懐かしさを感じながらも意外とコーヒーうまいジャンジャン横丁「New World」

大阪へ来ているが大阪城とかUSJとか興味ないし、あべのハルカスも別に行きたくはなく。
いわゆる観光には興味がないってわけだ。
強いて言えば「千とせ」に肉吸い食いに行ったのは観光的なものであったし、ここ「New World」に行ったのも観光的なミーハーな気持ちからではある。

New World:外観

ジャンジャン横丁に昔からある喫茶店。
屋号を訳すと新世界となるが、場所は新世界ではない。

昔からある町の喫茶店って、くたびれたオバサンがやってて地元常連のオッサンがスポーツ新聞を眺めながら何時間も居座っているような店も少なくないイメージではある。
が、ここは、ある種の格調を感じる正統喫茶店だな。
狭いがキチンとした店だ。

New World:コーヒー

ブレンドコーヒー380円也を注文すると、添えられたスプーンに角砂糖が二つ乗っていた。
なんか懐かしいなぁ、角砂糖。
小さなミルクポットも、懐かしいなぁ。

まずはそのまま、ブラックで飲んでみると、美味しい。
昭和だなぁって雰囲気だから、失礼ながらコーヒーはあんまり期待してなかったのだ。
昔の喫茶店のコーヒーって薄くてシャバシャバしてたものだが、ここのコーヒーは意外といっては失礼かもだが、ちゃんと焙煎していると感じる深みのあるしっかりとしたコーヒーだ。

コーヒーは基本ブラックでしか飲まないんだけど、スプーンの上の角砂糖ってものを久しぶりに見たのでノスタルジーに駆られて、入れてみた。
どうせならと、ミルクも入れてみた。

New World:コーヒー

うまい。
甘く、柔らかくなりながらも、もとのコーヒーがしっかりしているから、美味しい。
前日の酒が残っていながらも既に2軒のハシゴ酒をしているという酷使された身体は糖分が欠乏していたからかもしれないし、ノスタルジー補正もあるのかもしれないが、甘いコーヒーが美味しかった。

さて、ミーハーな気持ちから行ったのだと始めのほうで書いたが。
大阪出身の知り合いの人に教えてもらってたんだが、伝説のパンクバンドで世に出て石井聰亙や山本政志の映画に出演したのち作家となった、あの人物が若き日にバイトをしていた店なんだそうで。
マスターに確認してみたら、そうです、と。
おおー、と内心ちょっと歓喜して俺のミーハー心が満たされたのであったよ。

↓「食べログ」での店舗情報

ニューワールド喫茶店 / 新今宮駅前駅動物園前駅新今宮駅

関連記事

コメント

非公開コメント

最近書いた記事


カテゴリ


プロフィール

どうも、割った鍋です。
食べたり飲んだり、飲んだり。
九州在住、大阪常駐。

大衆酒場、立ち飲み屋、酒屋の角打ちが好きです。

重度の喫煙者であり、昼酒を好むという、社会的にちょっとアレなオッサン。

2014年9月24日開設


割った鍋へのメールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブログ内検索


リンク

各地の飲み屋情報を発信しているサイトをリンクさせてもらってます

<全国>
「立ち呑み@酒店」
全国の酒屋の角打ち、立ち飲み屋についての情報がエリア別に掲載されている
「激渋食堂メモ」
日本あちこちに今も残る、渋くて味わい深い大衆食堂を地域別に紹介しているサイト

<関東>
「居酒屋礼賛」
東京の情報には限らないのだが都内の味のある酒場の情報が豊富で魅惑的かつ地域別インデックス便利
「酔(すい)のどうでしょう?」
東京都内の居酒屋・大衆酒場・古典酒場・立ち飲み・センベロ酒場を飲み巡るブログ

<東海>
立飲み人生劇場
更新が停止していて残念だけど名古屋の魅力的な立ち飲み、角打ちできる酒屋の情報が

<関西>
「日本全国B級グルメぐるぐる紀行」
関西各地の味のある酒場を詳しく紹介してくれる指針になる情報量
「関西女のプチ日記」
他のどこにも載ってないような素敵なディープ飲み屋情報満載の関西酒場ガイダンス
「やまでらのぶらりグルメ&ぶらり日記」
行きたくなる飲み屋がたくさん紹介されてる関西飲み屋巡りの強い味方
「カンクロが行く」
大阪府のローカルなとこまで行く。日記のような数行のセンテンスに静逸なセンスを感じる
「関西安酒場」
更新が止まっているようで残念。バス路線沿いの酒屋などまで簡潔ながら貴重な情報

<九州>
「黒崎~小倉@北九州の居酒屋&BARを制覇せよ!」
ネット上に情報の少ない北九州の酒場を紹介してくれる有り難いサイト

このブログをリンクに追加する
リンクフリーでございます(^ヮ^)

【広告】Advertisement