これは本当に豪華で驚いた博多駅東「海風土」海の玉手箱

博多駅の筑紫口を出ると多くの飲食店があって、大衆酒場の名店「寿久」もあるので楽しい酒飲みエリアだ。
この近辺だけで十分に楽しめるのだが、ちょっと足を延ばして竹下通りをまたいで合同庁舎の辺りまでの界隈にも飲食店が多く(アヤシイ店も)、開拓する楽しさがある。

その辺りをウロウロしていて、刺身をアピールする大きな店頭POPが目に入った。
これは……安くて豪華だ! だがこれは本当なのか、いくらなんでも安過ぎるんじゃないか、実物はショボいんじゃないかと半信半疑になってしまうほど安くて豪華。
実際のところどうなのよ、と確認したくなって店に入ってみた。

オープンして間もないのかなというキレイで明るい店内、若いスタッフの元気なお迎え。
ふーむ若者向けの店かなっていう第一印象。
店頭でアピールしてた刺身だけでなく、バーニャカウダーも推してるのか。
若者向けっぽかったりアレもコレもと手広くやるスタンスって、オッサンである俺にはマイナスの印象ではあるのだがカウンターの隅に陣取ってみた。

まずアルコールメニューを見ると、ビールは安くはねぇな〜。
だがキリンラガー瓶があって嬉しい。

海風土:お通し

お通しがビールとほぼ同時に出てきて、これがなかなか気が利いてるなっていうものだった。
あ、これだけでポン酒のアテになるじゃないって小鉢2点。
このあとに刺身を注文して当然ながらポン酒も飲むわけだが、このお通しもサッサと食べてしまわずにポン酒とともに楽しもうと思った。
この時点で、この店に対する好感度がプラスになった。

そして、店頭でその安さと豪華さで俺に大きなインパクトを与えた刺し盛りを注文したよ。

海風土:海の玉手箱

どうよ、これ。
海の玉手箱、500円(+Tax)。
この内容で、500円ってスゴくないか?!
ガワが大仰だってのもあるが、映り込んでるビール瓶と比較して立派な大きさって判るでしょ。
盛りの点数も立派だよね。

海風土:海の玉手箱

物量だけでなく、どれも美味しそうな刺身で、実際に美味しかったから質も良いわけよ。
この質と量で500円って、これはもう間違いなくお値打ちなわけだ。
いやー、写真だけ豪華で実物はショボいかもって疑って正直スマンかった。

刺身にはポン酒だ。
ふたたびアルコールメニューを見ると、なかなかポン酒が揃ってるね。
ビールは安くねぇなと思ったが、ポン酒は納得価格だ。

海風土:ポン酒

俺の好きな、岐阜県の辛口の酒、三千盛が二合で1,000円(+Tax)って納得価格ってか安いよね。

いやぁポン酒と刺身って幸せだね。
それはそうと海の玉手箱がけっこうな量なので、それだけ事足りてしまうから他に注文しなくて店に申し訳なく思ってしまうわ。
独り客だと沢山注文できずにスマンって感じだわ。

満足して会計をお願いすると、最後にシンプルなお吸いものがサービスされた。

海風土:お吸いもの

あー、アッサリしてて和むわ。
そして明朗会計。

海風土:伝票

うっわー、マジで、あの豪華な海の玉手箱は本当に500円(+Tax)だったのだー。
こんだけお値打ちな刺し盛りに、俺はかつて出会ったことがないよ。

独り飲みが基本な俺だが、ここは誰かを誘っていろいろ注文して楽しみたいなと思う店だったよ。
まぁ「海風土」でシーフードって読ませるセンスは、ちょっとアレかなとは思うが。

↓「食べログ」での店舗情報

海風土居酒屋 / 博多駅東比恵駅祇園駅

関連記事

コメント

非公開コメント

最近書いた記事


カテゴリ


プロフィール

どうも、割った鍋です。
食べたり飲んだり、飲んだり。
九州在住、大阪常駐。

大衆酒場、立ち飲み屋、酒屋の角打ちが好きです。

重度の喫煙者であり、昼酒を好むという、社会的にちょっとアレなオッサン。

2014年9月24日開設


割った鍋へのメールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブログ内検索


リンク

各地の飲み屋情報を発信しているサイトをリンクさせてもらってます

<全国>
「立ち呑み@酒店」
全国の酒屋の角打ち、立ち飲み屋についての情報がエリア別に掲載されている
「激渋食堂メモ」
日本あちこちに今も残る、渋くて味わい深い大衆食堂を地域別に紹介しているサイト

<関東>
「居酒屋礼賛」
東京の情報には限らないのだが都内の味のある酒場の情報が豊富で魅惑的かつ地域別インデックス便利
「酔(すい)のどうでしょう?」
東京都内の居酒屋・大衆酒場・古典酒場・立ち飲み・センベロ酒場を飲み巡るブログ

<東海>
立飲み人生劇場
更新が停止していて残念だけど名古屋の魅力的な立ち飲み、角打ちできる酒屋の情報が

<関西>
「日本全国B級グルメぐるぐる紀行」
関西各地の味のある酒場を詳しく紹介してくれる指針になる情報量
「関西女のプチ日記」
他のどこにも載ってないような素敵なディープ飲み屋情報満載の関西酒場ガイダンス
「やまでらのぶらりグルメ&ぶらり日記」
行きたくなる飲み屋がたくさん紹介されてる関西飲み屋巡りの強い味方
「カンクロが行く」
大阪府のローカルなとこまで行く。日記のような数行のセンテンスに静逸なセンスを感じる
「関西安酒場」
更新が止まっているようで残念。バス路線沿いの酒屋などまで簡潔ながら貴重な情報

<九州>
「黒崎~小倉@北九州の居酒屋&BARを制覇せよ!」
ネット上に情報の少ない北九州の酒場を紹介してくれる有り難いサイト

このブログをリンクに追加する
リンクフリーでございます(^ヮ^)

【広告】Advertisement