センタープラザから移転復活「ファミリーばんざい健康食堂」ほろ酔いセット健在

<追記:2020年05月23日>
あいかわらず、熊本市において「ファミリーばんざい健康食堂」は救いだ。
昼酒砂漠の熊本のオアシスだ。

ファミリーばんざい健康食堂ファミリーばんざい健康食堂

いろいろ情報を集めて、ようやく熊本市でも昼から飲める店が増えたのかな、と思ったこともあった。
が、実際に行ってみると閉まってるじゃねぇか、休んでるじゃねぇかって店がいくつもあった。
間違いなく昼から飲めるのは、「福の屋」と、この「ファミリーばんざい健康食堂」と、あとほんの数件だ。

ファミリーばんざい健康食堂ファミリーばんざい健康食堂

久しぶりに訪れたのは2020年2月25日、変わりなく健在で嬉しい。
店先の張り紙に“令和も昼から楽しく呑めます”という、すばらしく頼もしいメッセージ。

ファミリーばんざい健康食堂ファミリーばんざい健康食堂

酒1杯とアテ2品で750円(税込)の“ちょい呑みほろ酔いSet”をお願いした。
生ビールはキリン一番搾り。

ファミリーばんざい健康食堂ファミリーばんざい健康食堂

アテはカラアゲ、ほうれん草のゴマ和え。
カラアゲはビールのために、ほうれん草のゴマ和えは追加注文した日本酒に合わせる。

ファミリーばんざい健康食堂

日本酒をチビチビやってる間に、鯖を焼いてもらう。
鯖が焼けて、日本酒をおかわり。

良い昼酒を楽しめた。
この店は、末長く存在していて欲しい。

<追記:2016年01月05日>
昼飲み対応が驚くほどにすっごくレベルアップしていた!
熊本市で昼飲みするなら、今ここがイチオシかも!

ファミリーばんざい健康食堂:外観ファミリーばんざい健康食堂:外観

店の前を通りがかったら、なにやら店先の情報量が増えていた。
ほろ酔いセットは以前からあるが、その他にもなにやら……近づいてよく見ると“三酒の神器”だと。

ふむ、酒が3杯飲める晩酌セット的なものか。
これは試してみねばなるまいと、時刻は16時台で晩酌の時間帯ではなかったが店へ入ってみると既に先客が2組あり、どちらも酒を飲んでいた。
良いね、この店は熊本では珍しく昼酒ウェルカムな店だ。

席に着き、店のオヤッサンにとりあえず“三酒の神器”を注文したい旨を伝える。
改めてメニューを確認。

ファミリーばんざい健康食堂:メニュー

酒3杯、アテ3点で1,500円という内容。
選べる酒は生ビール、ハイボールやサワーなどの他に、キリンラガーって書いてあるな。
これは、もしかして瓶ビールっていうことか?
アテは惣菜メインというか、ほぼ揚げものというラインナップ。
トンカツ、カラアゲ、ミニめんちカツと、ここはいっそ揚げもの大好き男子高校生みたいなトリオで攻めてみようかと(いい歳こいたオッサンなのに)考えていたら、店のオヤッサンが別のメニューも持ってきて酒のアテっぽい惣菜もあるよと案内してくれた。

ファミリーばんざい健康食堂:メニュー

ああ、ポテサラとか、煮物とかいいねぇ。
こちらもセットに絡ませて良いとのことで、アテの選択肢が豊富になった。
よし、じっくり考えよう。
まずビールを注文し、飲みながらアテをセレクトすることに。

ファミリーばんざい健康食堂:酒

キリンラガー瓶だ、嬉しい!
1,500円のセットに、瓶ビールが含まれるなんて素敵じゃないか。
だって酒3杯、アテ3杯、計6アイテムとしてざっくり1,500円を6で割ると250円なわけじゃん?
だからキリンラガー瓶が250円で飲めちゃうって計算になるわけで、これは破格にお値打ちだ。
ビールは小瓶じゃなく中瓶だよ、中瓶1本で500円以上に設定してるクソみたいな店もあるってのに、250円よ。
この時点でもう、俺はすっかり嬉しくなっていた。

