洋風カツ丼なるものを大牟田の老舗「だいふく」で食べてみた

年金通りで飲んでいて、大牟田らしい食いものって何かあるかと話題を振ってみた。
そりゃマイキッチンのイカタル弁当でしょと想定内の答えが帰ってきたのだが、俺は大牟田に住んでいるわけじゃないから弁当を買っても何処で食うのかってハナシになってしまう……暖かい時期だと公園のベンチで食えるとも思うけどね。

そうじゃなく他にないかと訊くと、洋風カツ丼というものがあるとのこと。

洋風カツ丼パンフ

そもそも洋風カツ丼とは、かつて大牟田にあった「松屋」という百貨店の食堂で愛されたメニューであるらしい。それを復刻して市内各所の飲食店で競合して盛り上げようって趣旨のようだ。
ま、ご当地B級グルメを自主的に盛り上げようってことか。

その洋風カツ丼なるものを食べてみんと、大牟田では老舗らしいレストラン「だいふく」に行ってみた。

だいふく:外観

あれ? ケーキ屋さん? 菓子屋?
と、とまどう外観であったが、もともと「菓舗だいふく」として和洋菓子やパンやら売ってる創業80年になる老舗でレストランも併設してるんだよねー、って後になった知ったよねー。

だいふく:エントランス

店舗脇の階段でレストランへ。
この階段を見るに、ああ古い建物だなって感じで老舗感があるのです。

だいふく:説明

エントランス辺りに洋風カツ丼の説明などありまして、半世紀以上も変わらぬ味を云々と書いてあるので、きっとオリジナルの味を再現しているのではと思うわけです。

だいふく:店内だいふく:店内

店内はホテルの朝食バイキングスペースのようであり、かつ失われた昭和のデパート屋上ファミリー食堂の面影も感じたりするノスタルジックさ。
でありつつ、非常にキチンとしてる雰囲気でもありウェイトレスさんの接客も上品さがある。
客層は、主に地元高齢マダムであり、きっと月に何度かの高齢マダムのプチ贅沢憩いのサロン的に愛されている店なんだろうなって思う。

だいふく:メニュー

月間人気メニューなるものを見ても、プチ贅沢感がうかがえるね。

しかし俺は洋風カツ丼を食いに来ているので他のメニューには目もくれず洋風カツ丼をオーダー。
待つことしばし……しばし、っつーか待ったな、結構……体感15分くらい?
後で気づいたが、オーダーしてからサラダバーで適当にいろいろつまんで待つっていうのが、ここの流儀のようであるっぽい(俺はケチってサラダバーを付けず単品でオーダーした)。

だいふく:洋風カツ丼

満を持して洋風カツ丼がやってまいりました。
ほほぅ、洋風だ。

で、まぁ食ってみるとデミっぽいソースのお味は控えめで、カツにも下味ついてないのかなって感じで、全体的に味が薄いっちゅーかゴハンをパクパク食えるものではなかった。
なんかウスターソースとか醤油とかジャバっとかけたい気分だった。

これが、かつての「松屋」全盛時の味なのだろうか。
高齢マダム向けの控えめな味付けなのだろうか。
どちらであるにせよ、俺には物足りないものであった。

ちゃんと調理されてるなとは感じるし、美味しいと言えなくはないのだが、あと二味くらい足りないな。
俺もけっこう歳食ってるオッサンだから、それほど濃い味好みでもないんだけどねぇ?
こういうものなんだよ、と大牟田市民に愛されている味なんだろうか。
しかしそれにしても月間人気メニューなるものに、ちっともカスってもいないしなぁ。

↓「食べログ」での店舗情報

レストラン だいふく洋食 / 大牟田駅新栄町駅

関連記事

コメント

非公開コメント

最近書いた記事


カテゴリ


プロフィール

どうも、割った鍋です。
食べたり飲んだり、飲んだり。
九州在住、大阪常駐。

大衆酒場、立ち飲み屋、酒屋の角打ちが好きです。

重度の喫煙者であり、昼酒を好むという、社会的にちょっとアレなオッサン。

2014年9月24日開設


割った鍋へのメールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブログ内検索


リンク

各地の飲み屋情報を発信しているサイトをリンクさせてもらってます

<全国>
「立ち呑み@酒店」
全国の酒屋の角打ち、立ち飲み屋についての情報がエリア別に掲載されている
「激渋食堂メモ」
日本あちこちに今も残る、渋くて味わい深い大衆食堂を地域別に紹介しているサイト

<関東>
「居酒屋礼賛」
東京の情報には限らないのだが都内の味のある酒場の情報が豊富で魅惑的かつ地域別インデックス便利
「酔(すい)のどうでしょう?」
東京都内の居酒屋・大衆酒場・古典酒場・立ち飲み・センベロ酒場を飲み巡るブログ

<東海>
立飲み人生劇場
更新が停止していて残念だけど名古屋の魅力的な立ち飲み、角打ちできる酒屋の情報が

<関西>
「日本全国B級グルメぐるぐる紀行」
関西各地の味のある酒場を詳しく紹介してくれる指針になる情報量
「関西女のプチ日記」
他のどこにも載ってないような素敵なディープ飲み屋情報満載の関西酒場ガイダンス
「やまでらのぶらりグルメ&ぶらり日記」
行きたくなる飲み屋がたくさん紹介されてる関西飲み屋巡りの強い味方
「カンクロが行く」
大阪府のローカルなとこまで行く。日記のような数行のセンテンスに静逸なセンスを感じる
「関西安酒場」
更新が止まっているようで残念。バス路線沿いの酒屋などまで簡潔ながら貴重な情報

<九州>
「黒崎~小倉@北九州の居酒屋&BARを制覇せよ!」
ネット上に情報の少ない北九州の酒場を紹介してくれる有り難いサイト

このブログをリンクに追加する
リンクフリーでございます(^ヮ^)

【広告】Advertisement