変わったんだけど変わらない「Shots」は今もここにある

久しぶり……実に申し訳ないことに2年ぶりくらいに立ち寄ったら、変化が訪れていた。
予見はしてたが、大きな変化だ。

もう20数年前に知って、若い頃よく通っていたバー。
というか、ここに出会ってからバーに通い始めたのかもしれないな。
酒の飲み方、カクテルというものを知ったと言える、この「Shots」というバーで。

当時は、下通りアーケードの中、着物屋さんのビルの2階にあった。
その頃の俺にとっては、年齢層が高いバーだなという印象で、やや背伸びして通っていたな。
背伸びしようにも所持金はガキの経済力で、カクテル一杯飲んだらもうおしまい、ってな有様だった。
それでも、たまにマスターがちょっとだけ試飲させてくれたり、所持金の分量だけ飲ませてくれたりした。
そうやっていろんなスピリッツやカクテルを飲み、飲めば飲むほど、まだまだ自分の知らない酒があることの奥深さに嬉しくなったものだ。

今のロケーションは住所的には下通1-2-4、いま立て替えているダイエー下通り店の裏手になる。
あいたいビルという名称のビルの6階。

Shots:ビルShots:ビル

入り口は中の様子が窺えて、入りやすいんじゃないかな。
Shots:外観

昔よくマスターに作ってもらっていたピンク・ジンを飲んで懐かしむ。

Shots:ピンクジン

ここまでハードなカクテルは、今はもうすっかり飲まなくなったなぁ。
若い頃は、こういうアルコール×アルコールっていうカクテルを好んで飲んでたな。
今はもう内蔵が老化していてキツいぜ。

やや柔らかいものを次に飲もうと、オススメを訊く。
マスターが愛飲していたカーデュというスペイサイドを。

Shots:ウイスキー

これは、スルスルと飲める、恐ろしいほどスムースだ。
マスターは“肝硬変一直線の酒”と呼んでいたそうで、うん納得しちゃうね。

直近に来たときはVAT69が飲みたかったのだが置いてなくて、マスターがその場で酒屋に注文してくれたのを思い出したからVAT69を飲みたくなったが、残念ながらなかった。
替わりにデュワーズを。

Shots:ウイスキー

こういう安いブレンデッドが好きなんだよね。
家で飲むのも安いポン酒か安いブレンデッドが多い。
「Shots」に頻繁に通っていた頃からは、ずいぶん酒の好みも変わったな。

好みは変わっても、死ぬまで美味しく酒を飲みたいもんだね。
そして人は死んでも、酒を飲む場は引き継がれると嬉しいね。

関連記事

コメント

非公開コメント

最近書いた記事


カテゴリ


プロフィール

どうも、割った鍋です。
食べたり飲んだり、飲んだり。
九州在住、大阪常駐。

大衆酒場、立ち飲み屋、酒屋の角打ちが好きです。

重度の喫煙者であり、昼酒を好むという、社会的にちょっとアレなオッサン。

2014年9月24日開設


割った鍋へのメールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブログ内検索


リンク

各地の飲み屋情報を発信しているサイトをリンクさせてもらってます

<全国>
「立ち呑み@酒店」
全国の酒屋の角打ち、立ち飲み屋についての情報がエリア別に掲載されている
「激渋食堂メモ」
日本あちこちに今も残る、渋くて味わい深い大衆食堂を地域別に紹介しているサイト

<関東>
「居酒屋礼賛」
東京の情報には限らないのだが都内の味のある酒場の情報が豊富で魅惑的かつ地域別インデックス便利
「酔(すい)のどうでしょう?」
東京都内の居酒屋・大衆酒場・古典酒場・立ち飲み・センベロ酒場を飲み巡るブログ

<東海>
立飲み人生劇場
更新が停止していて残念だけど名古屋の魅力的な立ち飲み、角打ちできる酒屋の情報が

<関西>
「日本全国B級グルメぐるぐる紀行」
関西各地の味のある酒場を詳しく紹介してくれる指針になる情報量
「関西女のプチ日記」
他のどこにも載ってないような素敵なディープ飲み屋情報満載の関西酒場ガイダンス
「やまでらのぶらりグルメ&ぶらり日記」
行きたくなる飲み屋がたくさん紹介されてる関西飲み屋巡りの強い味方
「カンクロが行く」
大阪府のローカルなとこまで行く。日記のような数行のセンテンスに静逸なセンスを感じる
「関西安酒場」
更新が止まっているようで残念。バス路線沿いの酒屋などまで簡潔ながら貴重な情報

<九州>
「黒崎~小倉@北九州の居酒屋&BARを制覇せよ!」
ネット上に情報の少ない北九州の酒場を紹介してくれる有り難いサイト

このブログをリンクに追加する
リンクフリーでございます(^ヮ^)

【広告】Advertisement