北区赤羽の有名な激安立ち飲み屋「いこい」超アウェイで俺はぜんぜん憩えなかったわ

強烈なアウェイ感で、まったくもってぜんぜん憩えなかったよ。
赤羽で有名な立ち飲み屋「いこい」。

いこい:外観

まだまだ俺の精進が足りんのか?

東京飲み屋巡り4日目の朝、の二軒目。
地図を見ずにウロウロ歩いていて、ああここかと辿り着いたのは目的の支店ではなく本店だった。

いこい:外観いこい:外観

本店は11時からなんだねぇ。
支店は「喜多屋」と同じで07時開店。

いこい:外観

こちらが支店でございます。
店の前にチャリがたくさん並んでて、なんだか小学生や中学生の溜まり場みたいに感じる。
まぁ実際は朝から酒を飲む社会的にちょっとアレなオッサンの溜まり場なんだけどね。
そして俺もそういうアレなオッサンであるわけです。

店内は混み混み。
まだ10時過ぎなのに、カウンター周囲は立錐の余地もないってな様相。
フロアには立ちテーブルもいくつもあり、空いているエリアに、とりあえず立つ。
が、そこに立っていても注文はできないと常連らしきオッサンが教えてくれた。
カウンターで注文をするのだと。

そのカウンターはオバチャンが仕切っており、なんとかしてオバチャンに飲みものを注文しなければならないのだが、一見の俺には一瞥もくれず飛び交うオーダーをさばくオバチャンに注文の声をかけるのは至難だった。
そもそも物理的にカウンターに近づけない、びっしり客で囲まれて空間的に閉ざされている。
まごついていたら、常連らしきオッサンが、ほんの少しのスペースに侵入するよう促してくれた。
ようやくハイボールを注文した。
すかさずオバチャンから“食べものは?!”と注文を命じるような一言が。
考える間もなく、まぐろ、と答えた。
迅速な対応力と思考速度の速さが要求される店だなぁ〜。

いこい:酒

こちらハイボール190円也。
ここではハイボールといえばウイスキーじゃなく焼酎の炭酸割りがデフォルトなんだな。
東京の庶民的な酒場で、いわゆる“ボール”と呼ばれるものだね。

いこい:料理

まぐろ130円。
安いのに4切れあり、お得感はあるね。
これはカウンターで受け取るのでなく、店のオッチャンが持ってきてくれた。

オッチャンは穏やかな印象だが、カウンターを仕切るオバチャンは怖い。
オバチャンは映画「フルメタル・ジャケット」のハートマン軍曹のよううな威圧感があり“ふざけるな!大声だせ!注文する前と後に“サー”と言え!”みたいなことを言ってもおかしくない、などと思った。
が、常連と思われるオッサンたちは、殺伐とした(と、俺には感じる)空気のなかで、憩いつつ飲んでいる。
カウンター周囲は静かに飲んでいる独り客が多いが、フロアの団体客は談笑などしている。
憩いの場なんだねぇ、俺はちっとも憩えなかったが。
まだまだ俺の精進が足りんのか?
徳の積みようが足りんのか?

とは言え、憩えはしないが立ちテーブルに独りの空間を確保して飲み食いして、それなりに楽しめた。
もしフロアまで激混みだったら、厳しかったかもしれないが。
なかなかハードルが高い店だなと、飲み屋に入ってめったに感じることがないことを感じたよ。



↓「食べログ」での店舗情報

立飲みいこい 支店立ち飲み居酒屋・バー / 赤羽駅赤羽岩淵駅志茂駅

関連記事

コメント

BGMは…

今度行くときはミッキーマウス・マーチ を唄いながら行進してみてください(愚鈍なデブには要注意)。

また行くこともあるかもしれませんが、ほほえみデブは危険だ(;´Д`)
非公開コメント

最近書いた記事


カテゴリ


プロフィール

どうも、割った鍋です。
食べたり飲んだり、飲んだり。
九州在住、大阪常駐。

大衆酒場、立ち飲み屋、酒屋の角打ちが好きです。

重度の喫煙者であり、昼酒を好むという、社会的にちょっとアレなオッサン。

2014年9月24日開設


割った鍋へのメールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブログ内検索


リンク

各地の飲み屋情報を発信しているサイトをリンクさせてもらってます

<全国>
「立ち呑み@酒店」
全国の酒屋の角打ち、立ち飲み屋についての情報がエリア別に掲載されている
「激渋食堂メモ」
日本あちこちに今も残る、渋くて味わい深い大衆食堂を地域別に紹介しているサイト

<関東>
「居酒屋礼賛」
東京の情報には限らないのだが都内の味のある酒場の情報が豊富で魅惑的かつ地域別インデックス便利
「酔(すい)のどうでしょう?」
東京都内の居酒屋・大衆酒場・古典酒場・立ち飲み・センベロ酒場を飲み巡るブログ

<東海>
立飲み人生劇場
更新が停止していて残念だけど名古屋の魅力的な立ち飲み、角打ちできる酒屋の情報が

<関西>
「日本全国B級グルメぐるぐる紀行」
関西各地の味のある酒場を詳しく紹介してくれる指針になる情報量
「関西女のプチ日記」
他のどこにも載ってないような素敵なディープ飲み屋情報満載の関西酒場ガイダンス
「やまでらのぶらりグルメ&ぶらり日記」
行きたくなる飲み屋がたくさん紹介されてる関西飲み屋巡りの強い味方
「カンクロが行く」
大阪府のローカルなとこまで行く。日記のような数行のセンテンスに静逸なセンスを感じる
「関西安酒場」
更新が止まっているようで残念。バス路線沿いの酒屋などまで簡潔ながら貴重な情報

<九州>
「黒崎~小倉@北九州の居酒屋&BARを制覇せよ!」
ネット上に情報の少ない北九州の酒場を紹介してくれる有り難いサイト

このブログをリンクに追加する
リンクフリーでございます(^ヮ^)

【広告】Advertisement