをリンクに追加する
リンクフリーでございます(^ヮ^)

【広告】Advertisement