晴れた朝でもディープアンダーグラウンドな歌舞伎町「竹千代」で朝ウイスキー

それにしても歌舞伎町はキャッチくんキャッチちゃんがウザいなぁw、と。
それは朝でも変わりません。
いや、朝はキャッチちゃんは見なかったな。

ネットカフェで4時間ほど寝て起きての6時台、朝キャバいかがですかというキャッチが跋扈する歌舞伎町。
区役所通りの風林会館辺りは朝6時っていうより深夜30時っていう様相ですよ、すっごく明るく快晴なのに。
そしてまた、そんな時間帯に飲み屋を目指す俺も如何なものかっていう有様。

風林会館の、区役所通りを挟んで向かいに“プレハブ通り”なんて呼ばれてるらしい狭い路地がある。
そこに目当ての飲み屋があって、朝方までやってる店なので行ってみたのだが残念ながらもう閉まってた。
あらら、と思ってたら怪しい人物に話しかけられた。
けっこう歳のいったスナックのママ然とした人物は、すぐ近くが店だから寄るようにとすすめてきたわけで。
それが「竹千代」という店だ。

竹千代:外観

なんかもうボロっぼろの外観で、中はものすごく狭い。
店の人について入ると、店の人はかがんでカウンターの下をくぐってカウンターの中へ。
客席は3つだか4つだったか、ここって何平方メートルあるのかしらんっていう狭さ。

何を飲むか訊かれハイボールと答えたら炭酸がないジンジャーエールならあるとのことで、じゃあそれでいいやと成り行きでのウイスキーバック。

竹千代:ウイスキー

店の人はママ代行的な感じで、もともとのママは界隈で有名な竹千代というママとのこと。
壁に写真が掛かっていたが、なかなかの美貌。

竹千代:店内

ママ代行は話好きで、いろいろ話題を振ってくれたり自らの半生を語ってくれたり。
女性ではなくニューハーフで、若い頃は路上で××××して女の子を××したり自分で××やってたりしたそうだが歳もいってきて今のポジションへ、とのことだ(個人ブログだから本来は自己責任で何を書いてもいいのだが伏せ字にしてしまう……)。
他にもいろいろ話してくれたが、まぁディープなこと。

ゴールデン街は観光地化したと感じたが、此処はいっさい揺るがないなぁって感じ。
まだ歌舞伎町にアンダーグラウンドな空気は健在なんだね。
そんなわけで前夜のゴールデン街でションボリした俺だが、なんだか嬉しくなったよ。
地方から来た俺に、歌舞伎町を満喫させてくれたって感じ。

突き出しが出て、それも酒も、なんでも1,000円とのこと。
怪しいロケーションと外観だが明瞭な会計ね。

竹千代:外観

店を出ると朝の街で、赤い提灯が輝いていた。

↓「食べログ」での店舗情報

竹千代バー / 西武新宿駅新宿三丁目駅

関連記事

コメント

非公開コメント

最近書いた記事


カテゴリ


プロフィール

どうも、割った鍋です。
食べたり飲んだり、飲んだり。
九州在住、大阪常駐。

大衆酒場、立ち飲み屋、酒屋の角打ちが好きです。

重度の喫煙者であり、昼酒を好むという、社会的にちょっとアレなオッサン。

2014年9月24日開設


割った鍋へのメールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブログ内検索


リンク

各地の飲み屋情報を発信しているサイトをリンクさせてもらってます

<全国>
「立ち呑み@酒店」
全国の酒屋の角打ち、立ち飲み屋についての情報がエリア別に掲載されている
「激渋食堂メモ」
日本あちこちに今も残る、渋くて味わい深い大衆食堂を地域別に紹介しているサイト

<関東>
「居酒屋礼賛」
東京の情報には限らないのだが都内の味のある酒場の情報が豊富で魅惑的かつ地域別インデックス便利
「酔(すい)のどうでしょう?」
東京都内の居酒屋・大衆酒場・古典酒場・立ち飲み・センベロ酒場を飲み巡るブログ

<東海>
立飲み人生劇場
更新が停止していて残念だけど名古屋の魅力的な立ち飲み、角打ちできる酒屋の情報が

<関西>
「日本全国B級グルメぐるぐる紀行」
関西各地の味のある酒場を詳しく紹介してくれる指針になる情報量
「関西女のプチ日記」
他のどこにも載ってないような素敵なディープ飲み屋情報満載の関西酒場ガイダンス
「やまでらのぶらりグルメ&ぶらり日記」
行きたくなる飲み屋がたくさん紹介されてる関西飲み屋巡りの強い味方
「カンクロが行く」
大阪府のローカルなとこまで行く。日記のような数行のセンテンスに静逸なセンスを感じる
「関西安酒場」
更新が止まっているようで残念。バス路線沿いの酒屋などまで簡潔ながら貴重な情報

<九州>
「黒崎~小倉@北九州の居酒屋&BARを制覇せよ!」
ネット上に情報の少ない北九州の酒場を紹介してくれる有り難いサイト

このブログをリンクに追加する
リンクフリーでございます(^ヮ^)

【広告】Advertisement