昼から手軽に豪華な気分は味わえる博多駅博多のごはん処「にぎりや六伝」

博多駅には昼間から酒が飲める店が集まってるデイトス1F「博多ほろよい通り」があって重宝するわけだが、逆に「博多ほろよい通り」さえあればイイじゃんと「博多めん街道」とかB1F「博多のごはん処」やらは、ないがしろにしてきたわけです。
いやマイングの「よかたい」とか駅の外だが繋がってる「エキサイト」とかも利用するけどね、「博多めん街道」とか「博多のごはん処」やらは視野に入ってなかった。

視野狭窄なのもよくないなと、「博多のごはん処」の「にぎりや六伝」に行ってみた。
ま、あるブログで情報を仕入れていたおかげで行ってみようと思ったわけだがね。

にぎりや六伝:外観

この、晩酌セットが、なかなか魅力ある構成だなぁと思ったのだ。

にぎりや六伝:晩酌セット

このセットさえ注文すれば、もうなにも追加しなくても十分過ぎるアテが揃うじゃないかという布陣なわけで。
スーシーテンプーラーサシーミーが揃って欧米人も大喜びに違いない。

そんなわけで、土曜の昼どきで混んではいたが俺は独りなのでスルっとカウンター席を確保できた。
さて晩酌セットを注文。

にぎりや六伝:ビール

生ビール、刺身、小鉢は酢のもの。
これでもう、飲めるよねぇという布陣。

にぎりや六伝:刺身

刺身はフツーにいい感じ。

にぎりや六伝:天ぷら

天ぷら揚げたて、もうビールは飲み干しちゃうし、こりゃポン酒いっとかなきゃね。

にぎりや六伝:寿司

ポン酒とともに寿司もきました。
注文するとき、寿司は後でもってきたほうがいいかとオバチャンが訊いてくれてたんで、後でとお願いした。
それはつまり客のタイミングで握ってくれるってことかなと期待したのだが、そうではなかったようだ。
そんでまぁ、あんまりちゃんと握った感じの寿司ではなく、ネタとシャリの一体感は乏しく、シャリに酢は効いてないしで、なんかこれは刺身ごはんって感じだったな。
細巻きも、海苔ぺったりしてたし。

最後に吸いもの。

にぎりや六伝:吸いもの

トータルで1,500円(+Tax)で、まぁ満足はできる。
昼から晩酌セットを注文できるってのも良いし、刺身や天ぷらや寿司が揃うと見た目に楽しい。
昼間から豪華な気分は味わえた。
でも、いちばん酒がすすんだのは小鉢かも。
とはいえ、注文して損はないセットだと思うよ。

俺が昼酒する間も次々に客が来て忙しそうだったが、フロアのオバチャンの働きぶりは良かった。
オバチャンリーダーは英語も駆使して外国人客にも対応していたな。
観光客にもオススメだと思うよ。

↓「食べログ」での店舗情報

にぎりや六伝寿司 / 博多駅祇園駅東比恵駅

関連記事

コメント

非公開コメント

最近書いた記事


カテゴリ


プロフィール

どうも、割った鍋です。
食べたり飲んだり、飲んだり。
九州在住、大阪常駐。

大衆酒場、立ち飲み屋、酒屋の角打ちが好きです。

重度の喫煙者であり、昼酒を好むという、社会的にちょっとアレなオッサン。

2014年9月24日開設


割った鍋へのメールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブログ内検索


リンク

各地の飲み屋情報を発信しているサイトをリンクさせてもらってます

<全国>
「立ち呑み@酒店」
全国の酒屋の角打ち、立ち飲み屋についての情報がエリア別に掲載されている
「激渋食堂メモ」
日本あちこちに今も残る、渋くて味わい深い大衆食堂を地域別に紹介しているサイト

<関東>
「居酒屋礼賛」
東京の情報には限らないのだが都内の味のある酒場の情報が豊富で魅惑的かつ地域別インデックス便利
「酔(すい)のどうでしょう?」
東京都内の居酒屋・大衆酒場・古典酒場・立ち飲み・センベロ酒場を飲み巡るブログ

<東海>
立飲み人生劇場
更新が停止していて残念だけど名古屋の魅力的な立ち飲み、角打ちできる酒屋の情報が

<関西>
「日本全国B級グルメぐるぐる紀行」
関西各地の味のある酒場を詳しく紹介してくれる指針になる情報量
「関西女のプチ日記」
他のどこにも載ってないような素敵なディープ飲み屋情報満載の関西酒場ガイダンス
「やまでらのぶらりグルメ&ぶらり日記」
行きたくなる飲み屋がたくさん紹介されてる関西飲み屋巡りの強い味方
「カンクロが行く」
大阪府のローカルなとこまで行く。日記のような数行のセンテンスに静逸なセンスを感じる
「関西安酒場」
更新が止まっているようで残念。バス路線沿いの酒屋などまで簡潔ながら貴重な情報

<九州>
「黒崎~小倉@北九州の居酒屋&BARを制覇せよ!」
ネット上に情報の少ない北九州の酒場を紹介してくれる有り難いサイト

このブログをリンクに追加する
リンクフリーでございます(^ヮ^)

【広告】Advertisement