ファミリーばんざい健康食堂:料理

ワンプレートでトンカツとミニめんちカツが出てきた。
おお、野菜が添えられているしケチャップ味スパゲチーまで付いてる!
お子様ランチっぽくて楽しい。

揚げものだけってのもアレなんで、あと1アイテムは煮込みにした。

ファミリーばんざい健康食堂:料理

鶏皮の味噌煮ホルモン風。
これが、酒飲み的には“当たり”だったね。
白味噌で、味が濃く、これは酒が進む一品だった。

キリンラガー瓶と、トンカツとミニめんちカツのプレートと、鶏皮の味噌煮ホルモン風。
これらが揃ったテーブル上は、ちょっとしたパラダイスだった。
さらに酒を、あと2回おかわりできる。
これで1,500円なんだから、納得の満足感だよ。

店のオヤッサンに、すごい豪華なセットですねと声をかけると、うんサービスだから……という答え。
気のせいか、その声には少しの寂しさが感じられたんだが、そりゃそうだよなぁ利益出るのかなって出血サービスだろうなって判るもん。

ビールを飲み干し、揚げものがあるので2杯目と3杯目はハイボールにした。
そしてまだ、鶏皮の味噌煮ホルモン風は温存していた。
この味噌煮は、ポン酒と一緒に楽しみたいなと残しておいたのだ。
“三酒の神器”セットのメニューにはポン酒の記載はなかったが、セットとは別にポン酒が注文できるか訊いてみた。

ファミリーばんざい健康食堂:酒

ポン酒あったよ、熊本の酒「れいざん」
徳利と猪口ってのが気分いいね。
この頃には、味噌煮の鶏皮の脂が冷えて煮こごり状になっていた。
それが、ポン酒にとても合うんだ。
煮こごりのようでいて、中には鶏皮がしっかり存在していて、もとから味が濃かったので冷めても酒が進む味。
この味噌煮は、非常にアテとしてのポテンシャルが高い一品だったね。

ファミリーばんざい健康食堂:メニュー

“三酒の神器”のセットの他に、なます、玉子焼き、角煮などなど酒のアテになる一品がいろいろあった。
俺は1,500円セットの価値の高さにすっかり気分よくなってたし、1,500円セットだけ注文されると店は赤字っぽいよなという気持ちもあったので、角煮を追加注文した。

ファミリーばんざい健康食堂:料理

ふぁー、立派な角煮じゃん。
そして、添えられたショウガがね、これ単体でも酒のアテになるような甘辛くピリリとしたもので。
これもまた満足度の高い品だったのよ。

そんなこんなで、素晴らしく充実した昼酒を楽しめた。
店に入るときは1,500円だけで済ませておこうと思っていたが、味噌煮が素晴らしかったのをきっかけにセットの他に追加注文してしまった。
それでも会計2,330円で、すごく納得価格。

店は、そもそもは食堂っぽくて、定食やカレーなんかがメインとしている。
だが間違いなく以前より酒を飲む客を意欲的に取り込もうとしているし、昼酒に対しても積極的な姿勢を感じる。
移転前のセンタープラザ時代からある“ほろ酔いセット”でサクっと飲むのもいいだろう、“三酒の神器”で腰を据えて飲むのもいいだろう。
またあるいは、セットでなく酒とアテを単品で注文して楽しむってのもアリだよな。
セットにしろ単品にしろ、昼間っから注文できるってのが、まず大きなベネフィットである点も強調しておきたい。
どんどん、酒飲み向けの店へと進化しているようで、俺はとても嬉しい。

この店は、昼酒砂漠熊本の、今もっとも熱い昼酒スポットだって気がするよ。

<初回投稿:2015年05月09日>
2015年3月末に惜しまれつつ閉鎖されたセンタープラザ
熊本のバス交通のハブ、交通センターの地下にあったショッピングプラザで、飲食店も何店舗かあった。
昼から注文できる「ほろ酔いセット」がある「ファミリーばんざい健康食堂」が、ちょっと好きだったんだよ。

