素朴だけど暖かい立ち飲み「酒処 奴」新梅田食道街

JR大阪駅を出てすぐに阪急梅田駅があり、その間にあるのが新梅田食道街だ。
高架下になるから天井の低いビルの一階と二階に、多数の飲食店がひしめいている。
昼から飲める店もたくさんあって、俺が仕事でちょくちょく大阪へ行ってた頃に、ここが大阪で最初に好きになった飲酒スポットなんだよね。
今では天満で飲むのが大好きになったが、それでも新梅田食道街への思い入れは変わらない。

で、この日の昼酒2軒目は新梅田食道街で飲もうと、どの店で飲もうかとウロウロしていた。
そして、実は間違えてこの店に入ったんだよ……。
外の壁に貼られたメニューを見て、洋酒がえらく充実してるんだな店先の暖簾は渋いのに……と思いつつ入った。

奴:外観

そんで大将にアイリッシュのジェムソンを注文したら、いやすみませんウチにはありません、と。
そこで店の外に出てみて自分が見た店外メニューを確認して、それは隣のだったのだなと。
自分の勘違いを確認し、改めてこちら「奴」に入ったわけです。
いやぁ飲み屋が密集する新梅田食道街ならではの間違いですなぁ(俺がアホなだけだ)。

奴:酒樽

立ち飲み屋であるこちら、カウンターにドンと酒樽が鎮座しております。
狭い店でカウンターのみ、まだ昼間だがそこそこ席は埋まっている。

奴:アテ

酒樽の脇には美味しそうなアテが並び、これはポン酒とアテを楽しむべき店だと思うわけよね。
だがしかし、件のメニューを眺めてウイスキーを飲みたい気分になっていた俺は、店の趣旨から外れてるかもしれなくて申し訳ないなと思いつつも、竹鶴ハイボールを注文した。

奴:ハイボール

テレビの「マッサン」に絡めたPOPも貼ってあったし、悪くはないよね……?
ちょっと600円は立ち飲みにしちゃ高いかもと思いつつも、竹鶴を久しぶりに飲みたくなったのでいいや。
が、カウンターのアテはウイスキーに合いそうではなかったので、アテを注文せず最終的にやっぱり申し訳ない。

渋いんだけど人当たりの優しい大将と、奥さんかな、と二人でやってらっしゃる。
なんか暖かい感じの立ち飲み屋だ。
この店は、きっと再訪してポン酒とアテを楽しみたいと思う。

↓「食べログ」での店舗情報

立ち飲み居酒屋・バー / 梅田駅(大阪市営)大阪駅梅田駅(阪急)

関連記事

コメント

非公開コメント

最近書いた記事


カテゴリ


プロフィール

どうも、割った鍋です。
食べたり飲んだり、飲んだり。
九州在住、大阪常駐。

大衆酒場、立ち飲み屋、酒屋の角打ちが好きです。

重度の喫煙者であり、昼酒を好むという、社会的にちょっとアレなオッサン。

2014年9月24日開設


割った鍋へのメールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブログ内検索


リンク

各地の飲み屋情報を発信しているサイトをリンクさせてもらってます

<全国>
「立ち呑み@酒店」
全国の酒屋の角打ち、立ち飲み屋についての情報がエリア別に掲載されている
「激渋食堂メモ」
日本あちこちに今も残る、渋くて味わい深い大衆食堂を地域別に紹介しているサイト

<関東>
「居酒屋礼賛」
東京の情報には限らないのだが都内の味のある酒場の情報が豊富で魅惑的かつ地域別インデックス便利
「酔(すい)のどうでしょう?」
東京都内の居酒屋・大衆酒場・古典酒場・立ち飲み・センベロ酒場を飲み巡るブログ

<東海>
立飲み人生劇場
更新が停止していて残念だけど名古屋の魅力的な立ち飲み、角打ちできる酒屋の情報が

<関西>
「日本全国B級グルメぐるぐる紀行」
関西各地の味のある酒場を詳しく紹介してくれる指針になる情報量
「関西女のプチ日記」
他のどこにも載ってないような素敵なディープ飲み屋情報満載の関西酒場ガイダンス
「やまでらのぶらりグルメ&ぶらり日記」
行きたくなる飲み屋がたくさん紹介されてる関西飲み屋巡りの強い味方
「カンクロが行く」
大阪府のローカルなとこまで行く。日記のような数行のセンテンスに静逸なセンスを感じる
「関西安酒場」
更新が止まっているようで残念。バス路線沿いの酒屋などまで簡潔ながら貴重な情報

<九州>
「黒崎~小倉@北九州の居酒屋&BARを制覇せよ!」
ネット上に情報の少ない北九州の酒場を紹介してくれる有り難いサイト

このブログをリンクに追加する
リンクフリーでございます(^ヮ^)

【広告】Advertisement