よっぱらいの方はお断りの立ち飲み屋「喜多屋」北区赤羽の朝は静かだった

東京都北区赤羽へやってきました。
きました、って4月下旬のハナシなんだけどね、東京飲み屋巡り四日目の朝のことです。

やっぱ赤羽ははずせないよなぁ東京で飲み屋を巡るならさぁ。
「まるます家」が朝から開いてることで有名だと思うが、他にも朝から飲める店はあるんだぜぃ。
つーかむしろ「まるます家」より早く開いてる飲み屋があるんだぜぃ。

喜多屋:外観

こちら「喜多屋」は07時開店でございます。
JR赤羽駅東口至近、駅を降りたらすぐ朝酒が飲めるっていう赤羽スゴいね。

ところで入り口が二つあって、俺は向かって左のほうから入った。
そしたら“こっちは今の時間はダメ”と女将に怒らりた。
ニョヘ〜(´ω`)

入り口は別で中の空間は繋がってる、ってんじゃなくて別の空間なのね。
左手側は夕方からしか使わないエリアってわけか。
そんなわけで右の入り口から入りなおしましたよ。

喜多屋:外観

酔っぱらい入店禁止の模様。
大丈夫、まだ一滴の酒も飲んでない朝10時。

さて立ち飲みの店内、先客として何人かのオッチャンたちが静かに立っていた。
みなそれぞれ独り客で、それぞれのポジションに立って静かに飲んでいた。
静かな店だ。

喜多屋:ビール

まずビール、黒ラベルもいいね。
朝から飲むにはキリンラガーより黒ラベルのほうがスムースでいいかもしれんね。
大瓶410円、安いね。

喜多屋:店内

なんかアテを注文しようと、壁に貼ってあるメニューを見た。
見たら、でっかく『携帯電話使用禁止』と書いてあるのに気づいた。
メールもダメと書いてある、謎の厳しさ((´ω`;)))
それに気づかずスマホでビールとか注意書き自体を撮影していた俺。

喜多屋:ネタ

ところで俺の目の前にはネタケースが。
串を打たれた焼鳥が、びっしり蓄えられている。
カウンター内、ネタケースの向こうでは、初老に近いオイチャンが黙々と串を打っているのだ。

寡黙な仕事ぶりよのぅ、と眺めていたが、女将から叱責が飛んだ。
そんなにやたらに串を打ってどうするんだ供給過剰だ、というような内容であった。
言われてみれば焼鳥のオーダーが盛んに飛び交っているわけでもなく、そんなに製造しても……って気はした。
オイチャンは内心ショボーンとしたであろうが、寡黙に業務上の指示を聞いていた。
ニョヘ〜(´ω`)

常連客らしきオッチャンは気を効かせたのか、供給過剰であろう焼鳥ネタを注文していた。
ナイスフォロー。
だが俺はなにごともなかったように冷奴を注文しました。

喜多屋:料理

朝っぱらから焼鳥はシンドイわぁ。
まぁ朝っつーか、やがて10時って時間帯だったが。

女将は女将で、入り口向かって左側の空間でなにやら忙しそうであった。
たぶん昼からの混雑に備えての準備かねぇ。
客のオッチャンたちは相変わらず静かだ。
店内のテレビでなにかの番組が写っているが、ボリュームは極めて絞ってあり、音声はかすかにしか聞こえない。
静かな立ち飲み屋だ。

さて。
いくつかニョヘ〜(´ω`)ってなっちゃう要素があったのだが、この店は嫌いじゃない。
いくつかの店ルールが存在するが、別に反感は抱かなかった。

大塚の「晩杯屋」は、立ち位置を横柄な態度で指定され、注文を遮られ、ムカついてサッサと撤収した。
そちらも「喜多屋」も、同じように激安な店だから、ニコニコ接客やホスピタリティは期待しない。
でも両者は、どこかが違うんだよな。
飲み屋ってのは面白いな。

↓「食べログ」での店舗情報

酒・立ち飲み 喜多屋居酒屋 / 赤羽駅赤羽岩淵駅志茂駅

関連記事

コメント

非公開コメント

最近書いた記事


カテゴリ


プロフィール

どうも、割った鍋です。
食べたり飲んだり、飲んだり。
九州在住、大阪常駐。

大衆酒場、立ち飲み屋、酒屋の角打ちが好きです。

重度の喫煙者であり、昼酒を好むという、社会的にちょっとアレなオッサン。

2014年9月24日開設


割った鍋へのメールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブログ内検索


リンク

各地の飲み屋情報を発信しているサイトをリンクさせてもらってます

<全国>
「立ち呑み@酒店」
全国の酒屋の角打ち、立ち飲み屋についての情報がエリア別に掲載されている
「激渋食堂メモ」
日本あちこちに今も残る、渋くて味わい深い大衆食堂を地域別に紹介しているサイト

<関東>
「居酒屋礼賛」
東京の情報には限らないのだが都内の味のある酒場の情報が豊富で魅惑的かつ地域別インデックス便利
「酔(すい)のどうでしょう?」
東京都内の居酒屋・大衆酒場・古典酒場・立ち飲み・センベロ酒場を飲み巡るブログ

<東海>
立飲み人生劇場
更新が停止していて残念だけど名古屋の魅力的な立ち飲み、角打ちできる酒屋の情報が

<関西>
「日本全国B級グルメぐるぐる紀行」
関西各地の味のある酒場を詳しく紹介してくれる指針になる情報量
「関西女のプチ日記」
他のどこにも載ってないような素敵なディープ飲み屋情報満載の関西酒場ガイダンス
「やまでらのぶらりグルメ&ぶらり日記」
行きたくなる飲み屋がたくさん紹介されてる関西飲み屋巡りの強い味方
「カンクロが行く」
大阪府のローカルなとこまで行く。日記のような数行のセンテンスに静逸なセンスを感じる
「関西安酒場」
更新が止まっているようで残念。バス路線沿いの酒屋などまで簡潔ながら貴重な情報

<九州>
「黒崎~小倉@北九州の居酒屋&BARを制覇せよ!」
ネット上に情報の少ない北九州の酒場を紹介してくれる有り難いサイト

このブログをリンクに追加する
リンクフリーでございます(^ヮ^)

【広告】Advertisement