センタープラザ閉鎖にともない閉店する際、別の場所で復活する予定だと店の人が言っていたので待っていた。
できれば4月下旬にとの話だったが、ようやく5月に入って復活してくれたよ。

ファミリーばんざい健康食堂:外観ファミリーばんざい健康食堂:外観

場所は、栄通り、観光地として有名になったキャサリン's BARの並び、隣の隣だな。

ファミリーばんざい健康食堂:外観

確かにセンタープラザにあった店だとわかるね。

店内は明るく新しく、センタープラザ地下だったときより広くてゆったり。

ファミリーばんざい健康食堂:店内

さっそく「ほろ酔いセット」はあるのかメニューをチェックする。

ファミリーばんざい健康食堂:メニュー

が、ちょっと見当たらない。
それはそうと以前よりアルコールが充実してるかな、とか思いつつ店の人に「ほろ酔いセット」あるか訊く。
あります、と嬉しい返答。

ファミリーばんざい健康食堂:ビールファミリーばんざい健康食堂:ほろ酔いセット

うん、これだ、以前と変わらぬ「ほろ酔いセット」だ。
生ビールと、枝豆と唐揚げで600円。
また会えて嬉しいよ。

熊本市繁華街で、昼からビールを飲みたくなったら「ほろ酔いセット」だ。
ちょっと小腹も満たせるし、なんならカツカレーとかガッツリ食ってもいいだろう。
移転復活が嬉しいぜ。

↓「食べログ」での店舗情報

ファミリーばんざい健康食堂定食・食堂 / 熊本城・市役所前駅花畑町駅通町筋駅

関連記事

コメント

非公開コメント

最近書いた記事


カテゴリ


プロフィール

どうも、割った鍋です。
食べたり飲んだり、飲んだり。
九州在住、大阪常駐。

大衆酒場、立ち飲み屋、酒屋の角打ちが好きです。

重度の喫煙者であり、昼酒を好むという、社会的にちょっとアレなオッサン。

2014年9月24日開設


割った鍋へのメールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブログ内検索


リンク

各地の飲み屋情報を発信しているサイトをリンクさせてもらってます

<全国>
「立ち呑み@酒店」
全国の酒屋の角打ち、立ち飲み屋についての情報がエリア別に掲載されている
「激渋食堂メモ」
日本あちこちに今も残る、渋くて味わい深い大衆食堂を地域別に紹介しているサイト

<関東>
「居酒屋礼賛」
東京の情報には限らないのだが都内の味のある酒場の情報が豊富で魅惑的かつ地域別インデックス便利
「酔(すい)のどうでしょう?」
東京都内の居酒屋・大衆酒場・古典酒場・立ち飲み・センベロ酒場を飲み巡るブログ

<東海>
立飲み人生劇場
更新が停止していて残念だけど名古屋の魅力的な立ち飲み、角打ちできる酒屋の情報が

<関西>
「日本全国B級グルメぐるぐる紀行」
関西各地の味のある酒場を詳しく紹介してくれる指針になる情報量
「関西女のプチ日記」
他のどこにも載ってないような素敵なディープ飲み屋情報満載の関西酒場ガイダンス
「やまでらのぶらりグルメ&ぶらり日記」
行きたくなる飲み屋がたくさん紹介されてる関西飲み屋巡りの強い味方
「カンクロが行く」
大阪府のローカルなとこまで行く。日記のような数行のセンテンスに静逸なセンスを感じる
「関西安酒場」
更新が止まっているようで残念。バス路線沿いの酒屋などまで簡潔ながら貴重な情報

<九州>
「黒崎~小倉@北九州の居酒屋&BARを制覇せよ!」
ネット上に情報の少ない北九州の酒場を紹介してくれる有り難いサイト

このブログをリンクに追加する
リンクフリーでございます(^ヮ^)

【広告】Advertisement